ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

旅に病みて

一昨日は朝7時半には家を出て、ICEでブレーメンに。
ビジネスミーティングでしたが久ぶりの取引先のドイツ人と二人で、ドイツ語オンリーの豪華ランチ。

もう10年以上前からのビジネスパートナーですから気心は知れていますが、昼からゼクトやワインはきつかった。夕方、ミーティングの後、ホテルに入るまでは持ちましたが、それから、長い夜に。

久しぶりにブレーメン市内で散歩がてら夕食を食べて、と計画していたのに、ベットで悪寒に震えながら寝てました。
どうやら久方ぶりのアルコール摂取のせいか、ランチが豪華すぎて重かったのか。胃の調子が・・・。
結局、夜中にトイレで胃の中を空にすることに。
しかし、胃が空になったら、すっきりして、翌朝は疲れが残るものの何とか通常営業。

午前中いっぱいミーティングをこなして、昼からICE(新幹線)でベルリンへ。

ホテルについてメールをチェックしたり、少し仕事をしてからポツダム広場、そしてベルリンフィルのコンサートへ。うまく当日券が買えたので、結構良い席でオーケストラを堪能。

さて、今日は金曜日、

これから美術館に行き、昼まで時間をつぶし、ドイツ人知人がオープンしたお店にご挨拶に行き、昼過ぎからデッサウへ。


今は食べるとおなかがぐるぐる言い出すので、怖くてあまり食べられない。
胃が本調子でないせいか、食欲もないのでまともに食事をしていません。しかし、体力は低下しているわけでもなく。(日頃のたくわえが大量にあったせいか。)

さて、今日も天気は悪い。出発の準備するか。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-31 15:49 | ドイツ生活 | Comments(4)

ベルリンです。

c0180339_7362074.jpg

ブレーメンで一仕事して、今はベルリンです。ベルリンフィルハーモニーのコンサートから帰ってきたところ。いろんなトラブルもあって、疲れました。お風呂にはいって生き返った。詳細は、明日に。
[PR]
by rottenmeier-ffm | 2013-05-31 00:27 | 旅情報 | Comments(0)

出張の準備

明日から4泊5日のドイツ国内の旅に出ます。

最初の2日はブレーメン方面で仕事です。
3日目はベルリンで知人の新店を訪ねたり、リサーチを兼ねて街歩き。そしてデッサウへ。
4日目はデッサウで念願のバウハウス一人ツアー!
5日目はデッサウからライプツィヒ―ワイマールと立ち寄りバウハウスを辿りながらフランクフルに戻る。

5日目がマジで大変ですが、デッサウから電車で直接フランクフルトに戻ると5時間半ぐらいかかるのです。
それで途中下車しながら帰る方法を選んでみたのですが、ドイツも元東側は電車の接続がうまく行っていないと言うか、やはりフランクフルトやベルリンに比べると本数自体が少ないのでしょうね。無駄に待ち時間があったりするのが性格的に許せなかったりする。その許せない部分を薄めるための寄り道と言うか。

まあ、とにかく久しぶりにドイツ国内を巡る旅。そして4晩も外泊とは珍しい。ドイツ国内なら日帰りで無理やり帰ってきてしまうことが多いので。

今回特筆すべきは出張の準備で資料を紙で準備すると同時にパッドとスマホも利用。(クラウド利用)
便利になりましたね。クラウドに必要になりそうな資料は全てアップロードしましたから、プリントアウトして行く資料が減りました。(それでも一応印刷して行くのは、まだ少々不安なのですね。もし、Wifiにつながらなかったらどうしよう、とか。

大事な資料は先にメールで相手に送っておくと言うこともできますし、ほんの数年前までとは出張の準備が様変わりしました。
たぶん、日本企業にお勤めの方たちならもうずいぶん前からクラウドを使って仕事の資料は軽量化の一途をたどっていらっしゃったことと思いますが、私もようやく自力でキャッチアップしつつ、あるのか?

3日目以降の旅行に必要な地図もできるだけパッドに保存してオフラインでみることができるように、・・これからしようかと。(プリントアウトしたほうが絶対早そうだが。)

「道祖神の招きにあひて取る物手につかず、ももひきの破れをつづり、笠の緒つけ替へて、三里に灸するより・・・」

仕事以外の旅支度は、松尾芭蕉さんと大して変わらないと言えばそうかも。
まだ気候が安定せず朝晩は10度以下なのでやはり軽いコートは必要か。
パンプスは寒いのでやはりショートブーツにしました。歩く日用にスニーカーも持参。
c0180339_0421391.jpg

今夜は早めに寝て体調も万全に。明日は早起きしなくてはいけませんから。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-29 00:42 | ドイツ生活 | Comments(8)

チャンピオンズリーグ ロンドン

バイエルン・ミュンヘン ファンの皆様、おめでとうございます!
c0180339_655353.jpg

ドルトムントファンの皆様、おしかったですね。

ドイツのチーム同士の決勝戦。 ドイツ国内ではそれなりに盛り上がってましたが、開催国イギリスの皆さん、どうだったでしょう。

今日は街中で友人とお茶をしてカフェから外に出たら、17時ごろにもかかわらず、そそくさと市場ので店が帰り支度を。 いつもは6時ごろまで空いていたと思うのですがね。

そして夜、試合が始まったら、土曜日にもかかわらず道路車が走って無い。
静かな夜です。

曇っているのでお月さまが見えませんが、今朝6時がフルムーンだったので今晩は十六夜。
昨晩月があれほど明るかったのはやはり満月だったからでした。

あれ?どこかで花火が上がっている音がします。バイエルンファンのお祝いの花火かな?

ドルトムントのゴールキーパー
c0180339_662112.jpg

ドルトムントのコーチもなかなかしぶいぞ。
c0180339_618665.jpg

イケメン度はドルトムントの方が高いか? 
c0180339_6174038.jpg



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-26 06:21 | ドイツ生活 | Comments(2)

久しぶりの月夜。

とにかく、春以降晴れた日が少ないので仕方ないのです。
昼間だろうが夜だろうが、厚い雲で覆われた空に変化はありません。
c0180339_6405797.jpg

今夜は久しぶりに月がきれいです。雲が全くない訳では無いですが、雲の切れ間に月が顔を出してくれたような感じです。しかも満月。(に見えます。←ちょっと乱視気味ですので。)

最近温度に敏感に反応するようになったのは携帯の画面のせいです。
c0180339_6411834.jpg

ちゃんとリアルな天気とシンクロしています。
(たまにどちらかでは降っていない雨が降っていたりしますけど。)

暖房機がぶつぶつ言うぐらいでとても静かな夜。

月が出ているだけで外の景色がずいぶん神秘的な感じに見えたりします。

皆様も良い夜を。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-25 06:42 | ドイツ生活 | Comments(1)

負けました。

降参です。

5月末で暖房は無いだろう、と昨日まで我慢していましたが、今朝も起きたら6度だし、お昼の12時前で7度だし、昨晩も良く冷えたので部屋が、寒い。

・・・暖房を入れました。

暖房、ちゃんと機能しました。
セントラルヒーティングですからこのアパート全体を地下の大きな機械でコントロールしているのですが、元栓、春になっても締めたりしないものなんですね。
まさか5月末に暖房は無いだろう、と判断してもよさそうなものなのに。

でも今日はドイツの南の山の方で雪が降るらしい。暖房を止めるのは死活問題か。

さすがに朝のテレビでもこの天気はないよなー。と言う特集が組まれていました。
10月の天気みたいだ、と言っていましたが、まさに。
雨は良く降るし、この気温だともう秋の天気ですね。

明日も良く冷え込むそうですので、今晩は暖房、つけたまま眠ることになるそうです。
c0180339_2561821.jpg

農作物に影響が無いか心配になってきた。
今年のワインは大丈夫なのかね。



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-24 02:57 | ドイツ生活 | Comments(6)

健康診断

家から歩いて3分のところに小さい内科医院があります。
毎年この時期、そこに健康診断に行きます。
これは私が加入している保険会社からのオファーで、無料になります。
そして、診断結果に問題がなければ毎月の掛け金が多少安くなります。

というわけで、面倒くさいですけど節約と一応安心のために毎年健康診断を受けています。

ドイツではまずお医者さんに行って受付で予約を取る。(たいてい数週間先の予約となる)
予約の日、時間きっちりに行って、待つ。
今回は朝一8時からの予約でしたのでさほど待たずに待合室から診察室へ。

問診があって、(身長体重は自己申告。)
血圧を測り、聴診器を胸と背中にあて、お医者さんの仕事は以上終了。

また待合室で待つこと10分ほど、看護婦さんが別室で血液採取してくれます。

そして無罪放免。 30分もかかりません。

私の血圧は割と低いほうですが、今朝は 100/60 だったようで、「ひくいなあ。」とお医者さんに言われました。たぶん低いといっても問題はないのでしょうが、ドイツ人はおそらく日本人より高血圧の人が多いのではないかと思われます。ドイツ人平均に比べるときっとかなり低いのでしょうね。 日本人女性としてはたぶんそれほど低いわけではないと思いますが。

去年も健康診断の日の朝は雨でした。
今年も雨でした。でも去年よりずっと寒い。
c0180339_1253169.jpg

ちなみに今日も一日こんな天気でした。(↑)

ドイツに住んで10年ともなるとさすがに毎年恒例の行事が増えてきます。

先ほど重たい荷物を郵便局まで運んで戻る途中、急におなかがすき(血糖値が下がった?)おまけに軽い貧血症状を覚えました。これって、採血されたせい?(←そうそう、日本よりずいぶんたっぷり採血するなあと思いながら見ていたのでした。)家に戻ってから休憩しましたよ。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-23 01:28 | ドイツ生活 | Comments(4)

5月の服装

もう、ええ加減にして。 と言いたくなるお天気が続きます。
朝の気温が6度とか、5度とか。 もうやめてほしい。

今週金曜辺りは更に下がるようで、一体いつになったら初夏らしい天気になるのでしょう。
5月ってこんなに寒かった?
ブログって便利ですね。 2012年と2011年の5月の記事を見てみたら、丁度その年の5月20日過ぎ、30度越えで「夏~~~~~~!」と言ったような記事をアップしてます。(写真の青空が眩しい。)

今年は思うに5月に入ってからずっと天気悪いですよね。
曇っているし、雨も多いし。

日本では半袖にカーディガンか裏地の付いて無いジャケットぐらいで歩いても大丈夫な天気かと思われますが、皆さまいかがお過ごしですか?

フランクフルトではいまだに皆さん、冬の装い。
ウルトラダウンのように薄くて軽いダウンジャケットがこの冬流行りましたが、まだまだ活躍中。
多くの人がダウンのベストを着ています。
年配の女性は綿入りの軽いコートを。

気持ち的には半袖にジャケットぐらいで外に出たいのですが、昼間でも携帯の温度表示が12度とかですと、やっぱり、「コート羽織っておこう。」と思います。 そして外に一歩出て、「正解やったな。」と確認する訳です。
暖房はさすがに入れていませんが、昨晩は体も冷えていたのでとうとう湯たんぽを復活させました。4月にはもう湯たんぽは片づけてしまっていたのですがね。

朝の天気予報、きちんと聞いていなかったのですが、どっかで今週後半雪が降るかも、とか言ってませんでした???(聞き間違いと言って欲しい。)

いつまでもXニクロの暖パンをはかねばならぬのか。
そろそろ素足でサンダルで出かけたいロッテンマイヤーであります。
c0180339_5433118.jpg



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-22 05:44 | ドイツ生活 | Comments(6)

アンジェリーナさんの選択

ドイツでも話題になっています。
アンジェリーナ・ジョリーさんが今年受けられたとされる予防的乳癌切除手術。
(すみません、似てません。)
c0180339_0354937.jpg

母親が卵巣がんで57歳で亡くなったと言う遺伝的に高い確率で癌にかかる恐れがあった。
自身、癌抑制遺伝子に変異が発覚、乳癌になる可能性が高いことを知り、予防として乳癌を切除したと言うことらしいですね。

卵巣も摘出されるとのことですが、手術を受けたことが無い私が言うのもなんですが、これだけ大きな手術を受けると言うのは体力的にも精神的にも大変なことだと思います。
もちろん、癌等大病にかかってから手術するよりも健康で体力があるときに済ませた方が術後はきっと良いとは思います。
かかってしまったらとにかく闘病に専念せねばなりませんから、仕事のスケジュールだって都合をつけるわけにはいきません。

いろいろ考えてみると大変合理的であります。

それにしても、発症しない可能性もあるのに、思い切りましたね。

こういう考え方もあるのか、と目からうろこでした。

しかし、悪そうなところを切って捨てていく、カッコ良く膨らませたいところ詰め物をして膨らませる。
パーツ交換のようで、まるでアニメのサイボーグの世界。

いや、本人にしてみればそれこそ苦しんで考え抜いた結論で在ったと思われますが。

しわを引っ張って伸ばしたり、鼻を高くしてみたり、目を大きくしてみたり、美容整形の世界では長年、切った貼ったは行われてきましたが、疾病予防と言うことで行われる手術とそれに伴う、整形手術。こういう手術もあるのですね。

東洋医学とは全く考え方が違うと思います。

アンジェリーナさんの選択は本人が決めたことなのできっと正しいことだろうし、こういう選択肢があることに気づかせてくれたことに感謝します。が、同じ立場に立った時、この予防的手術を受ける勇気が私にあるだろうか、と考え込んでしまいました。

ハリウッドスターとして、乳房の切除と言うのはおそらく普通の人よりも更にダメージが大きいはず。しかし公表してくれたおかげで世界中の女性に考えるきっかけを与えてくれた。

ちなみにドイツのテレビが言うには、この手術、保険対象なのだそうです。



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-21 01:18 | ドイツ生活 | Comments(8)

バウハウスを辿る。準備編

Bauhaus Reisebuch 「バウハウス 旅の本」
ワイマール―デッサウ―ベルリン
c0180339_226193.jpg

バウハウスに縁が深かった3つの都市でバウハウス建築物をたどる旅。
ドイツに10年も住んでいてドイツで一番やりたかったことをまだやってない。

月末、ドイツ北の方に出張に行くついで(と言うには離れすぎている気も・・・)にベルリンによってみよう!と思い立ち、ついでにデッサウまで足を伸ばそう!(もう、ついでとはとても言えない)と言うことに。
そこでなんとなくネットでこの本を見つけて世界一大きい本屋さんに注文しました。
日本語だったらもっと嬉しかったのですが、この本は昨年出版されたまだ新しい本です。英語にはなっているようですが、日本語版は望むべくも無く。
仕方ない。いわゆるガイドブックなので何とか読めるでしょう。
c0180339_2313228.jpg

c0180339_2315512.jpg

商業デザイン、工業デザイン、建築デザイン、いろいろありますが、デザインと言う大きなくくりに興味があったり関わったりしたことのある人は、バウハウスについての知識はおありだと思います。
c0180339_2294144.jpg

改めて私が知ったかぶりするまでも無いですが、バウハウスは元々美術専門学校の名前です。(DIYチェーン店ではありませぬ。)
現在の「デザイン」という言葉が含む概念をきちんと体系化し、伝えた、おそらく世界で初めての画期的な学校だったと思っています。
教授陣がとにかく豪華絢爛。デザイン史に名を残す大物が綺羅星のごとく名を連ねます。
グロピウス、クレー、カンディンスキー、モホリ・ナジ、ミース・ファン・デルローエ、マルセル・ブロイアー …
c0180339_2303083.jpg

1919年 ワイマールに開校
1925年 デッサウに移転
1932年 ベルリンに移転
1933年 ナチの圧力により、閉校
実際には14年間しか活動していなかったわけですが、世界に及ぼした影響たるや計り知れない。

最盛期はなんと言ってもデッサウに在った7年間ではないでしょうか。
今回ワイマールまで足を延ばすかまだ決めていませんが、デッサウには是非行ってみたいと思っています。
ベルリンから1時間半。ベルリンから日帰りするか、デッサウに泊まるか。

これから本を読みながら旅程を決めたいと思います。
(って出張はどうした?)


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-05-19 02:38 | ドイツ生活 | Comments(8)

最新のコメント

いきなりコメントすみませ..
by ゆうな at 11:08
いきなりコメントすみませ..
by ゆうな at 11:08
初めてコメントさせていた..
by ENI at 06:04
楽しい記事をありがとうご..
by ピノ at 07:34
kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧