ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

KYGOと会ってきた。

以前どこかで書いたかもしれないんですが、
KYGO (カイゴ)
と言うミュージシャン。今、ヨーロッパ、アメリカ等世界的にかなり有名です。

しかしながらわたしが普通に引き籠り生活をしていて彼の名前を意識することは無かったと思います。
何故、わたしがKYGO (カイゴ)を知っているかと言うと、
わたしのノルウェーの友人の(義理の)息子だからです。

つまり、わたしは今をときめくアーティストをそれこそ10歳ぐらいから知っていると言うことになります。

なんか、ちょっと、じまん気?(鼻息荒し)

上にお姉さん二人の3人兄弟の末っ子の彼は、元気のいい姉の陰でどちらかと言うととてもおとなしい子供でした。彼が練習するピアノをその後ろで聞いていたのを覚えています。(で、それはお父さんがビデオに収めていたので、最近ノルウェーの国営放送で放映されちゃったみたい。)

音楽ストリーミングサービス、スポティファイやアップルミュージック、などでKYGO (カイゴ)の音楽はものすごい人気を集めここ2年ほどの間に急激に有名になったとのこと。

わたしもそこまで有名とは知らずに、デンマークで友人の息子や、娘に
「KYGO (カイゴ)って知ってる?」
と聞いてみた。

「もちろん知ってる!」 との答え。どうやらティーンズや20代の若者の間では超有名人みたいです。

日本ではまだそれほど有名じゃないかもしれませんが、ストリーミング界では現在話題沸騰中。
それにしても、彼は歌手ではありません。
あくまでもプロデュサーです。コンサートではDJをしたり歌手の後ろでキーボードを弾いていたりします。
作曲やアレンジはたぶん彼ですが、歌詞は例えば歌手の人から提供されたりするそうです。

つまり彼がコンサートするときは数名の歌手を引き連れて、と言うことになるわけです。
わたしが知る音楽・芸能界では歌手の名前でコンサートが開かれ、CDが発売されていました。
しかしストリーミングによる音楽配信が主流になってくると必ずしも歌手の名前で人気音楽が生まれるわけではない。
いやー想像もできない世界でした。

おばちゃんが腑に落ちるまで相当時間がかかりましたが、ノルウェーで6泊KYGO (カイゴ)のご両親と一緒に過ごす間、いろいろレクチャーしてもらってようやくなんとなく、わかってきました。

で、今さらながらスマホにスポティファイをダウンロードしたわたくし。
前回ノルウェーに来たのは2011年。その時少しだけKYGO (カイゴ)に会って話をした記憶があります。あの頃彼がミュージシャンとしてこれほどの成功を収めるとは、本人も思いも寄らぬことだったでしょう。

そうそう、ノルウェー滞在最後の日、マイアミ公演から帰国したKYGO (カイゴ)があいさつに寄ってくれました。
c0180339_448981.jpg


ほれ、嘘じゃないっしょ? 彼が子供のころから知ってるし。

あ、良かったらストリーミングサービスでKYGO聴いてみてください。柔らかくて耳になじむ曲が多いのでわたしはとても好きです。検索したら一杯出てくるよー。


人気ブログランキングへ

[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2016-01-13 05:17 | ドイツ生活 | Comments(12)

ノルウェーリゾート地での新年

c0180339_23363724.jpg

年末はパーティー三昧で過ごし、新年明けた1月1日昼前からわたしと友人夫妻は夫妻の持つセカンドハウスへ移動。
くるまで3時間半ほどかかるオスロとベルゲンノルウェー2大都市の丁度中間地点にあるGeilo。
スキーリゾートで有名な街です。
c0180339_2337148.jpg

友人のセカンドハウスもスキーゲレンデのすぐそば。スキーを履いたままゲレンデに行けます。
c0180339_23375389.jpg

わたしたちは2泊しかしない予定でしたし、わたしはスキーの準備も何にも無しでしたので今回スキーは楽しみませんでしたが、マイナス7度の小雪がちらつく中、ゲレンデを挟むエリアを散策しました。
c0180339_2338844.jpg

完全防備。友人からスキーパンツやスノーブーツを借り受け、1時間ほどの散歩。マイナス7度の外を歩くと、吐く息で顔を覆っていたマスクがあっという間にパリパリに凍ります。
c0180339_23404473.jpg

年が明けた1日の夜あたりからようやく寒くなってきたとのこと。ここもずっと暖かな冬だったようです。
1月3日再びベルゲンに戻るべく車に乗った我々が目にしたのは来る時とは全く違う雪原の風景。
気温はマイナス14度まで下がっていました。来る時はプラスの気温でしたから、雪もかなり上って来ないと積もっていなかったんですが。

マイナス10度以下と言うのはドイツでもたまに経験する寒さです。しかし、一番気温が高いであろう昼ごろの気温がマイナス14度。 朝晩は何処まで冷えたんでしょ。
良く晴れて冷たい空気が肺を満たすのが心地良い。
・・・と思うのは5分ぐらいでそれを過ぎるとさすがに車に逆戻り。
c0180339_23383990.jpg

そんな中、スキーカイトを楽しむ人達を見かけました。
いやー5分外に居るだけで凍えそうなのに、スカンジナビアン恐るべし。
c0180339_23411136.jpg

マイナス14度と言うのはかなり寒いです。都市の中でのマイナス14度と大雪原の中でのマイナス14度はたぶん体感温度は違うんじゃないかしら。まあ、都市でもさすがに昼間ここまで寒いとあんまり外に出て仕事する人もいないよね。オフイスの中でならまだしも。
c0180339_23414212.jpg

大自然の美しさを満喫しました。
ダイヤモンドダストを生まれて初めて見ました。
空気の中の水蒸気が凍り、回り中がきらきら輝いていて天国もかくあらん、と言う風情。
レインボウではなくスノウボウ?とでも言うのか、あちこちに虹が地表から立ち上がるように見えます。
雲も虹色に輝いて、物ごころついてからこれまで見た風景の中で一番美しい風景を見ました。

地球って美しい惑星なんだ。と改めて実感しました。
翻って、ミクロの世界、とは言わないまでもジャケットに降りかかる粉雪。驚いたことに全く溶けていないので雪の結晶が肉眼ではっきり見えます。
c0180339_23443947.jpg

北海道よりもっと北、北緯60度の北極圏にとても近い場所です。
砂漠も北極圏も人類を拒むほどの厳しい自然環境には、見たことも無い美しい風景が広がっているようです。


人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2016-01-10 23:47 | 旅情報 | Comments(0)

ドイツ版松の内終了

1月6日は Heilige Drei Könige
三賢者がキリストの誕生をお祝いに訪れた日とやらでドイツでは祝日にしている州もあります。ヘッセン州はお店は少なくとも開いていました。
キリスト教には詳しくありませんが、1月6日は子供を中心としたお祝いをする所もあり何らかの行事をする地方もあるみたいです。

少なくともお店のディスプレイも1月6日まではクリスマスモードが許されるみたいです。
それ以降はやはり、一気にカーニバル向けに変更しないといけません。
c0180339_21572225.jpg

そしてたぶん、1月6日が日本の松の内が終わるみたいな感じで門松やお正月飾りをおしまいにするように6日を過ぎた直後の土曜日つまり今年は本日、どうやらクリスマスツリーを廃棄する日になっているようです。
c0180339_21551367.jpg

買い物にぶらぶら出掛けた土曜日のお昼前、マイルドな天気が続いたフランクフルトで昼間2度と言うのは結構寒い。
c0180339_21552695.jpg

歩道のあちこちに捨てられたクリスマスツリーを見て、
「それも季節の風物詩。」
c0180339_21554462.jpg

新年明けて1月も3分の1が過ぎようとしています。
仕事モードフルスロットルに切り変えないと。
c0180339_21573839.jpg

あ、ノルウェーで過ごした年明けは明日にアップします。新鮮な記事の方先にアップしました。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2016-01-09 22:00 | ドイツ生活 | Comments(0)

おめでとうございました。

あけまして、おめでとうございます。
まだ日本は松の内ですよね?

いやーすっかりご無沙汰。
c0180339_2049557.jpg

年始から1週間ブログサボっちゃいました。
とはいえ、1月4日夜遅くノルウェーからフランクフルトに戻り、それからたまった仕事に専念しておりましたことよ。
c0180339_20493740.jpg

振り返るに、年末12月29日にデンマークからノルウェーに飛び、ベルゲンで友人の出迎えを受け、30日31日と友人の友人宅で行われるパーティー三昧。
この二日間で3回のパーティーに出席。知らない人と合計50人ぐらいとは握手したと思う。
3回のパーティーとも出席者20名以下のごく親しい人達で集まるパーティーだったのですが。
c0180339_2049551.jpg

ベルゲンの友人の友人達は皆さん英語がお上手。皆さんが気を使ってくださったこともあり、ご馳走を食べながら話も弾みました。

それにしても、何処のおうちもインテリアに凝って、素敵なおうちばかりでした。
さすがに冬は家の中に閉じ込められる割合の高い北欧です。内装には気を使うのでしょう。
特にパーティーを開いて家に人を呼ぶ機会が多いならなおさらです。
わたしの友人もパーティーから帰った後、「あそこの家のあの趣味はどうかと思うわ。」とか結構辛辣なご意見を述べてました。
そういう厳しい目にさらされながら鍛え上げられていくのがセンスと言うものかも。

大みそかの夜はヨーロッパ恒例打ち上げ花火大会。 
パーティー会場のお宅がベルゲンのフィヨルド沿いでしたので、海の対岸から上がる花火がきれいに見えました。みんなでバルコニーに出て、「Happy new year!」
c0180339_20501349.jpg

1日わたしと友人夫婦は別荘がある山方面へ。
それはまた明日。




人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2016-01-08 20:52 | ドイツ生活 | Comments(2)

最新のコメント

ぽんさん、花火の名前まで..
by Rottenmeier-ffm at 03:23
花火綺麗♪  最後の日本..
by ぽん at 14:57
TTさん、はじめまして。..
by Rottenmeier-ffm at 04:32
pharyさん、左右非対..
by Rottenmeier-ffm at 04:26
ぽんさん、こわいですよ~..
by Rottenmeier-ffm at 04:23
2〜3年前から一週間ごと..
by phary at 00:14
はじめまして。フランクフ..
by TT at 00:09
反転、怖いなぁ~・・・ ..
by ぽん at 14:32
ぽんさん、心配しておりま..
by Rottenmeier-ffm at 17:08
ようやと、今日から平常営..
by ぽん at 16:09

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

これはEUからのいやがらせか。
at 2018-09-23 06:38
夏を惜しむ。秋の始まり
at 2018-09-17 16:19
ポケGo!は続いています。
at 2018-09-17 03:57
鬼が笑う時期再び
at 2018-09-14 23:58
髪の分け目を変えてみました。
at 2018-09-11 19:28

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧