ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

退院しました。

自分でも驚きの回復力!

先週の火曜日、私はまな板の上の鯉状態で、開腹手術を受けました。

術後8日目の昨日、無事退院いたしました。



ルパン3世並みの回復力。

c0180339_11103367.jpg


看護師さんにも
「20代の方たちより回復が早いです。」 といわれました。(←ちょっと鼻の穴が膨らんでいる。)

入院時に先生から「2週間の入院になるでしょう。」という宣告を受けておりましたが、

まず、手術の結果がよかった。
(後で聞いた話ですが、手術前の先生方の診断、実は卵巣癌の確率が50%以上だったらしい。手術後、すれ違う看護師さん全員から「手術の結果がよくて、ほんとうに、よかったですねえ。」と繰り返しいわれたのも納得。)

そして、看護師さんのすすめに従って、吐きながらも手術翌日から歩き始めたのがよかった。
(午前11時から3-4時間の手術でしたが、手術当日の夜、痛み止めの薬が効きすぎたのか、何度も嘔吐を繰り返し、一睡もできず。看護師さんに迷惑をかけた。翌日も痛み止めの薬をやめるまで吐き気は止まらず。腹筋を切ったあと吐くのは苦しいですよ、ご参考にまで。)

手術後2日目と3日目は胃と腸の具合がもう一つで点滴のみ。
(実は、卵巣腫瘍の炎症がひどく盲腸を切っていた。ついでに癌の疑いがあったため、腸に転移していないか、きっちり調べてくださったようで。←想像したくないけど、全部引っ張り出して詰め戻したらしい。)
しかし3日目から胃腸の具合がましになってきたら、入院当日から5日間の絶食が堪え始め、出会う看護師さん全員に「おなかすいたー」と訴え、3日目の夜からお粥のお食事が可能に!(もちろん完食。)
点滴からも解放。

4日目からは、できるだけベッドに横にならずに座って過ごすようにし、用もなく廊下をうろうろして歩くように努めました。
5日目にはなんだか退屈し始めて、身の置き所がないような・・・でも、友人がお見舞いに来てくれたりして、ゆったり過ごしました。
手術後6日目の朝、先生の診察があり、
「もう、いつでも退院してもよいですよ。明日にしますか?明後日にしますか?」

・・・こりゃ、びっくりしますよね。

一瞬言葉に詰まりましたが、

「あ、明日でお願いします。」

怒濤の1週間はこんな感じで過ぎました。

手術後2日目からは自分でもどんどん回復してしている手応えも感じられ、精神的にも楽になりました。

尿管を腫瘍で押しつぶされており腎臓が片方機能していなかったため、手術前は泌尿器科の先生から腎臓は切除する予定と聞いておりました。 しかし、尿管に人工の管を入れることで肥大していた腎臓も機能し始めたとのこと。切除は免れました。

つまり、婦人科の主治医の先生の元、泌尿器科、外科(盲腸切ったし。)、3名の執刀医、そしてその助手の皆さん、看護師さん、麻酔科の先生、と手術室には結構な人数が集まって手術してくださったわけです。

入院から9日間、支えてくださった先生、看護師さんたちには本当に感謝しています。

次の1ヶ月間に数回病院に通うことになっており、ドイツに戻るのは8月の「術後1ヶ月検診」を終え、主治医の先生から許可が出てからということになります。

(他人の病気の詳細を聞くのはさほど興味があることではないでしょうが、このブログは日記というか個人の記録を残すためにも書いているので敢えてアップします。すみません。ご了承いただけるとありがたいです。)


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-31 11:18 | 日本生活 | Comments(25)

リハビリ中。

いろいろとご心配をおかけしました。

23日に無事手術終了。
ほぼ5日間の絶食の後(つまり、点滴で生きていた。)おかゆを食べるまでに回復したロッテンマイヤーです。
c0180339_19512272.jpg

(典型的な病院食ですが、これがとてもおいしく感じられる。←まだ100%回復したのではないのかもしれない。)

開腹手術とはいえ、手術の翌日から歩き始めました。
毎日回復している手ごたえを感じています。
昨日出来なかったことが今日はできる、というのはうれしい。

座ったり立ったり、姿勢を変えるときにはさすがに痛みますが、それ以外は割と普通に行動できます。
まだ長距離は歩けませんが。

口だけはすっかり回復するのが早かったので、インターンの先生に点滴の針を初日に入れられたときどれだけ痛かったか、訴えることは忘れませんでした。
2回目(一昨日)点滴の針を入れなおす際、
「手術よりなにより、点滴の針を入れるのがこんなに痛いとは知りませんでした。」
と3回ぐらい言ったら、さすがに、一発でちゃんと決めてくれました。
(できるなら最初からそうしてほしかった。)

ま、若い人はそうやって、おばちゃんに鍛えられて育っていくのでしょうね。

術後の経過はおかげさまで順調です。

メッセージをありがとうございました。



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-28 19:56 | 日本生活 | Comments(24)

お見舞いありがとう

昨日のブログにコメントを下さった皆さん、ありがとうございます。

皆さんの温かい言葉のおかげで少し安心できたような気がします。
弱っているときに優しい言葉をいただくのは、本当にうれしい。

これから病院に行ってきます。
2週間も知らないところで眠るのはやっぱり気が進みませんが仕方がない。


覚悟を決めて、
さて、行ってきまーす。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-22 08:49 | 日本生活 | Comments(10)

明後日から。

久しぶりに30度を超えない、むしろとても涼しい土曜日。26度ぐらいは快適ですね。
連日30度を遙かに超える真夏日が続いていましたから、今日は誰もがほっと一息ついたのではないでしょうか。

昨日、19日にはドイツに戻る飛行機に乗っているはずでしたが、涼しいベランダに出て飛行機が飛んで行くのを見送っておりました。
今晩は風があるので夜景がクリアに見えます。
もうすぐ満月の月もきれいです。
c0180339_21135435.jpg


明後日から2週間入院します。

6月から体調が不良だったのは原因があったわけで、入院2日目に早速手術です。

生まれてこの方たいした病気もせず健康に過ごしてきたのですが、人生半ばも過ぎたところで初めての入院、手術です。

ということで多少緊張しているのか、ここのところ眠れない夜が続きます。

先生からの事前の説明では、結構長い手術になるそうなので、体力をつけておこうと好きなもの、おいしいものをここ数日しっかり食べております。

手術をして原因を取り除き、健康な体に戻るまでは治療に前向きに取り組みたいと思います。

明後日の入院まで2度しかこの大学病院には行っていません。しかし、この2回の訪問でありとあらゆる検査をし、婦人科、外科、泌尿器科、と診察を受け、とにかく病院の中を分刻みで走り回りました。

総合病院だったので、1日で様々な検査をうけることができ、主治医の先生の手術予定にキャンセルが入ったこともあり、初診から2週間ちょっとで手術という早さ。

日本だから可能だったと思います。 これがドイツだったら、何日かかっただろう。

ということで、4-5日ブログはお休みです。

何とかWifiがつながるよう、Wim0X とやらに登録し、病室でも何とかインターネットがつながるように準備はしていますが、まあ、実際つながるかどうかはやってみないとわからない。

もし、つながったら入院記をアップします。
(何でもブログのネタにする。私も一人前のブロガーか?!)

それでは皆さま、また来週~。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-20 21:15 | 日本生活 | Comments(11)

懐かしき音

日本で夏を過ごすのは10年ぶりぐらいです。
毎日暑いですが、基本的に引きこもっておりますので、冷房のついた部屋で過ごしている時間が長いです。

しかし、一歩外に出ると、灼熱地獄。
姉に日傘を借り、駅まで3分の道のりを何とか乗り切ります。

ドイツの夏は涼しいし、暑くても知れています。過ごしやすくていいですよね。
本来は明日ドイツに戻るはずでしたが、フライトはキャンセルしました。
もう少し日本にとどまることになりました。

久しぶりの日本の盛夏は蝉の鳴き声を聞いたときに実感しました。

10年ほどほとんど聞くことがなかった音。

これがなければ日本の夏とは言えません。

私は基本的に虫がだめなので、セミ自体が見えると逃げ出したくなりますが、鳴き声はちょっとノスタルジックな気分にしてくれます。

先ほど、歩道の上に蝉の死骸が落ちていました。

うーん、日本の夏だなあ。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-18 18:22 | 日本生活 | Comments(7)

関西のカレー

肉じゃが、カレーについての地方色豊かなコメントで盛り上がっているうちに、いわゆる食堂で出てくるカレーみたいなものが食べたくなりました。

牛肉のブロックがなぜかスーパーで売っていなかったので、牛肉の薄切りを購入。ますます食堂っぽい感じです。
c0180339_18221617.jpg


福神漬はマストです。

最近は毎日主婦業をこなしております。
料理は主婦業の中では一番楽しい作業です。

一緒に食べる相手が(それがたとえ姉とはいえ)居るのは良いものです。
もうしばらくこんな生活が続くようです。

PS
昨日、夏の定番冷麺を食べ、大変満足しました。 龍ひげはやっぱりおいしい。
c0180339_1824598.jpg




人気ブログランキングへ


[PR]
by rottenmeier-ffm | 2013-07-15 18:24 | 日本生活 | Comments(12)

肉じゃが

現在、あまり活発に活動できない状況にあるため、姉宅に引きこもっている私ですが、おかげで日本の食材を使って料理を思う存分楽しんでおります。
c0180339_89244.jpg


昨日ものすごく久しぶりに肉じゃがを作りました。
(写真を撮る前に食べてしまいました。)

その後、料理番組で肉じゃがの作り方を紹介していました。

何に驚いたかって、肉じゃがの肉、豚バラを使っていたんですよ。

肉じゃがなら牛肉の薄切りが普通ではないのですか?

関西の方が牛肉を良く使うと聞いていましたが、肉じゃがの肉まで豚とは!

ちなみに家庭で作る(いわゆる市販のルーを使った)カレー。 あれは当然牛肉ですよね?
あれに豚肉は使わないですよね?
鶏肉はありかも知れません。シーフードもありでしょう。
しかし、豚肉は無いよね?

あるんですか?

まだまだ地域によって、常識と思われていることが別の地域ではびっくりということはあるんですね。

日本も広い。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-09 08:11 | 日本生活 | Comments(23)

ドイツの医療

ドイツで生活して10年になりますが、医者にかかったのは実は2週間ほど前、腹部の痛みに耐えかねて行ったのが数年ぶり、数回目になります。
c0180339_1612787.jpg

現在私はドイツでプライベートの保険に入っています。毎月保険料高いです。
働いている方達は会社からの補助が出る保険にはいっておられますが、プライベートの保険とその保険とは別扱いです。

仕組みは詳しくは分かりません。
保険についてはここ数年いろいろと改正されているようですし、私はプライベート保険の一番安いのを!と探して入りました。

先日、他の保険屋さんから見積もりをもらいましたが、安くなるどころかさらに高くなる見積もりで、払いきれないのでお断りしました。
たとえば、「万が一車いすを使うことになった時、自動車いすが与えられる。」とか、「入院した時わずかな費用を足すだけで個室に入れる」とか、私からするとどうでもいいことが特典なようで、それで毎月2万円近い金額を追加しなくてはいけないなんてとても飲めない提案でした。

いずれにせよ、ドイツの保険は高い。

そしてさらに医者に駆け込んだ時気付いたのですが、どうやらプライベート保険の患者は、会社の補助のある保険に入っている人よりも優先してみてもらえているようなのです。
私も含めて、後からきた患者が、ずーっと待っている労働者風の女性よりどんどん先に呼ばれています。
話には聞いていましたが、結構顕著なものなのだなあ、と思いました。

そうそう、高い保険に入ると、えらいお医者さんにすぐ見てもらえるという特典があるそうです。
平民は、インターンで我慢しろっつうことなんでしょうかね。

私の保険は医療費30%自費で払います。もっと高い保険や会社で補助してもらう保険は100%医療費をカバーしてくれます。

しかし、ドイツでは月10万円以上保険料を払っている人は結構いると聞きます。そんなに使うか使わないかわからない保険に払うなら、貯金したいと私は思います。

おまけにドイツはMRI一つ撮るのに大学病院に行かなくてはならず、しかも高い。
確かに入院した友人の話では、至れり尽くせりで、食事もちゃんとしているし、担当医の先生もわざわざ手術した大きな病院までお見舞いに来てくださる、とか何かと丁寧なところも日本に比べるとあるようです。

まあ、日本のお医者さんは日本語が通じるという、かけがえのないアドバンテージを持っていらっしゃるので、私は日本で治療を受けたい派です。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-05 16:02 | ドイツ生活 | Comments(3)

乳がん検診

数ヶ月前に受けたマンモグラフィー。
乳がん検査の結果が出て再検査が必要とのことでした。

c0180339_14281942.jpg
マンモグラフィーは痛いですよね。まあ、2年に1回ぐらいは我慢しないといけません。
ここ5年ぐらいは乳がん検診を受けていなかったので、久しぶりに受診しました。

前回マンモグラフィー検査の時も実は再検査を申し付かり、結構こわごわ再検査を受けました。

今回の再検査も前回と同じく、脂肪の塊が乳腺の上に重なっていてそれが丸くしこりに見えていたようだということが、超音波検査で判明しました。

多少気分に余裕を持って再検査を受けることができたのは前回の経験があったから。
しかし再検査のお知らせをいただいた時、

「精密検査が必要とされた方が全てがんではありませんが、50人に1-2人の確率で見つかっています。」

・・・50人に1-2人って結構な確率ではないですか?
この文面にはかなりビビりました。

長年の友人で乳がんを克服した人がいます。彼女ががんだと判明した時、どれほどショックを受けたかと思うと今更ながら、胸が痛いです。

乳がんで二人友人を亡くしています。彼女たちも宣告を受けた時、その後の日々、何を思って過ごしたのか。

私は再検査で乳がんではないことが判明したので、こんな風にブログに書くことができますが、実際そうであったら、とてもここで心境を書くことはできないでしょう。

現在、乳がんを克服すべく治療を行っているたくさんの皆さんに、完治する日が一日も早く来ますように。

みなさん、乳がん検診は定期的に受けましょう。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-03 14:29 | 日本生活 | Comments(15)

湯治の旅

帰国して1週間になります。
久しぶりにお会いした方に
「大丈夫ですか?なんか全体的にちっちゃくなって、もうお体は大丈夫なのですか?」

・・・と、ものすごく、いたわられました。
本人は気づいておりませんでしたが、ずいぶんやつれておったようです。

羽田空港に車で迎えに来てくださった姉の友人も
「いやー到着したばっかりの人に”やつれた”とはいえなかったから言わなかったけど。」
と後日聞かされ、

「ああ、なんか、やっぱりしぼんでたんだ。」と自覚した次第。

時差ぼけのせいか、病気のせいかまだはっきりしませんが、夜熟睡できないのがつらいところですが、少しずつ回復しております。

先週末、姉の友人達と車で信州2泊3日の旅に出ました。
私にとっては温泉、湯治の旅。
姉たちにとっては、グルメと買い物の旅。
c0180339_113841.jpg

c0180339_11393534.jpg

旅の間に4回温泉につかり、温泉の効能に深く感動した次第。
下腹部にずっと痛みがあるのですが、温泉に入った後数時間は、痛みが消えるのです。
食欲も戻りますし、大変調子がいい。まあ、半日たつとその効果も薄れちゃうのが残念なんですが。
c0180339_11431573.jpg

c0180339_11441498.jpg
しかし、温泉の効果がこれほど明らかだとは思いもしませんでした。
昔の人は偉かった。
おいしい物を食べ、お買い物につきあったり、楽しい時間を過ごせたせいかもしれません。
体調もずいぶんと良くなった気がします。
c0180339_11435060.jpg

ここ数週間、ベッドで丸まって寝ている以外ほとんど何もできない日々が続いていましたから。
久々に気分転換できて良かった。
c0180339_11383677.jpg


本格的に仕事復帰は今週末からということで。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-07-02 11:46 | 旅情報 | Comments(6)

最新のコメント

更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02
明けましておめでとうござ..
by コバヤシ at 16:47
ぽんさん、こちらは空気が..
by Rottenmeier-ffm at 03:03
ご近所さん、遅ればせなが..
by Rottenmeier-ffm at 02:29
おかえりなさいませ~~☆..
by ぽん at 14:39

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧