ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

東京デザインウィーク

そういえば、10月半ばからTDW東京デザインウィークが始まっておりました。
そんな時期だったんですね。
以前は結構盛り上がっていましたが、今はかなり下火になりつつあるという感じですかね。

渋谷の元区役所で友人が展示をしているというので、見に行ってきました。
c0180339_113217.jpg

渋谷の土のう。

ドイツでも土嚢は洪水対策必需品です。
その特殊な土嚢と言う普段はいらないけど緊急時には必要なものをいろんな方向から考えてみたという展示です。
c0180339_11324046.jpg

旧渋谷区役所。
毎日いろいろな人であふれかえっていた事務所も廃墟とまではいきませんが、昭和の色濃いたたずまいがなんとなく映画のセットのような感じです。
区役所の部署を示すサインや議員事務所などの部屋もありいろいろなドラマがここで毎日発生したと思うとなんとなく感慨深い。
c0180339_11325837.jpg

そんな場所に、デザイナー達が作品を展示しているで、新旧入り混じったようなちょっと不思議な空間になっています。
c0180339_11331180.jpg

土嚢展は地上階で。6階まで様々な試みの展示があります。旧区役所のレトロな雰囲気と合わせて楽しめますので、お近くの方はぜひ。
11月3日まで開催中。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-30 11:34 | 日本生活 | Comments(6)

ひと仕事終えて。

終わったあああ。
ドイツ人無事帰国しました。
土日の接待も含めて5日間朝から晩までずーーーーっとドイツ人客と一緒でした。

もう、魂抜けました。

朝から移動、ミーティング、昼ごはん、夕食に至るまで12時間以上一緒。
夫婦だったらきっと喧嘩したりしているんでしょうが、そこはあくまでも取引先様ですから、お互いの適度な距離感で何とか乗り切りました。
c0180339_14503618.jpg

日曜日は日光に行ったのですが、さすがに紅葉が始まり、観光ピーク時にあたったのが災いし、道路がものすごく混んでいてまいりました。
ドイツ人もその混雑ぶりにびっくりか。
c0180339_14431261.jpg

紅葉はきれいでしたけど。

もう二度とごめんです。
c0180339_1449852.jpg

ちなみに日光東照宮にも行ってみました。日本の神社仏閣にしては絢爛豪華でしたがなんですかね、あの商売っ気ありありの神主さん達。東照宮についての説明や言い伝えなどのお話はまず良しとしても、そのあとお守りや、お土産品をとうとうと説明されるのはいかがなもんでしょう。「今年の新色はこの2色です。一つ1000円」とありがたい話の流れで言われた日には、今までの神聖な気分が1㎞ほど一気に後退しました。なんだかね。一回行ったら十分な観光スポットでした。

大阪出張も何とか無事終えて昨日ドイツ人は帰国。
後はミーティングのフォローアップと、別件の仕事、急がなくては!(しばらくほったらかした。)

昨日は一日死ぬことにして、寝不足を補いました。
時差ボケが治らないままにドイツ人接待が続いたので、完璧に寝不足です。
昨日は眠りたいだけ寝ました。

接待が続いたので、マツタケも、旬のお魚も、(サンマ以外)例年以上にいただきました。
もう、なんか、贅沢メニューはお腹いっぱいです。
ふつうのものが食べたい感じ。

普通に、メニューの解説もしなくて済む環境で、食べたいものだけ食べたい。



人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-23 14:51 | 日本生活 | Comments(4)

搭乗ゲート

スーツケースを2個振り回しての空港への道のりはいつも厳しい。
今日は電車もすぐ来たし、パスポートコントロールや機内荷物チェックもずいぶんスムーズにいきまして、あっという間にゲートに到着。
時間に余裕があるときほど、思い通りに事が運ぶ。
ぎりぎりの時に限ってアクシデントがあるのはどうしてだろう。
c0180339_23412852.jpg

ゲートで1時間半ぐらい過ごすことになってしまった。

家を出る前、朝から準備していたはずなのに、最後まで仕事が終わらずにばたばたでした。
ゲートに到着したら、気が抜けて眠たくなってきた。

どうやら無事日本に帰れそうです。



人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-13 23:46 | ドイツ生活 | Comments(2)

機内持ち込み

明日の帰国フライトの準備にいそしんでおります。
先ほど買い物から振り分け荷物で帰ってきました。 あー重かった。
お土産はこの時期どうしてもチョコレートになりますね。
しかしこれがチョコレートギフトボックス20個とかになるとなかなかヘビー。

今回もいろいろな方とお会いすることになると思うので、できるだけあたりさわりの無い所でチョコレートに。
もう、レープクーヘン(ドイツの典型的なクリスマスのお菓子)が出ているのですが、個人的にレープクーヘンがあんまり好きではないので、人に自分が嫌いなものを差し上げても・・・と言うことで大概レープクーヘンはお土産リストから外れます。
姉からはバターのリクエストが来ます。日本でバターは高いですものね。
外気温が大分下がってきたのでそろそろ大丈夫かな、と思いまして。

さすがに何度も同じ航空会社で同じ区間を行ったり来たりしておりますと、機内食に飽きてきます。
ルXトハンザは機内食はそれなりの評判です。お隣の国のKXMとかAXSTRIAN とか、もっと残念だと伺っております。エコノミークラスのお話ですよ。もちろん。

残念過ぎたのはFXNエアー。日本からかの北国の首都経由でドイツに戻るときはまだましでしたが、ドイツからの便がもう、その、一口食べて蓋をしたレベルでした。

機内では不思議としょっぱくて水分の多いものが食べたくなる。

機内持ち込み荷物にこれも入ります。
c0180339_2145773.jpg

お湯はフライトアテンダントに頼めばもらえます。(あまり忙しくないときにこっそりとお願いしましょう。食事のサービス中はとっても迷惑がられると思いますよ。)
c0180339_2152395.jpg

それと、何故かフライトに乗る前、乗ってからの1時間と言うのは結構お腹が減る。
それで私は大概ポテチを食べることにしている。
こういう時しかポテチを買わないんですが、これがお腹が膨れるし、久しぶりに食べるとおいしい。
クレメンティーネ、みかん、も機内に限らずおいしいですが、乾燥しているところではことさらにうまい。
ビタミンC補給。

ビジネスやファーストのお客さんでしたらこのようなものを持ち込む必要はないかもしれません。(まあビジネスクラスと言えど所詮機内食ですから、私ならカップ麺に軍配を上げます。)

明日は取っておきのカップ麺 ♥

トムヤムクン味、はまってます。おいしいですよねえ?



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-13 02:17 | ドイツ生活 | Comments(4)

誕生日カード

甥の誕生日が帰国した次の日と言うことに気づき、(しかもドイツ人の友人が甥宛のプレゼントを持って帰ってくれと小包をミュンヘンから送ってくれたので、気づいた。 汗)

で、プレゼントは本を贈ることにして、誕生日カードを描いてみた。
下絵はもう、半分以上トレースしました。時間ないし。
もうちっと描き込みたいところですが、これ以上時間をかけても良くならなさそうなので、あきらめてここで完成とした。

c0180339_23265921.jpg


それほどコピックの色数を持っていないだけに紺色を出すのが難しかった。
カラーペンは色を混ぜるわけにいきませんものね。

喜んでくれればいいですけど。


人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-11 23:30 | ドイツ生活 | Comments(0)

街で見かけた人々。

そろそろコートを着ようか、どうしようかと言うぐらいの気候になりました。
コートを着て少し歩くと暑くなるし、一歩外に出たら薄着だとやっぱり寒いし。
季節が移ろう時期は着るものを決めるのが難しい。

久しぶりに友人とお食事会。
ちょっとおしゃれなイタリアンでランチ。

レストランへの道すがら、アニメ以外では見ることは無かろうと思っていた髪形をした女性を見かけました。

かわいい人だったし、髪型が完璧でしたので、たぶんモデルさんだったと思います。(顔の大きさがグーぐらいしかなかったし。)

ガンダムのヒロインとかにいそうな髪形をした人。
今日一番印象に残った人です。たまに街に出と面白いものを見かけます。
c0180339_3351597.jpg

♪心のシャッター押した~

人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-11 03:38 | ドイツ生活 | Comments(0)

メールの日

今日は朝起きてデスクトップのスイッチを入れてから、ずーーーーっとメールしてました。
気がついたらお昼でした。 寝巻着たままでした。
お腹すいてました。

ちゃんと返事を書いたメールが30通ぐらいあったと思います。
返事を書くためにいろいろチェックしたり、調べることもあったので、とにかくひたすらメールを読んで書いてました。
メールを書いている間にどんどん返事が返ってきたりするので、その返事を書いているうちに、またメールがきたり・・・
なに、このエンドレス感。

英語、日本語、共に長いメールをあちこちに書きました。そういう日もあります。
メールを書くのは嫌いではありません。書きたいことを詰め込み過ぎることが良くあるので読み返す時は主に文章を短くまとめることに気を使います。

ブログはいいよねー。長さは気にしないで書けるもの。

金曜日の朝は日本からのメールが押し寄せ、(時差のおかげで、ドイツで仕事を始める時間は既に日本は午後15時以降。) 昼前にはドイツからのメールも追い打ちをかける。
そして14時ごろには日本のメールは終わり、(そりゃー夜9時だもんね。) 17時ごろにはドイツ人からのメールもほぼ終了。
ドイツの工場などの場合は金曜日は昼までで終了の所も結構ある。
しかし、最近のオンラインビジネス関連のドイツ人は18時過ぎてもメールが来ることがある。 驚きだ!

午後14時過ぎには少し落ち着きましたが、帰国前にこのバタバタは、いつものこととはいえさすがに疲れる。

しかし、集中して仕事をしている間は頭が回転していてくれるのか、思いつくことも多いし、いろいろと気づくこともある。まとめて 「えいやっ」と仕事をするのは私向きです。

今日は早めに寝ることにします。
あー温泉行きてー。
c0180339_5434750.jpg

せめて写真だけでも


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-10 05:45 | ドイツ生活 | Comments(0)

クリスマスの予定。

5日後には日本行の飛行機に乗るロッテンマイヤーです。
ふっふ。美容室も婦人科ももう予約したもんね。
仕事は最初に固まっているけれど、その後は少しまだ余裕あり。
初秋の日本をゆっくり味わってきます。

その前に既にクリスマスの予定を立てた。

日本から再びドイツに戻ってくるのが11月初旬ですから、その1カ月後にまた日本に帰るわけにもいかず、仕方なく今年はヨーロッパでクリスマスを過ごします。
ご存知のようにヨーロッパではクリスマスは家族で過ごすもの。独り者には厳しい行事です。
幸いデンマークには身内同然に受け入れてくれる家族がありまして、ヨーロッパでクリスマスを過ごす時はいつもその家族の集まりに参加。クリスマスミサにも一緒に行きます。
何年振りだろう。――ブログの過去記事を見たら2012年年末はデンマークでした。
c0180339_21442622.jpg

せっかくですからノルウェーの友人にも会ってくるか、と言うことで年末年始、10日間デンマーク、ノルウェーに行くことにしました。先月のペテルブルグに続きマイレージ使いまくり。しかし、空港税って何故あんなに高い? 

ここ3-4年会って無い人達も多いので、特に子供は成長が早いからもう、わかんないかも。
ほぼ毎年1度はデンマークに行っていますが、やっぱりクリスマスの時期以外には親戚やその子供達には会えないからね。

デンマーク人3人の友人達に出会ったのはもう30年近く前。それぞれの家族ぐるみで歓迎してくれたので、親戚の子みたいになってます。結婚してノルウェーに行った友人もいますが、30年切れずにつながって来れたのは、ご縁あったからでしょうかね。
3家族の冠婚葬祭に出席し、兄弟、親戚に至るまで把握しております。

ま、そんなことで仕事の案件はいろいろあるものの、やっておくことはやってから日本に帰れそうです。
あ、まだ、来年の春の日本に帰る飛行機の予約してないー!


人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-09 00:46 | ドイツ生活 | Comments(2)

サンクトペテルブルグを歩く

ペトロパヴロフスク要塞
c0180339_20581133.jpg

いや、この要塞の名前なんて右向いて左向いたらもうきっと忘れてると思うんですが、とにかくこの要塞はエルミタージュ宮殿の川を挟んで斜め向かいにあります。
c0180339_20495045.jpg

c0180339_205096.jpg

中にはこの町の発祥の核とも言える教会があります。ぐるっと壁に囲まれている広い空間に建物があちらこちらに立っています。昔は海軍の施設だったりしたんでしょうね。
どうやら牢獄にもなっていたようで、社会主義運動が盛んな時期、多くの運動家がここで囚われの日々を過ごしたそうです。
c0180339_20503081.jpg

ロシア史に全く詳しくない私には、入口に「どこそこの誰誰が、この部屋でで4年間幽閉された」とか書いてあってもどなたなのかさっぱり皆目見当もつきませんが、貴族階級の人や軍の偉いさんなんかも捕まっていたようですから、ここには様々なドラマが展開していたに違いありません。
しかし、まあ、辛気臭い所でした。
c0180339_20504646.jpg

この要塞の川に向かっている壁の上を歩けるように数十メートルの遊歩道があるのですが、その日はたまたま映画のロケをしていてクローズ。入場券売り場に書いとけ。と思ったのは私だけなんですかね。。
c0180339_20512292.jpg

ネフスキー大通りと言うのはいわゆる目抜き通りです。
何度も行ったり来たりしましたが、今回は全く買い物をしませんでした。エルミタージュとバレエで時間を取られてそれ以外に時間を割く余裕が無かったこともありますが、いやー私の食指が動くショップが、何一つありませんでした。
c0180339_2052585.jpg

みやげ物屋は中国後でサインが書かれてあり、マトリューシュカが並んでいました。
パス、です。

ミニスーパーには入ってみましたが、ミネラルウォーター以外買う物はなかった。

んーーー文具屋とか本屋とかには入ってもいいかなとちょっと思いましたが、エルミタージュで来年のカレンダーをお土産用にまとめて購入した以外、買い物はしませんでした。

お食事は遅くとも7時前にはマリインスキー劇場にいなければならなかったので、遅い昼を取ることで夜はほとんど飛ばしました。(ホテルでスナックを食べたりして済ませた。)
ケンピンスキーホテル最上階レストランはは見晴らしがいいと聞いたので行ってみた。
c0180339_20562628.jpg

c0180339_2056885.jpg

おいしかったんですが、結構なお値段でした。パリ並みか?
c0180339_2052478.jpg
c0180339_210243.jpg

ホテルで教えてもらったなかなかおしゃれなレストラン。ビーフストロガノフとボルシチは食べておかないと。
ここもケンピンスキーホテルほどではないにせよ、それなりにお支払いした。

c0180339_20554814.jpg

ペテルブルグ最後の食事はここ。
c0180339_20534466.jpg

c0180339_2143845.jpg

味はまあまあでした。でも高いです。お昼で30ユーロ越えはドイツではありえない。(ワインも頼んでないのに。)

物価は結構高いのかもしれませんね。ちなみに美術館や教会の入場料はドイツとそれほど変わらないと思いました。

また数年したら、マリインスキー劇場にバレエを見に行きたい。そして今度はペテルブルグから少し離れた所にあると言う離宮を訪ねてみたいと思います。
c0180339_214777.jpg

これで旅行記を終わります。
長い間お付き合いいただきありがとうございました。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-06 00:05 | 旅情報 | Comments(4)

血の上の教会

♪ ジッとかみしめてごらん
  ママの暖かい心が
 お口の中にしみとーるよ~

 遠いお菓子のお国の便り
 おとぎの国のロシアの~
 夢の小鳥がはこんでくれた~
 Pルナス~Pルナス~ モスクワ―の味~
Pルナス~Pルナス~Pルナ-ス~

これが歌えた人は昭和40年代関西にいた人だと思います。
そしてこのコマーシャルのロシアのイメージを決定的に植え付けられていると思いますが、心当たりのある方、手をあげて。
c0180339_23541264.jpg

血の上の教会と言う物騒な名前の付いた教会を見た時モスクワじゃないけど、この歌を思い出し、教会を見て回っている間中、頭の中をリフレインしてました。
c0180339_23544125.jpg

どうやらこの教会は皇帝が19世紀後半爆弾で暗殺された場所に建てられたとのこと。物騒な名前の由来はそこからのようです。それにしても爆弾テロは19世紀からあったんですね。

この教会の完成は1907年。現代建築の先駆けと言えるバウハウスやコルビジェの活動が1910年代から始まることを思えば、随分懐古主義的なデザインと言える気がする。
c0180339_23545963.jpg

しかし、その時代に、かけるお金があったんだねえ。お金持ち! とにかく全部モザイクですから!どれだけ手間暇かかっているんでしょう!
c0180339_23551724.jpg

手工芸の価値としては計り知れない。芸術的価値があるかどうかはわかりませんが。(少なくともフランスでは印象派が活躍していた時代にアートムーブメントへの貢献はしてないですね。)
これがラヴェンナの教会のモザイクみたいに6世紀の作品だったら、世界遺産筆頭だったと思いますが。
c0180339_23554274.jpg

イサーク大聖堂 
c0180339_23564012.jpg

セントペテルスブルグで一番由緒のある教会だとどこかで聞いた気がする。
ここはイヤーフォンのガイドを借りて回りましたのでそこでの話だったかも。
1818年から1858年までの40年間をかけてつくったとのこと。
c0180339_23565819.jpg

建築家はフランス人(モンフェラン)で彼はこの教会の建築終わって1カ月後だか、2週間後だか、とにかくすぐに亡くなったらしいのですが、完成を見届けることができた。とても幸せな建築家ではないでしょうか。
ここもモザイク画です。屋根の金も本物で何百キロもの金が使われているとか。
c0180339_23584091.jpg

フィレンツェやローマの大聖堂からアイデアをもらったり、最新の電気鋳造技術を駆使したり、新旧の技術を取り交ぜて出来上がった大聖堂。
材料は全部本物ですし、お金はものすごくかかっている。
c0180339_23585793.jpg

何度も言うけどこれが200年300年前に建てられていたらもっとすごかった。けど、19世紀半ばですからねえ。・・・びみょう。 いや、とにかくゴージャスです。

一見の価値はもちろんあります。

すみません、明日で旅行記終わります。


人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-10-06 00:04 | 旅情報 | Comments(0)

最新のコメント

楽しい記事をありがとうご..
by ピノ at 07:34
kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧