ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドイツ便りネットショップ編

久しぶりにメルマガ的なメールを知人にお送りしました。
コピーをあげておきます。
c0180339_194542.jpg

皆様、ご無沙汰しております。暑中お見舞い申し上げます。
今年の7月は40度近い日もあり暑い日が続くドイツでしたが、どうやら少し落ち着きを取り戻してくれたようです。20度台の快適な気温がしばらく続きそうでほっとしています。屋根裏部屋にあたる階の住人には30度を超える日が続くとかなり厳しい。もちろんエアコンなどありませんので旧式な扇風機でしのぐほかありません。
もう扇風機の出番が無い日が続きますように。と祈る今日この頃であります。

最近ドイツのオンラインショップについて調べたり、連絡を取ったりする機会がありました。ここ数年物流、特にロジスティックスに関わり始めてからは当然オンラインショップとの接触が多くなります。
日本のオンラインショップ事情と同じく、ドイツ、ヨーロッパのオンラインビジネスでは2つのプラットフォームがずば抜けて大きい。
日本の場合はアマゾンと楽天ですが、ドイツはアマゾンとe-bayです。楽天はあるにしてもまだまだ知名度はありません。
イーベイは企業のみならず個人的な出展も多いので、アマゾンのようにフルフィルメント方式によるロジスティックスサービス、もしくはアマゾン自身が買い取り、在庫を持つシステムはありません。純粋にプラットフォーム提供サービスと考えて良いと思います。
2年前ドイツアマゾン本部(ミュンヘンにあります)に行く機会がありました。
アマゾンは確か売り上げを公表していなかったと思います。ドイツアマゾンも年間いくら売り上げているのか、具体的に説明はありませんでしたが年々かなりの勢いで伸びていると言うことでした。おそらくそれはまだ続いていると思われます。バイヤーとのミーティングで理解したことはアマゾン自身が在庫を抱えて販売する「直売システム」とでも申しましょうか・・この割合はどんどん増えて行くとのことでした。但し、在庫する単位は少量多品種。日本からドイツアマゾンへの輸出はかなり難関と思われます。ドイツに在庫を置くことが必要です。
アマゾンはさておき、ネット上には数限りなくオンラインショップがあります。
インテリア雑貨関連で売り上げを伸ばし、急成長しているオンラインショップとコンタクトを取り合いビジネスを進めていく上で周りの事情も見えてきました。
オンラインショップには大きく分けて2つの種類があるように思われます。
1.ネットビジネスのプロが作成したサイト。
2.元々展開していたショップのネット版として発展。もしくは分野の専門家が取り扱っていた製品やサービス、関連製品を取り扱うネットショップを作ったケース。

私のザックリとした印象では1のケースの方が成功している気がします。
1の成功例としてhttp://monoqi.com/de/ MONOQIというベルリン本社のネットショップをあげたいと思います。ここはキャンペーンと称し、1週間ネット上で製品を7-8種類(ブランド)を展示します。1週間すれば違う製品に変わります。ネット上で展開されている間に売れた分だけメーカー側に発注が来ます。
つまり在庫リスクの無い商売です。その分メーカー側は発注予測分の在庫を確保しておかねばなりません。そして発注してから1週間以内にはMONOQIの倉庫に出荷できるようスタンバッておくことが条件です、お客さんもキャンペーンが終わってから10日―2週間ぐらいは製品が届くまでまたなければなりません。
客側も少しぐらいなら待ってもかまわないインテリア雑貨、特にランプシェード等はよく売れるとのこと。
このようなユニークなビジネスモデルはネットの特性自体をよく知る人でなければ構築できなかったと思います。商品の選定は専属バイヤーに寄ります。とはいえ、バイヤーも1週間ごとに商品が変わるわけですから失敗してもリスクは少ない。つまりネットショップにありがちな「売れている商品しか売らない。」という後ろ向きな買い付けはしないで済む状況にあるようです。
ネットショップのバイヤーはやはり20代30代の若者が多いです。日本製品にはおおむね良いイメージを持つ人が多いですが、ほとんどが「店頭でその分野の製品を何年も販売してきた。」と言った経験も無く、かなり行き当たりばったりな人事の結果その責務にあるように見受けられます。

ケース2.元々ショップがありカタログ通販も成功していたMagazin。
http://www.magazin.com/home.html
ここはおそらくまだカタログ通販を主にビジネスを展開していると思われます。
しかしネットビジネスの売り上げが締める割合が伸びているはず。このような老舗のショップやカタログ通販は店頭で扱っている物をただ単にネットでも取り扱っているだけのケースも多く、1のケースに比べるとネットで得られる情報の面白味に欠ける気もします。

カリスマブロガーの影響力も増大しています。コスメ専門、インテリア専門、のように各分野ごとにカリスマブロガーが存在するようです。500-800ユーロぐらいで製品を使ってブログに感想をあげてくれたりすることもあるそうです。(結構取るもんなんですね。日本ではどれぐらいが相場なんでしょう。)

ドイツのネットショップがターゲットとしているのは全ヨーロッパです。もちろん半分以上の売り上げはドイツ国内が占めると思われます。EU 圏内である以上顧客からの送金、配送等がほぼ国内と同じ手続きで済むEU圏国のメリットが生きて来ます。

ドイツの友人達に聞いてもネットショップの利用はどんどん日常化しています。
ご存知のようにドイツにはベルリン以外日本の大都市のように人口が集中しておらず、郊外に住むケースが多い。「ちょっと買い物。」が車でお出かけと言うことになる。ネットショップが成長する条件があると言っていい。ドイツの一般的なお店がつまらないと言う理由もありますが、今後オンラインショップは成長し続けるのだろうな。と確信しています。

ドイツで一番読まれているブログと言うことで先日テレビで紹介されていたアドレスです。
インテリア雑誌の編集者だった(?)人のブログです。ご参考にまで。
http://www.23qmstil.de/

それでは、また。
暑い日が続くようですが皆様、体調にはお気をつけて。



人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-07-27 19:46 | EUビジネス事情 | Comments(2)

ベルリンの日曜日

c0180339_3511059.jpg

ハイシーズンのベルリンは、大混みです。日曜日にもかかわらず、街は人で一杯。しかも、ドイツ語、きこえてこない。アメリカン、デーニッシュ、イングリッシュ、日本語もちらほら。アメリカンが多いのはなぜかしら。
ベルリンは散歩するには最高の街。
ふらっと入った美術館で女性アーティストのコンテンポラリーアートを堪能。しかし、コンテンポラリーアートは、なぜ、グロい傾向が強いのでしょう。もう、残っているテーマがそれしかないのかしら。久しぶりのアート探索は楽しかったけれど。
c0180339_6225044.jpg


明日は仕事だ。
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-07-19 20:50 | ドイツ生活 | Comments(4)

のど元過ぎれば

のど元を過ぎれば、あつさ忘れる とはよく言ったもので。
これはたぶん食事の際の例えなんでしょうが、週末の猛暑に参った私の心境にぴったりなんです。
今日はたぶん最高気温が25度ぐらいだったんではないかと。
今は22度ぐらいで大変快適であります。
もう、扇風機は片づけてもいいかもしれません。

30度を超える日はしばらくなさそうですし、快適なドイツの夏の日々に戻ってくれました。
これが20度越えないとかになるとまた、「こんなに寒い夏はいやだ。」とか言い始めるんですが、今はとにかく気温が自分の体温を越えないことがありがたい。
c0180339_0403578.jpg

部屋の気温が(多分)30度を超えると起こる現象

棚にしまってあったチョコレート入りのシリアル。チョコレートが溶けてえらいことになった。

温度差アレルギーが一時快方に向かっていたのに、悪化。

水分は摂取していたのに体がだるく、汗抱くになりながら横になっているしかできない。
そして頭痛に悩まされる。(熱中症になりかけていたのか?)

野菜も果物も何もかも冷蔵庫に詰め込まないとすぐ腐る。

などなど。
好いことはひとつもありませんでした。

もうこの夏は30度越えなくていいです。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-07-09 00:41 | ドイツ生活 | Comments(3)

猛暑の日のやり過ごし方。

先週の月曜日、3週間強の日本滞在を経て久しぶりに戻ったフランクフルトは涼しかった。
c0180339_1765890.jpg

火曜日、良いお天気で嬉しかった。30度まで気温が上がったのでびっくりした。
水曜日、引き続き快晴。最高気温35度?!扇風機を引っ張り出す。
木曜日、なんと35度以上まで上がるらしい。遮光カーテンを昼間は締めておく。扇風機大活躍。
金曜日、38度まで上がる。遮光カーテンが閉めてあるので昼間も電気をつける。そしていよいよ恐れていたことが・・・! 現在の住処はいわゆる屋根裏部屋。あちこちが斜めの天井になっています。その数十センチの壁の向こうは灼熱の太陽を照り返す屋根です。つまり、壁や天井が温くなり始めた。
こうなると厄介です。夜、外気温が21度まで下がっても部屋の気温は下がりません。
1日ぐらい日中35度になっても壁全体がぬくーくなることはありません。しかし猛暑日が3日も続くともう駄目です。

まずい。

そして今日土曜日は40度まで気温が上がるとか。

まだ時差ぼけの傾向があり早起きのわたくし。 今朝は5時過ぎに目が覚めました。ええ、もうすっかり夜は明けています。
窓を開けると21度ぐらいの涼しい気温。外の方が涼しい。
c0180339_1773164.jpg

今しかない。

・・・あちこちの窓を全開し、生温い部屋の空気を換気。床を掃除した後、床を水ぶき。あっという間に乾きますが、少し床が冷えた気がする。

小一時間後には窓を一斉に閉め、自分の部屋の窓には段ボールを積み上げ、遮光カーテンを締める。つまり真っ暗。
8時半、スーパーに行き、ミネラルウォーターやヨーグルトを買いこむ。
9時には外に出る用事を全部済ませる。

昼過ぎには洗濯をして暗い部屋に干し、扇風機の風を当てる。こうすると少し風が冷える気がするので。
なんせ、ここには文明の利器、クーラーがありません。原始的な方法で対策を立てるしかない。

お昼ごろぐんぐん上がる気温は夜22時まで明るい今の時期ですと20時ぐらいでも30度近辺までしか下がらない。昨日17時過ぎ外に一瞬でて後悔しました。道路が熱されていて凄い熱気。

もう今日は一歩も家を出ず、扇風機の前から離れないで過ごす予定。

明日は雷雨があるとか。雨が降ったら屋根にあたった雨が「じゅっ」とか言って蒸発しそう。

雨乞いでも始めるか。


人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2015-07-04 17:10 | ドイツ生活 | Comments(2)

最新のコメント

kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02
明けましておめでとうござ..
by コバヤシ at 16:47

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧