ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

誕生日でした。

c0180339_15595590.jpg
皆様ご無沙汰です。
帰国してから1週間ほど経ちました。
で、昨日の日曜日は大してうれしくも無いけど、誕生日でした。

今年は偶然ですが友人宅のホームパーティーに招待されていたので、ちゃっかりそれに乗っかって、誕生日を特別な日として過ごすことにしました。
毎年ヨーロッパの友人から「誕生日どうしているの?」とチェックが入るので、何かしないといけない気分にさせられるんです。どちらかと言うと、「あ、おととい誕生日だったんだ。忘れてた。」ぐらいで構わないんですけど。個人的には。

ホームパーティーとはいえ、60名ほどのお客様。 友人宅が広いお家だから可能だった訳です。
朝から準備してICE(新幹線)で30分ほどの街へ。
ところが、このICEが74分も遅れ、特急の意味をなさない状況に。しかし、日曜日ですし電所の本数も限られ、結局1時間半ほど予定より遅れて到着。
到着直後からエプロンをつけて、巻き寿司をひたすら作る。

友人の主催するパーティーに何度かご招待にあずかることはありましたが、裏方に回って手伝う方が実は性に合っておると悟りました。
ドイツ語で知らない人に囲まれてあたりさわりのないことを話すのは実は結構しんどい。まあ、修行と思ってしばらくは我慢しますが、3時間も4時間もとなると苦痛です。そんな時は適当に席をはずして裏方に息抜きにいくと間が持ちます。
あんまり引き籠ると主催者の友人が心配するので適当に表に出てゲストとしての役割も果たしますが、意外とパーティーって時間がつぶせなくて苦手かも。
知ってる人の集まりならいくらでも長居できますが、主催者以外知らない人、という場合は間が持たない。

裏方の手伝いを積極的に引き受けるのは経験から導き出した私なりの「保身の術--パーティーのサバイバル法」で在ります。

パーティーがレストランやパーティー会場などで催される場合はこの方法が使えません。
その場合は、「主催者以外に知人が招待されている。」ことを確認して、いなければご招待をお断りすることもあります。日本のパーティーなら言葉の問題も無いので1時間ほど出席してとっとと帰ると言うこともできますが。

それにしても、ヨーロッパ人はパーティーを定期的に開くことが社会人としての義務と考えているような気がします。
パーティーに招待されたら、自分も何かのイベントに合わせてパーティーを開いて招待をする。
数年に一度数十人を招くパーティーを開くのはその家族の社会的ステイタスを示す場でもあります。
「自宅パーティーで開けるほど大きな家を所持している。もしくはりっぱなレストランを貸し切れるほどの財力がある。」

私は家庭を持っていないので例外的に扱ってもらっている感じです。
もし、一人で外国で暮らしている、と言うのでなければ私も何年かに一度はパーティーを主催して友人や知人を招待せねばならないところです。(結婚式さえしてない訳ですから。)

私の名前で催される集まりが唯一私の葬式にならないように、何か考えないと、と思った、誕生日でした。


人気ブログランキングへ



[PR]
by rottenmeier-ffm | 2014-04-28 16:02 | ドイツ生活 | Comments(17)

フランクフルトへ。

今回は初めて羽田から出発。 大変楽です。やっぱり成田は遠い。成田空港を建設する時、地元住民とものすごくすったもんだしたのを覚えています。あんなに苦労したのに、羽田からも国際線が出て、そっちのほうが便利で、いいというのはあんなにもめて出ていかざる得なかった方たちにとっては釈然としない思いもあるのでは?
空港は新しくきれいです。
さて、さくらも満喫したし、イースター明けのドイツに戻るか!

[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2014-04-22 13:35 | 日本生活 | Comments(8)

知的刺激

なんだかばたばたしているうちにもうすぐドイツに戻ることになってます。
今回は27日間の滞在ですから約4週間も日本で過ごしたわけです。
来週火曜日にはまたもやドイツへの機上の人。

ドイツに戻る直前に姉とその友人、姉上様方達と一緒に軽井沢に行ってきます。
温泉♪ 温泉♪

日本にいる間は毎日同じペースで過ごすわけにはいかないのでブログの更新もつい怠りがちでした。
今年に入ってから更新頻度が落ちているのは自覚しておりますが。

ブログを書き始めてから私の日常は変わりました。
体験すること、ーーそれがたとえスーパーで買い物したり、洗濯や掃除をしたりと言う当たり前のことでも、 ブログのネタになるかどうか客観的に見ている自分が居ます。

散歩しながらとりとめも無く浮かんだ考えなんかも、「後でブログに書いてみよう」と思うと、普通は胡散霧散していく考えも一応結論が出るまで突き詰めたりします。

そんな傾向があることには気づいておりましたが、最近ふと図書館で借りた本
「大人は愉しい」 鈴木晶 内田樹 著 と言うウェッブ交換日誌をまとめた内容の本を読んで、久々に 「はたっ!」と膝を打った次第。
(ちなみに 礑ーはた という漢字が相当するそうです。)
ここに私がブログを書き続けて居た理由みたいなことが理論立ててかいてあり思わず赤線を引きそうになりました。(図書館の本だから思いとどまってます。)結局この本は購入しました。そっちには赤線でも引こうかと思います。

2007年に第一刷が出た本ですから結構古いのですけど、何となく自分の中にあった考えを整理整頓して、文章にしてくれているページに出会うと、すっと文章が頭に入ってきて、気持ちいい。
久しぶりに知的刺激を受けた気がします。

と言うのも最近エンターテイメント的な本しか読んでませんでしたから。
いや、この本だって、素人向けにとても砕いた文章でわかりやすく書いてくださっているのだと思います。たぶん難しい本を読まなくなって数年が経ち、しんどい本を読むことがよほどおっくうになっていると言うことでしょう。・・・年と共に脳細胞が死んで行っていることを実感。

ついでといっちゃ何ですが、内田樹さんの本と上野千鶴子さんの本をまとめて購入。
ちょっとは考えないといけない内容の本を読んで脳の活性化を促したいと考えております。

ま、週末は軽井沢で温泉三昧でーす。

行ってきます。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2014-04-18 18:09 | 日本生活 | Comments(2)

ふわふわどら焼き。

昨日は関西まで日帰りで。
品川-新大阪の往復です。

西宮ガーデンズというショッピングモールで友人と昼食、お茶をして、妹宅に寄り今年から中学生になった甥の顔を見てきました。
ここ半年で青少年になった甥は、声変わりのおかげでどこの人?という声になっています。
背も伸びました。
子どもの成長はほんとに早い。

友人とお茶をしたのは阪急電車西宮ガーデンズの中にある甘味処。

「こより」と言う名前のお店です。

そこの生どら焼きが、なまらおいしかった!(←妹に銀の匙コミックスを借りた影響。)
c0180339_21381572.jpg

ふわふわのスフレみたいな生地に上品な甘さのあんこと生クリームをのせて食べる。

・・もう、私の好物を集めました! って感じで。 まいりました。降参。

関西に帰ったときの楽しみがふえました。
ちなみにうめだ阪急本店にもこの甘味処はあるらしい。
c0180339_21371042.jpg

久しぶりの富士山も。





人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2014-04-13 21:53 | 日本生活 | Comments(7)

満開の桜

日本には桜の木がこんなに多いのだと改めて思い知るのはやはりこの時期。
住宅街の隙間にある小さな児童公園や、いつも前を通り過ぎる学校にも桜がこんなに植えてあったのかと思わず立ち止まる。

今日は姉とランチをかねて目黒川の桜を見に行ってきました。
満開でした。
c0180339_23195439.jpg

雨のおかげでいつもより人手が少なかったような気がします。
どういうわけか私が桜を見に行くと雨の日が多い。
c0180339_23201463.jpg

昨日は婦人科の診療に行ってきました。診療所の前から桜並木が始まっており、その緩やかな坂道の桜並木が何となく私が通っていた中学の門まで続く桜並木と似ている気がして、しばし散策しました。
目黒川ほど見事な並木ではありませんが、道路の両側からアーチを作って咲き誇る桜の木はとても美しかった。
静かな住宅街でしたので人通りもなく、何となく中学の頃を思い出しながら一人でしみじみしておりました。
こういう時間もたまにはいいですね。

「桜の木の下には死体が埋めてある。」
と言われるほど妖しく美しい桜の花。私にとっては人生の節目節目で見た桜の印象が強く、思い出と直結しています。
やっぱり桜は好きだわ。
c0180339_23203470.jpg

願わくば花のもとにて春死なん その如月の望月の頃


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2014-04-03 23:21 | 日本生活 | Comments(4)

イラスト

正直、趣味って大して役に立つことはないと思いますが、たまには役に立つ。
編著者が姉という、とあるマイナーな教科書なんですけど、数年前に頼まれてぽちぽち描いたイラストが載っています。
c0180339_17910.jpg

あの頃はまだとても古いグラフィックソフトを使っていましたし、使い慣れてもいなかったので時間もかかった記憶がある。今ならもっと上手に描けそうな気もします。
c0180339_172934.jpg

が、とりあえず、図解説明の絵なのでわかりやすければいいんです。
c0180339_175016.jpg


しかし、出版される冊数はごくわずかとはいえ、ちゃんと印刷物になったのはちょっと嬉しい。
図解説明の絵って描くのは面倒くさいですよ。ちゃんと何を描くか理解できてないとだめだし。
身内なので納得がいくまで確認できたましたが、仕事の場合通り一遍の説明しかもらえ無いこともあるでしょう。そうなると大変でしょうね。

今回ライティングビューワーを購入しました。
c0180339_1152422.jpg

これで、下絵のトレースなどが簡単にできます。
嬉しい。ってどんだけイラスト描くつもりなんでしょね?


人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2014-04-02 01:16 | 趣味・手習い | Comments(4)

日本の春。

4月です!
日本に帰って6日目です。
いつの間にかヨーロッパもサマータイムが始まり日本と7時間時差ですね。

春眠暁を覚えず。

時差ぼけ。
c0180339_13404027.jpg

ダブルパンチで上手に熟睡できずに一日中眠いです。

実はまだちゃんと桜を見ていないのですが、世間ではどうやら満開のようです。咲き始めたらあっという間ですね。毎日風がきついので散ってしまわないか心配です。

病院に検査に行ったり、運転免許の書き換えの手続きを始めたり、と仕事も含めてぼちぼちと動いていますが、日本の春をぐだぐだ近所で半径500mぐらいの行動範囲で過ごすのは大変贅沢と言えます。

来週辺り関西方面に動き始めようかと思っています。

今年の春は何となく、うきうきして「よーし、新しい何かが始まるぞ!」という(大概空振りで終わるんですけど)予感もなく、目標「日々無事」でぼちぼちと行きたいと思います。

昨日笑っていいともが終わりましたね。日本の皆さんはご覧になった方も多かったでしょう。
私も若い頃良く見ていましたから、長寿番組が終わるのはちょっと寂しい。
なんだか永遠に続くような気がしていましたが、終わりは来るもんですね。

サザエさんもいつか終わるときが来るのかなあ。

あちこちで卒業式も終わり、甥もめでたく中学生。
変わらない物なんてないんですよね。



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2014-04-01 13:40 | 日本生活 | Comments(6)

最新のコメント

更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02
明けましておめでとうござ..
by コバヤシ at 16:47
ぽんさん、こちらは空気が..
by Rottenmeier-ffm at 03:03
ご近所さん、遅ればせなが..
by Rottenmeier-ffm at 02:29
おかえりなさいませ~~☆..
by ぽん at 14:39

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧