人気ブログランキング |


ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

久しぶりのドイツ便り

先週火曜日から4日間、木曜日の39℃をピークに35度越えの日々が続きました。
現在ドイツの日の入りは夜9時台。暗くなるのは夜10時過ぎです。最も気温が高くなるのは夕方4時から7時にかけて。
気温が下がり始めるのは夜中を過ぎた時間から、漸く、と言う日々。
このとんでもない高気温の日々は6月末にもありました。この夏2回目の熱波でした。3回目が無い事を切に祈ります。
屋根裏部屋の住人である私にとって、この高気温の日々は死活問題です。屋根や壁がすっかり暑くなり、室内気温が33度。エアコン無し。アンティークな扇風機に頼るしかない前時代的な生活を強いられる事になります。
近所に大きな病院があるせいか、先週は救急車が大忙しでした。熱中症で運び込まれた人達がかなりの人数であったと推察されます。 パリはフランクフルトよりもっと気温が上がったそうですが、ヨーロッパは全般的に建築物は寒さ対策に特化されており、暑さに対しては無策です(伝統的かつ歴史的に)。
ドイツ版「おはよう日本―by NHK」、「モーニングマガジンーby ARD,ZDF」も先週は熱波について連日特集をしていました。ドイツの一般家庭でエアコンを装備しているのは1割どころか数パーセント。日本のエアコンメーカー様、大きなビジネスチャンスだと思います。どうかヨーロッパ市場に目を向けてください。お願いします。
一般オフィスも冷房を装備しているのはおそらく1割以下でしょう。つまり、先週ドイツの会社はあまり機能していませんホリデーシーズン真っただ中である事を考慮しても、あれだけメール数が激減していた理由は「暑くて仕事になりません。」であった事は想像に難くない。
とは言え、ヨーロッパ家屋は寒さ対策の為壁が厚い。穴をあけて室外機を取りつけることは心情的にもハードルが高い。切実に冷房が必要なのは年間10日ぐらい。室外機の必要ない、室温を下げる可動式冷房機器が求められます。当てはまる冷房機器がありましたらご連絡ください。ドイツへの輸出のお手伝いします。いや、私がまず欲しい。買います。

さて、本題に入ります。(前置きが長すぎた自覚はあります。すみません。)5月ぐらいだったでしょうか、近所にTK Maxx と言うディスカウントストアがオープンしました。フランクフルトにも4店、ドイツ主要都市に150店近くあるチェーンストア。アメリカのTJ Maxx (1200店舗)と言うディスカウントチェーンストアがアイルランド-イギリス経由でヨーロッパにも広がったようです。ベルガー通りにある店はアパレルが1階、ハウスウェアーが2階。
元大手家電チェーンストアが入っていた建物です。アパレル商品には有名なメーカーの物も混じっており、60%から90%オフぐらいになっています。驚いたのはハウスウェアーの品揃え。キッチン用品、文具、インテリア雑貨、電化製品以外は結構数が揃っています。一般家庭用品も有名メーカー製品が50%から80%ディスカウントされて販売されています。
私もハウスウェアーに関しては長年携わってきただけに、製造元からの輸出価格を推量する事が可能です。TK Maxxの店頭販売価格がほぼメーカー輸出価格、もしくはそれ以下と言うのは「どうなっている?」と頭を抱えました。
店舗や問屋のだぶついた在庫等を専門に仕入れる業者と提携しているのだと想像します。店頭に定番商品は無く、売り切れたら次に入ってくる保証はありません。
そのメーカーの売れ筋製品があるわけでもありません。しかし、一般小売店の仕入れ価格よりもっと安い価格で購入可能ならば、生活必需品以外の雑貨にも手が伸びようと言うもの。

一般家庭用品業界はここ数年商品が出回り過ぎ、開発し尽くされた感もあり、目新しいヒット商品も無く、閉塞感が半端無いと言うのが正直なところです。デザインや機能性をきちんと見せて販売してくれるセレクトショップが街中から消えて行ってしまいました。
ドイツのDIYセンターチェーンも売り上げをピーク時から30%ぐらい落としていると聞きました。
ドイツのデパートはM&Aの果てにとうとう大手は1社になってしまいました。アパレルも長年栄華を誇ったチェーンストアの売上低下が顕著、閉店もしばしば見かけます。
店舗数を伸ばしているのはTK Maxxや各アウトレットストアのような超ディスカウントストアかフライングタイガーや1ユーロショップのように最初から安い小物販売をコンセプトとしたショップぐらいではないでしょうか。
オンラインショップも昨年大手セレクトインテリアグッズサイトが倒産しました。
ディスカウントしないと物が売れなくなっていると感じます。
販売店がディスプレイや品揃えで努力し工夫をしようと、定価で購入してくれる顧客がいなければ売れません。ディスカウントストアは苦労して定価販売しているショップがなんとかキープする定価を基準にディスカウントします。定価と実際に売れる価格との乖離があからさまになっています。

製造メーカーにとっても流通業界にとっても五里霧中の時代に突入していると思います。ドイツには元々日本のように卸し問屋が流通チャネルで確立したポジションを持っていなかった。メーカーから店舗に直販するケースが主流でした。
その割にはメーカーの営業部門が貧弱です。雇用数500人前後の工場を持つメーカーの国内営業担当が10人以下とか、海外営業担当が3人とか。問屋に営業をアウトソーシングしているわけでもないのに、営業活動に関して意識が低すぎます。
家庭用品部門でドイツのメーカーは世界の中で確固たるポジションを締めていましたが、長い歴史を持つ中小メーカーが海外の持ち株会社に購入され、あっという間に「ドイツらしさ」の無いメーカーになってしまっています。
混沌とした市場に立ち向かうために今何が必要なのか、確たる答えを見つける事ができないドイツメーカー。
「優れた物を作りだせば良い。」という時代が終わってしまったことを残念に思う世代のロッテンマイヤーであります。


# by Rottenmeier-ffm | 2019-08-01 22:40 | ドイツ生活

今年最後の

11月後半になると既に”今年最後の発注” と言う言葉が行き交います。
ドイツの工場は今年最後の発送が12月17日。その後は2-3日かけて棚卸や整理をして今年の業務終了。年明け1月2日まで休暇です。
受注製作の場合製作日数を入れると11月末までには発注をもらっておかないと今年中の発送ができないと言う訳です。

気の早い話ですが、既に今年の業務終了に向けての作業が始まります。

今週からフランクフルトのクリスマスマーケットも始まりました。
近所のストリートも先週からクリスマス仕様。
c0180339_18133174.jpg

寒さも厳しくなってきました。明後日から師走ですものね。




人気ブログランキング>
# by Rottenmeier-ffm | 2018-11-29 18:15 | ドイツ生活

本屋さんに行って本を買った。

久しぶりに、本屋さんに行って本を買った。

c0180339_19320776.jpg

「サピエンス」は数ヶ月前テレビに ユヴァル ハラリ氏がドイツのテレビに出ていて、インタビューが興味深かったのでそれ以来彼の著作は気になっていた。TEDにハラリ氏の講演がいくつかあるのでそれを視聴して本を読んでみたくなった。
ハラリ氏はイスラエル歴史学者。哲学者かと思ったよ。
彼のインタビューやビデオに「資本主義とデモクラシーの終焉」という見解があり、ここ数年民主主義が絶対正義と言う教育を受けてきた私たち世代にとって、「民主主義の次は何が正しいとされるのか」ーもしかしたら彼の分析に私の不安の着地点が見いだせるかもしれないと、ちょっと他力本願の期待を込めて本を購入。
昭和に教育を終えた世代にとっては、第二次大戦後の民主主義が絶対に正しく、社会主義や共産主義は敵対するものと教えられてきました。
インターネットによる情報の氾濫が民主主義や社会主義、共産主義よりももっと漠然としたものの影響力が主義主張を越えた得体の知れない主義とも主張とも言えない何かを推し進めている。
資本主義も正しいはずでしたが、お金の価値が既に変わってしまっている事は物理的にも観念的にもリアルです。

正しいと思っていた物を判断する基準が、「どうやら現状には当てはまらないようだ。」とみんな気づいていてもなんとなーく毎日は過ぎて行く。資本主義なんて何百年も続いてきたわけだし。
たまにトランプ大統領なんかが出て来て「まじで、コレやばくね?」と思うけれど、デモクラシーや資本主義が否定されたわけでなく(むしろ過去の繁栄を再びというか間違った方向へ流れている?)今晩の食事に影響するわけでもないので、今日の仕事に専念する。

「サピエンス」は多分私が習った人類の歴史を違った言葉で解説してくれるのではないかと思っています。 
そして、人とはなんであるか、と言う事実から今現在は一体どういう状況なのか。 彼の視点は地球上の生物と言う存在なのかな?
ほら、「宇宙人が地球を見て報告書を描いたとしたら、昆虫の星だと書くだろう。」ー昆虫の方が種類も数も人間をはるかに凌駕しますからね。ーと言うじゃないですか。そんな風に目からうろこの見解に気付ければ面白いだろうなあ。

さて、ハラリ氏はどんな分析をしてくれるんでしょう。期待。わくわく。

で、オリジンはダン・ブラウンの一番新しい作ですが、ようやくペーパーバックがでました!ハードカヴァーは重いし、高いし、と購入を躊躇していたのです。英語だと読む速度が日本語のそれより10分の1ぐらい遅くなります。(日本語の本はわりと読むのが早い方なんで。)

しかし、おばちゃんでもたまには頭もつかわんと。



人気ブログランキング>
# by Rottenmeier-ffm | 2018-11-16 20:47 | ドイツ生活

マイルドな11月

朝起きたら、霧で真っ白な世界。

c0180339_04530964.jpg

11月に霧の日は結構あるあるです。
今朝8時過ぎに撮った写真ですが、8時になってようやく明るくなって来て、17時にはもう結構暗いぞ、と言う感じの今日この頃。まだそれほど寒くはありません。これ、年が明けたら急に寒くなるパターンじゃないかしらね。嫌な感じだわ。

12月に入ると8時ではまだ外は暗く、17時にはとっぷり暮れている、という状況にまで夜が侵攻します。

聞きかじった所に寄りますと冬時間・夏時間を無くして統一してしまう方向でヨーロッパは動いているそうです。
どうやら冬時間に統一するらしいのですが。
日本との時差は冬時間でマイナス8時間。夏時間でマイナス7時間。

もし夏時間が無くなってマイナス8時間時差で統一されると、夏は今でさえ夜10時でも薄明るいのに、多分夜中11時ごろまで明るいと言うことになるんですか?

1時間の時差はヨーロッパに住み始めた当初、めずらしくて結構楽しんでいましたが、ここ数年、10月と3月の最終週末に「忘れないように、アナログの時計をあわせておかねば。」と気を付けるだけになっております。

昔、ドイツで会社勤めをしていた時、間違えて1時間早く会社に行ってしまった事がありました。・・これ、結構あるあるですよね。

来年は夏時間を実施するそうですが、再来年には無くなるかもしれません。
今となっては私の生活上あまり意味はない行事ですが、無くなると少しさびしい感じもします。

後1週間ほどでクリスマスマーケットが始まりますよね。
ホントにあっという間に一年が過ぎて行くなあ。




人気ブログランキング>
# by Rottenmeier-ffm | 2018-11-15 05:10 | ドイツ生活

偏頭痛と低気圧

時折肩こりから来るのか、偏頭痛に悩まされる事があります。
頭が重くて、首から肩までがちがちで。 時々「ぴきっ」と言う音がしそうな頭痛が襲う。
先週後半3-4日間そんな日が続きました。
土曜日の夜中、ゲリラ豪雨のようなものすごい土砂降り。雨音で目が覚めるなんてなかなかない事です。
日曜の朝まで降ったりやんだり。
結構な低気圧が近づいてきていたんですね。
つまり、偏頭痛の原因は、低気圧が関係しているのかも。と思いついた。

低気圧から来る不調は気圧変化による自律神経失調が原因であることがある。とのこと。

なるほどなあ。今まで思ってもみなかったけど、そう思えばそんな気もする。

日曜は久しぶりに偏頭痛から解放されました。
c0180339_18263847.jpg
c0180339_18263235.jpg
c0180339_18262644.jpg

午前中にはすっきり晴れ上がり、雨のおかげで空気も澄んで、美しい秋の日になりましたよ。
街路樹は黄色に輝き、風にのって落ち葉が空に舞う様は記憶に残したい情景でした。

ヨガ教室の帰り、ポケGoハンティングしながら散歩しただけなんですけどね。
近所にもなかなかインスタ映えする場所があるな。(あ、別にインスタはしてないんですけどね。)


人気ブログランキング>
# by Rottenmeier-ffm | 2018-11-13 00:35 | ドイツ生活

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

久しぶりのドイツ便り
at 2019-08-01 22:40
今年最後の
at 2018-11-29 18:15
本屋さんに行って本を買った。
at 2018-11-16 20:47
マイルドな11月
at 2018-11-15 05:10
偏頭痛と低気圧
at 2018-11-13 00:35

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2019年 08月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

その他のジャンル

ファン

画像一覧