ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

翻訳ソフト

先週末、デンマークで購入したブレッドミックスでパン作りに挑戦しました。

デンマーク語は基本的に英語とドイツ語に良く似ていて、オランダ語にかなり近いです。
パン作りのレシピぐらいは大体読める(推量)することはできるのですが、確証を持って事に挑むために、レシピを翻訳ソフトでデンマーク語から英語に翻訳してみました。

これは、大したものです。かなりきちんとした英語に変換されます。
(ちなみに日本語にも変換してみましたが、案の定文章になっていません。)

やはり近い言語同士だと翻訳ソフトもきちんと動くようですね。

こりゃー、デンマーク人にとっては英語を勉強するより翻訳ソフトを使った方が速そうだ。
英語の翻訳書物も簡単にできるんだろうなあ。
日本語の翻訳書物の場合は翻訳者の日本語力が内容(文章)を左右する事さえありますが、英語からデンマーク語ならばソフトでもそれなりに翻訳できる。

おそらくドイツ語‐デンマーク語も翻訳ソフトは結構役に立つのではないかと思われます。

ヨーロッパ語と日本語との距離がありすぎてなかなか翻訳ソフトで対応しきれないは残念至極。

それにしても、世の中コンタクトはほとんどネットを通して行われるようになってきていますが、翻訳ソフトが使える原語同士ならお互いの原語について勉強する必要は無くなりますね。

日本人の英語コンプレックスはまだまだ続きそうですが、もっと完成度の高い日本語-英語の翻訳ソフトができたら、お受験英語は必要なくなる。

最近は何かを記憶する事さえ最近ではあまり必要無くなってきました。思い出せない場合はウィキったらすぐ出てくる。記憶力が良いこと、博識であること、の意味がだんだん無くなってくるのかしら。

その人物と直接会って話す場合、その人の人格を形成する教養や考え方に触れることはできる。その時はその人の頭の中にある知識がその人の脳内で組み合わされて言葉として発せられるので、その過程がその人の個性(品格、人格)を形成するのならば、記憶力や知識の蓄積は必要だと思われます。
が、鎌倉幕府設立が1192年から1185年に変更という数字そのものを記憶する必要は今では以前ほど重要では無くなった。
つまり「そういえば最近鎌倉幕府設立の時期の改定があったような・・。」という、うろ覚えの記憶があれば必要な時ググればすぐ出てくる。スマホを使って会話の中で「えっと正確にはいつだっけ?」と言いながら探せばよい訳で、「思い出せなーい!」とじたばたすることもない。(←最近じたばたする機会が多い。汗)

記憶すべき情報が、というか情報の記憶の仕方が変わったんですね。
今、子供たちは、何を勉強したらいいのか?
本当は根本的にきちんと考えないといけない課題なのでは? という気がする。

学生時代テストで「鎌倉幕府が設立したのは何年?」という質問が良く出されました。
この設問方式を引き継ぐと歴史の先生は「鎌倉幕府の設立が変更になったのは何年から何年でしょう。」という出題をされるのでしょうか。
しかし、これはググればすぐわかる問題。
むしろ「7年間幕府設立が早かったことで一番影響を受ける歴史的解釈何だと考えられますか?」 
・・・みたいな問題に取り組むほうが為になりそうな気がする。(いや、正解は知りませんけど。)

たぶん今までの、この数百年続いた書物を使っての勉強や繰り返しによる記憶方法等は必要無くなるんじゃないかと。
情報はネットの大海の中に漂っている。
膨大な情報を正確に「知っている。記憶している。」必要は無くなった。
それを適時適切に引っ張り出してくる、探し当てる方法を学ぶ方が理にかなっているような気がします。
同時に、根本的に情報を理解して、活用する、応用する、判断する、---考える力を育てる。

たぶん近い将来、教科書って無くなるんじゃないかしら。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-30 17:44 | ドイツ生活 | Comments(5)

簡単パン作り

この週末だけは仕事は一切すまい。と決めていたのでさすがに時間がありました。

昨年末にデンマークで買ってきた、ブレッドミックス? なる物。
c0180339_17203569.jpg

あの重たい黒パンが簡単に焼けるそうです。

まず水を4.5dl 注ぎ口から注入。 
みなさん、デシリットルって単位、覚えてました? 思わずウィキっちゃいましたよ。 450mlのことです。
こんな古風な書き方、ヨーロッパって感じですよねえ。

c0180339_1721370.jpg

蓋を締め直して箱の中で粉と水をシェイクして混ぜます。

暖かい所で淵から約1cmぐらいまでパン種が膨らむまで待ちます。(30分ぐらい)
60分オーブンで焼きます。

しかし膨らまし過程中に蓋を取るべきなのか、オーブンに入れる時蓋が必要かどうか説明書に書いて無かった。ということで久しぶりにデンマークの友人に誕生日のメッセージお礼方々電話して確認。

膨らまし過程で蓋は必要ないので蓋は外さねばならない。
そしてふたを外して始めて気付く。
「全然混ざって無いじゃん!」  粉と水はシェイクしたぐらいで混ざりません! あわててヘラで混ぜ直しました。(このタイプのブレッドミックスを購入された場合、ここ、気をつけないと失敗します。)

いろいろありましたが、とりあえず焼けました。
c0180339_17212644.jpg

それなり、です。焼きたては香ばしい香りがしておいしいです。
c0180339_1722113.jpg

問題は黒パンは重くて一度にたくさん食べることはできません。 これからしばらく黒パン攻めに合うロッテンマイヤーであります。

PS: ドイツ在住の皆さん。上記ブレッドミックスと大変よく似た商品をドイツのスーパー(ReXe) で見かけました。混ぜるところを気をつければ確かに簡単に焼けます。ご家族で焼き立ての黒パンを食されたい方には最適かと。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-29 17:29 | ドイツ生活 | Comments(2)

ぐうたらな週末

何を隠そう、
引き籠り万歳! というのが本性のロッテンマイヤー。

旅は好きですし、人に会うのも好きなんですが、基本は家で好きなことをしている時間が幸せな人です。
c0180339_2043425.jpg

(こんな天気っすよ。4月の終わりなのに寒いし。)

この誕生日の週末は思う存分家でごろごろしています。
(ま、毎日そんな感じと言えばそれもそうなんですが。)

昨日今日と10度以下の気温に逆戻り。暖房を入れています。

お料理をしたり、趣味のアクセサリー作りに励んだり、イラストを描いたり、好きなことだけして過ごせるのはなんとぜいたくなことか。

低空安全飛行の人生も悪くないと、思いなおす今日この頃。

お誕生日のメッセージいろんな方面からいただきました。
ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-28 20:05 | ドイツ生活 | Comments(0)

誕生日です。

昨日が今日になったからと言って普通の土曜日なんですが、今日は私の誕生日なんですよね。
今さら大してうれしいものでもないのですが。

記念日にはお絵かきをアップしてお茶を濁す。
c0180339_15595867.jpg


2013年4月27日
フランクフルト 曇り・小雨 寒そう。
静かな土曜日です。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-27 16:01 | ドイツ生活 | Comments(14)

ロングネックレス2

先日アップした手作りしたロングネックレスですが、出来上がりにはそれなりに満足していたものの、
「それなりに」 が 「うーん」に変化し、

「再考の余地あり」に至る。

どんなネックレスが欲しかったのかもう一度イメージしてみた。

シンプルで、もう少し繊細で洗練されたイメージ。軽快でモダン。

ということで一からやり直したら、

こうなった。
c0180339_2245850.jpg


どうでしょう。 (淡水黒パールは結局使いませんでした。)
ちなみに前のバージョンはこれ(↓)
c0180339_22461322.jpg


コットンパールも固めて使わずに、間に小さいビーズを入れて軽い感じで使ってみました。
c0180339_22464585.jpg

ビーズは結局手持ちのもので何とかしました。
これを考え始めるときりが無いですしね。丁度合わせやすいビーズが手元にあったのは幸いでした。

赤いビーズのチェーンを入れたのは実は、伊勢神宮に行った時、赤と白の取り合わせ(日の丸か?)が新鮮に目に映ったから。

ああ、そういえば思い出した。
これもイメージ源の一つだ。 お気に入りのフランソワ・ジルボーのシャツ。
c0180339_2247652.jpg

新しいウールのコート、(なぜ今冬もの?)にも合います。
c0180339_22472783.jpg

このコートは先日リフォームした毛皮のショールに合わせられるように購入しました。
シルエットがきものみたいなので、きもの用に仕立てたショールと相性はばっちりでした。
c0180339_22475515.jpg


アクセサリーをデザインする上で重要なことは「どこまでで止めておくか。」です。
アイデアを詰め込み過ぎるとどうしても、もっさりしてしまいます。
シンプルが一番難しい。

絵を描く時もどこで完成とするかというのは大変難しい判断です。
ピカソはいつ絵が完成したのか知っている、というようなことを言った画家がいたと思うのですが、(誰が言ったか思い出せない~)たぶんプロとアマチュアの違いもそんなところにあるんだろうなあと思います。

素人でも2度目は少しましなものができたような気がする。
(たぶんこれはこれで完成として使います。今度は淡水パールを使った何かに挑戦予定。)


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-26 23:02 | ドイツ生活 | Comments(4)

ラムソンとやら。

Bärlauchのシーズンがやってきました。
日本ではラムソンというらしいですね。
鈴蘭の葉とよく似ているそうですが、鈴蘭の葉は有毒だそうで、絶対に間違えないように、とテレビで念を押していました。
c0180339_122098.jpg

ドイツ、特にヘッセン州ではラムソン及び他のハーブを混ぜたヨーグルトソースのような「Grüne Soße (グリーンソース)」が有名であります。

にらというかにんにくのような香りが強い葉っぱなので、私は行者ニンニクに近いものかと思っていましたが、どうやら「チャイブ」に近い植物とのこと。

季節ものですので、今年もまたひと束1.5ユーロで市場で購入。
毎年のようにこの時期1-2度挑戦する「シャンピン(中華風おやき)」を作りました。
c0180339_1252171.jpg

中華素材屋さんに行かないとフレッシュなにらは買えませんから、にらの代わりにラムソンをたっぷり使います。
私はひき肉と生姜、大量のラムソン、茄子を半個みじん切りにしたものを具としました。味付けは日本酒、塩、醤油の代わりに味噌を入れてみました。最後に一味をふりました。(胡椒の代わり)
c0180339_1261015.jpg

小麦粉にぬるま湯を少しずつ混ぜながらひとつにまとめ、少し時間をおいてから作業に入ります。手に油を塗り、小麦粉の団子を丸く引きのばして具を包みこみます。
破れても気にしなーい。

後はフライパンで少し焼き目をつけて出来上がりです。

これを食べると春だなあ~と思います。
そして、白アスパラガスの季節。

食に関してはドイツに居ても季節感を結構重視するロッテンマイヤーです。(食い意地が張っているだけか?)










人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-26 01:27 | ドイツ生活 | Comments(7)

HRT考察

私のブログにコメントをくださる方々は、私の年齢前後+-10ぐらいと推察しております。
たまに30代そこそこの方もいらっしゃるのですが、大体アラフォー、アラフィフあたりの女性の読者が大半を占めるのではないかしら。
今日は妙齢の女性の皆様向けの話題を取り上げます。
数少ない男性読者の方々、ちょっと難しいかもしれませんが、女性の一側面について御勉強する良い機会です。
さて、40を過ぎるとやってくるプレ更年期、そしてそれに続く本格的な更年期。
現在真っただ中の私は下記の症状のほとんどに当てはまっておりました。
・ホットフラッシュ
・腰や手足が冷えやすい
・息切れ・動悸がする
・寝つきが悪い、眠りが浅い
・怒りやすく、イライラする
・くよくよしたり、憂うつになる
・頭痛・めまい・吐き気がよくある
・疲れやすい
・肩こり・腰痛・手足の痛みがある
・耳鳴りがする
・めまい
さて、皆さんは何個当てはまりました?程度の差があると思いますがいくつか当てはまる項目があれば、プレ更年期や更年期を疑ってみても良いのかもしれません。
私の場合ここ数カ月は特にホットフラッシュが夜に起こり、つまり夜中に急に体が暑く感じられ、目が覚めてしまうと言う状況が続きました。寝汗もかきますし眠りが浅くなってしまっていました。
そうすると疲れがたまり、集中力も衰えます。
去年の11月ごろ日本で初めて天井が回ると言うめまいを体験。数日ひっくり返ったことも記憶に新しい。
たまに耳鳴りがしていたような気もしますし、もうどこをどう取っても立派な更年期でした。

婦人科でHRT(女性ホルモン補充療法)を4月から始めました。現在3週間ほど女性ホルモンの薬を飲んでいます。

ぼちぼち効果を体感し始めましたので、ご報告まで。

まず、あれほど悩んでいたホットフラッシュがほとんどなくなりました。 昼間にもじとっと汗をかいたり、気温や体温の変化(つまり寒い所から急に暖かい部屋に入ったりしたとき)に体がうまく順応出来ていないことを不快に感じていたのですが、それが無くなりました。
ここ4-5日、夜中に汗をかいて目を覚ますことも無くなりました。
これはありがたいです。

薬を飲み始めて3日目ぐらいでふと気付いたのは、顔のうぶ毛が濃くなったこと。
「確か、1週間ほど前にそったのにもう生え始めた?」と鏡を見てちょっと驚いた。
3週間目の今日、気のせいかもしれませんが、
「まつ毛が濃くなった?」 ような、気がします。
ここ数年、まつ毛は薄くなる一方のような気がしていたのですが、つい先ほど、あれっと思いました。

女性ホルモンの低下は抵抗力の低下にもつながるそうですが、ここ10年ほど毎年4月になると(季節の変わり目)顔にアレルギーが出て困っていたのですが、今年は気配もありません。

これらの症状が全てHRTのおかげとは断言できませんし、飲み始めて3週間ですからまだまだこれから変化があるのかもしれません。

HRTについては
「不自然な感じがする。化学薬品を取り続けることに抵抗がある。ガンを促進する可能性がある。」
――など、正否が不確かな情報が交錯し、女性ホルモンの摂取を控えていらっしゃる方もいると思います。
いろんな意見があるでしょうし、諸説粉粉、どの情報を信じ取り入れるかはあくまでも個人の自由です。 本人しか自分の体についてはわからないですものね。

私は既に肯定的な結果が出ていますのでしばらく続けるつもりです。

さて、この女性ホルモンを一体どれくらいの間取り続けることになるのか?という大きな疑問がありました。
先生にお聞きしたところ、「自分がもう良いと思うまで。」とのこと。

つまり、現在のようにホットフラッシュがおさまったり、不眠症が解消されたりしたことで、満足ということならばこれからしばらく様子を見て女性ホルモン摂取を控えても良いわけです。

ご存知のように更年期に起こる不快な症状は、あるべき女性ホルモンが無いために起こること。もう体に女性ホルモンを出す能力がないにもかかわらず、脳がいつまでも要求するから体と脳がバランスをくずすしてしまう。いつかは脳も「無いもんは無い。」と納得してくれる日が来ると思うのですが、それまでは外から摂取して脳には「なんや、やっぱりあるんや。」と思わせることにします。

女性ホルモンがあることでアンチエイジング効果も期待できるそうです。
良いことばかりでは無いのかもしれません。が、私はこれから長らくのお付き合いになると考えています。

皆さんはどんな風に対処されているんでしょう。

女はいろいろ大変です。
c0180339_214324.jpg



人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-25 02:02 | ドイツ生活 | Comments(7)

毛皮について考察。

今年の冬から本格的毛皮デビューができそうなわたくし。

自分で大枚をはたいて毛皮を買うか、と聞かれれば、
「全くその気無し。」と答えるでしょう。

ここ数年毛皮はハイファッションでは良く取り上げられているようですが、庶民の私には縁のない物。

ムートンを毛皮に数えるなら実は2枚コートを持っています。暖かいですが、重たいですね。
冬のヘビロテアイテムです。

イタチ系、キツネ系の値段の高い動物の毛皮コートは動物愛護団体から目の敵にされて久しい。
コート1着の為に確かにかわいい小動物を何匹も殺さないといけないのはむごい気がします。

しかし、言い訳じみていますが、母がこのショールを購入したのは愛護団体が活発に活動し始める前。まだ、ダウンコートもなく、暖かい物をいうと毛皮しかなかった頃の話です。
(ちなみに母は同じ頃毛皮のコートも2着購入している。)
30年ほど前、一時的に日本で毛皮が流行したんですよね。あの時の遺物と申せましょう。

ここ10年ほど登場していない古着をリフォームして着るのは、私は正しいことだと考えます。
昨今過激な動物愛護グループによる、毛皮を着ている人への嫌がらせや攻撃等のニュースもちらほら聞こえてきますが、できれば見逃していただきたいところです。

大概の主張には正しい所と反論の余地のあるところがあり、低空安定飛行を良しとしている私の人生観において極論に関しては
「ノーコメントで。」を通したいと言うのが正直な気持ちです。(事なかれ主義とも言えるか。)

ちなみに私の持論としてはリアルファーデビューは40歳過ぎてから。そしてデビューは襟巻やボレロ等の小物からというのがいけてると思います。

豪華な毛皮のコートに関してはドイツでも着ている人は60歳以上の方がほとんど。
私も母からコートを譲り受けるのはもっと年を取ってからでいいか、と思っています。

それなりに年を取っていれば、イデオロギーの塊の方々からの攻撃の恐れも減るのではないかと思うのです。(か弱い(?)老女に卵を投げつけたりするのもためらわれるであろうかと。)

毛皮は年を重ねた女性の方が似合います。
20代の女の子が着ていたら、私でも「どうだろう。」と思います。

年を取ると良いことも無いとね。(・・が、モデルはやっぱり若い子の方が。あれ?)
c0180339_22425891.jpg


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-23 22:44 | ドイツ生活 | Comments(4)

リフォーム

母から譲り受けたものというのは毛皮のショールです。
襟巻というには大きいのですが、きもの様に仕立てたとのこと。
c0180339_4312684.jpg

30年以上前にオーダーしたものですが、ここ10年ほどは全く出番が無かったようです。

毛皮は暖かいですからドイツでなら着る機会もあるだろうと前々から思っていましたが、着るとなるとリフォームが必要なためドイツに持ち帰るのをためらっていました。
裏地は元々薄いグレーでしたが、さすが年季が入っているだけにしみだらけ。
日本の気候で毛皮類を保管するのは難しい。
c0180339_4315892.jpg

母も、「普段にどんどん着れば良い。」ということで「裏地なんか気にしなさんな。」と気持ちよく譲ってくれたのですが、そうはいうものの・・・。

毛皮を着るのは一応、お出かけの時。仕事であれ、遊びであれ、外に用事があるときに着ます。
外でコートを脱ぐとき、それがレストランであれ、友人宅であれ、仕事先であれ、自分でコートを脱ぎ着することの方が稀です。
ね、ヨーロッパ在住の皆さん、そうですよね? 自分で脱いでもクロークに預ける、ハンガーに掛けるのは他人であることがほとんど。

つまり、裏地は他人の目に必ずさらされます。
やっぱりこの染みだらけの裏地はまずい。

しかし、これをリフォームに出すと結構なお値段がかかると予測され・・・。
そこまでお金を払うなら気に入った新しいコートが欲しい。←今までこのパラドックスから抜け出すことができなかった。

まず考えたことは、
この染み、ちょっとましにならないかしら。
ということで、酵素系の漂白剤を麺棒で塗ってみたり、いわゆるシミ抜きを試してみた。
・・・が、とてもそんなものでどうにかなる状態では無かった。

で、思い切った。
「裏地をもっと濃い色に染め直そう。」
手芸屋さんで染料を買えるのは知っていました。
一袋3ユーロほど。茶色にするか濃いグレーにするか、迷って・・・オリーブグリーンにしました。

毛皮の裏地は絹です。比較的染まりやすい布地です。思ったより簡単にコートから外せました。
熱湯に染料と塩と酢を入れて20分間。
実は1回目、失敗しました。 染料につけておく間、布を揺らすように書いてあったのですが、途中でしばらくほったらかしにしたせいで、まだらに染まってしまった。
で、次の日、もう一度手芸屋さんまで出向いてもう一袋購入。

今度は20分間揺らし続けました。 (そういえば、きものを染める職人さんが、布を染料の中で揺らしているのをテレビで見たことを思い出した。)

2回目でほぼむらなく染め上がりました。
c0180339_4353145.jpg

裏地をよく乾かした後、布地にアイロンをかけ、形を整え、肩のふくらみに合わせてしつけ縫いをしました。
ここが一番難しかったか。

後は縫い付けて行くだけです。

で、出来上がり。
タグももう一度つけておきました。(その方がなんとなく様になる気がしたので。)

細かく見ると縫い目が荒いのが見えたりするのですが、染みだらけの状態よりはるかにましになりました。
これならなんとか着れる。
c0180339_15573331.jpg

まったく、数百ユーロ節約しようと思うと大変です。週末一杯かかりました。
素人ができるのはここまでですね。
毛皮のコートだったらもうお手上げです。

みなさん、毛皮のコートの裏地は汚れが目立たない濃い色にされることをお勧めしておきます。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-22 15:59 | 趣味・手習い | Comments(8)

ピアス2種

コットンパールのネックレスに合わせてピアスも作りました。
c0180339_3274346.jpg

いや、余ったコットンパールを使い切ったとも言えるが。

これでしばらくアクセサリーを買わないで済みます。

先日(↓)のブログでアップしたネックレスとブレスレットにも使用したコットンパールは合計3500円ぐらいでした。黒の淡水パールは格安で購入しましたし、ビーズは大した量を使っていません。使った物だけの材料費は4-5千円というところでしょうか。

つぶし玉や留め金等、ストックにあるものを使いました。最近手芸屋さんでなんとなく買い集めていた物をいろいろ試すことができました。

これからは友人のプレゼント用に作ってみたいです。

昨日より母親から譲り受けたものの大リフォーム大会をしています。
これがまた手間がかかるんだな。
昨日やった作業がうまくいかなかったので今日やり直し。
明日には次の作業にかかることができそうです。

縫物は苦手なんですけどね。
明日写真をアップします。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2013-04-21 03:28 | 趣味・手習い | Comments(2)

最新のコメント

楽しい記事をありがとうご..
by ピノ at 07:34
kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧