ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大晦日ご挨拶。

2012年も今日でおしまい。
振り返って見ると、ギリギリですが何とか年内に新しい事業を開始することができたことが唯一と言って良い前進でした。

デンマークでの1週間のクリスマス休暇でリバウンドしつつあるものの、何とか2年前の体重には戻っており、できれば来年もこれをキープしたいと。

姉が夏に遊びに来て、一緒にイスタンブールに旅行したことは、ムスリムの国にあまり行ったことのない私には発見の旅でした。

日本の家族がとりあえず元気で過ごせたことは良かった。

止められない老化現象を自覚し、それにいらいらしつつも、自分に妥協しながらゆるゆる生きていかねばならないと言うことを受け入れた。

さて、来年も良い年でありますように。
c0180339_20422128.jpg


良いお年を! Guten Rutsch!


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-31 20:46 | ドイツ生活 | Comments(2)

デンマークで買った物。1

クリスマスも終わった28日、
「SALE」の文字も目にまぶしいコペンハーゲンの街中へショッピング!

そうして、とうとう、10年来、希望し続けてきた物を手に入れました! 
c0180339_4164489.jpg


ジョージジェンセンのカトラリー 「Vivianna」(4人用セット)

このカトラリーに関しては2009年に一度記事を書いています。 どれほど思い入れがあったか!ご参考にまで。(2009年の記事にリンク)

どうしてここ10年、これほど欲しかったのにも関わらず買わなかったのか。
しかも、毎年1,2度は必ず訪れるデンマークで、そのたびにヴィヴィアナシリーズはチェックしていたにもかかわらず、です。

答えは簡単。

高かったから。

とにかくジョージジェンセンのカトラリーシリーズの中でステンレス、つまり日常使い用として製造されている物の中では一番高かった。(アルネ・ヤコブセンやヘニング・コッペル デザインの物より高い。)
しかも、他の物がセールになっていても、Viviannaがセールになることは無かったんです。ここ10年。
ヴィヴィアナがセールにかかったのを見たのは初めてです。(しかも40%オフ)

買わずにはおられません。

毎回、「まあ、重いし、また今度にしよう。」 と自分に言い聞かせておりましたが、このエクスキューズはSALEの4文字の前にはきれいさっぱり雲散霧消。

おかげで帰りのスーツケースはまたもや20kg越え。

しかし、うれしい。ようやく手に入りました。
これで食べるような料理を作らねば。

デンマークで買った物その2、3、はお正月休暇中にアップします。(年越しのシリーズだな。)

さて、明日はいよいよ大晦日だ!


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-31 04:23 | 旅情報 | Comments(4)

冬の海。

30年来のデンマーク人の友達は、既に家族ぐるみで30年来のお付き合いということになります。
友人宅に泊まるのはもちろん、友人の家族のサマーハウスにも何度となく来ています。
今日はお天気も良かったので久しぶりに冬のサマーハウスに行ってきました。
c0180339_7113130.jpg

サマーハウスはビーチに面して建てられています。

実のところ、私はたぶん冬の海の方が夏の海より好きだと思います。
寒いし、風は強いし、暗いし、あまり良いイメージは無いのですが、
c0180339_7115134.jpg

この解放感はいったいどこから来るのか。

空気がきれいなおかげか、風が強いからか、全てがフレッシュに洗われたような気分になります。
友人と友人のお母さんと3人で歩きなれたコースを散歩。

サマーハウスのお隣さん、隠居してスペインにお住まいですが、クリスマスは故郷に帰ってきています。
コーヒーに誘われ、美味しいシュトーレンと一緒にごちそうになりました。

ディナーは友人のいとこのおうちで子供たちと一緒に。
c0180339_712769.jpg

ローカルな家族づきあいを満喫中。

明日はコペンハーゲンに移動。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-27 07:13 | 旅情報 | Comments(6)

デンマークのクリスマス。

今年のクリスマスを4年振りにデンマークで過ごすことになりました。
友人家族のクリスマスパーティーに参加させてもらうのは数年に一度、もう何度目でしょうか。
ご存知の方も多いでしょうが、ドイツや北欧のクリスマスは家族でお祝いするのが一般的です。
結婚して子供がいる家庭の場合、自宅で今年は母方の両親と親戚を迎え、その代わり翌年は父方の両親を、という具合に年毎に交互に招待したり、逆に招待されたり。中には24日を父方、25日を母方、と毎年忙しいスケジュールをこなす家族もあるようです。
つまり一族の問題が過密スケジュールの中に詰め込まれて一年のうちでフラストレーションが一番たまる期間とも言えないことも無い。離婚に至る夫婦間の不和の発端がクリスマスにあったと言うのはこちらでは良く聞く話です。
幸いなことに友人の家族はクリスマスを皆楽しみにしており、大人も子供もプレゼントを贈ったり送られたりするのを心待ちにしています。
c0180339_531270.jpg
 
今年は新しく建ったばかりの友人のお兄さんご夫婦宅でパーティーです。お兄さん夫婦と3歳のお嬢さん、友人と友人のお母さん、お嫁さん側のご両親、私を入れて8名。
24日お昼前に集まり、伝統的なデンマーク料理、スープで軽めの昼食。歓談したり、散歩に出たりして夕方まで過ごします。
c0180339_5455.jpg
 
夕方、早く寝る3歳の娘の為に用意されたプレゼントをクリスマスツリーの前に集め、みんなでクリスマスソングを歌いながらツリーの周りを手をつないで回ります。
c0180339_542728.jpg

大人7人に子供が一人です。プレゼントの量は他人から見ると「子供がスポイルされないか。」心配するに足りるほどと申し上げておきましょう。デンマークは少子化問題からここ数年は解放されたとはいえ、先進国です。子だくさんの家は少ないです。
3歳の一人娘がプレゼントを次から次へ開けていると、サンタクロースが!!
c0180339_544881.jpg

彼女がびっくりしたのは一瞬でした。
「・・・おじいちゃん。」と次の瞬間に切って捨てたのに、あわてたのは大人達の方。

「サンタがあなたのおじいちゃんにそっくりで良かったわねー。」
・・・お母さん、それはフォローになって無いです。
 
その後、全員でディナー。鴨のロースト、チキンのロースト、豚のローストなどがデンマークのクリスマスディナーに選ばれることが多いようです。
子供が寝た後20時ごろから今度は大人達のプレゼントをクリスマスツリーの下に集め、プレゼント大会大人バージョン。
ドイツでさえもそれほどではないそうなのですが、デンマークはとにかくプレゼントの量が半端ではないです。
我々が友人のお兄さん宅に車で移動中すれ違う車は皆、後部座席にクリスマスプレゼントがぎっしり雪崩を起こしそうな勢いで積まれています。
つまり、デンマークにおいてクリスマス前は一番物が売れる時期であることはゆるぎない事実と言えます。

夜中まで歓談は続き、24日の夜は全員お兄さん宅に泊まりました。
25日はブランチを全員で食べ、それぞれ帰宅。
家族によっては場所を替え25日のランチをクリスマスディナーとして、またごちそうを食べるようです。
26日は聖餐こそは一緒にしなかったけれど、比較的近くに住んでいるいとこや、家族で付き合っている友人等を訪ね合ったりして過ごす人が多いようです。我々も例にたがわず、友人のいとこ家族を訪ねる予定。
それぞれの家族でいろいろなしきたりがあるようですが、デンマークでは誕生日、結婚式、クリスマス、とにかく一族が集うパーティーの時には皆で歌を歌います。カラオケではなく皆が良く知っている「文部省唱歌」デンマーク版みたいな歌です。
反抗期のティーンズ、一見不良を気取っている男の子でさえ、真面目に歌います。
一族の伝統を老いも若きもごく自然に尊重している。そういうところを見ていると、デンマークと言う国は健全だなあと思えるのです。
c0180339_551742.jpg

少なくともゲルマン民族系のヨーロッパ(北欧、ドイツ、近辺)のクリスマスはこんな感じのはずです。ラテン系のカトリックの国のクリスマスについては良く知りませんが、もう少し宗教色が強くなると思われます。
つくづく日本のお正月とヨーロッパのクリスマスは似ていると思います。いや、似ていてほしいな、と思います。



人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-26 05:06 | 旅情報 | Comments(4)

デンマークに到着。

フランクフルトも数日間白い朝を迎えましたが、今朝、雪は既に溶けて比較的暖かかったのですが、デンマークのジェットランド半島側は吹雪いていました。
c0180339_058185.jpg

駅まで迎えに来てくれた友人の車で友人宅に落ち着いたのがお昼過ぎ。

そうです。 朝フランクフルトを出てお昼ごはんはデンマークで友人と一緒に。
ヨーロッパに住んでいるからこそ出来ることとはいえ、

奥さん、今朝私、何時に起きたと思います?
3時半ですのよ。 朝とは言えません。真夜中です。

何故ならば朝7時15分発のコペンハーゲン行きに乗ったから。
通常なら朝の便だし、ヨーロッパ域内のショートフライト。チェックインも荷物を預けるだけですし、1時間ちょっと前に空港に着けば良いと思っていたのですが、昨日フライトアテンダントの友人が電話で

「ホリデーシーズンの空港の混雑を甘く見てはいけない。」と忠告を受けました。

と言う訳で、朝の5時半前には空港に到着。

・・・正解でした。
ドロップラゲージカウンターの前にはいえ、カウンターのはるか遠くから長蛇の列!

通常でしたら15分も並べばチェックインは終わります。
30分以上並びました。

持つべきものは専門家の友。時間に余裕を持っておいて良かった。
いつ果てるともない長蛇の列を前に、時間に余裕がなければ待っている間胃が痛いことだったでしょう。

チェックインが終わったらセキュリティーチェックですね。 これは全てのラインが機能していたのであまり時間はかかりませんでした。
しかし、朝早い時間でこれですから、今日の午後便の人はチェックインにどれぐらい時間がかかるのか想像もつきません。

16時半で既に真っ暗なデンマーク。ここ数日が一年で一番夜の長い時期とはいえ。
c0180339_0582781.jpg

しかし、高級家具で揃えられた友人宅はぬくぬくと、外は雪景色。
オーブンからデンマークの伝統料理、豚肉のローストの香ばしい良い香りが。

明日はクリスマスファミリーパーティーが友人のお兄さん宅で開かれます。一晩あちらにみんな宿泊予定。
プレゼントも準備できました。

今晩は早めに寝るつもりです。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-24 01:01 | 旅情報 | Comments(4)

クリスマス休暇。

私のように自営業者にはあんまり関係ないのですが、今年のクリスマス休暇は長い。
月曜日が24日と言うどんぴしゃな日程です。

本当はドイツのクリスマスの祝日は25,26日です。
もしかしたら24日開けるお店もあるかもしれませんね。

24日が週の半ばだったりした場合は半ドンで帰ったりするところが多い。
昨日21日金曜日は15時以降仕事をしている会社ってあったのかしら。

27、28日、31日(通常は半日働くところもある)と、3日間休めばなんと、今日から1月1日まで11日間連休!
ちなみに1月2日から通常営業がほとんどです。
c0180339_23355882.jpg

この時期はお子さんがいらっしゃる家庭はたぶん優先して休暇がもらえていると思います。
しかし、律義に27.28日働く人も半分ぐらいはいらっしゃるようですよ。

スキーに行かれる人も多いようで、交通渋滞が予想されるとニュースで言ってました。

友人からのクリスマスプレゼントや、カードがここにきてようやく届き始め、(と言ってもまだ22日ですからこれが普通のスケジュールですね) クリスマス気分も一気に盛り上がります。

ほとんどのお店が26日までの4日間クローズすると予測され、きっと今日、土曜日のマーケットやスーパーは大混雑!と見ていましたが、なんか、ふつーでした。
お客様もいらっしゃるでしょうし、パーティーの準備もある。
なんでみんな必死で買い物をしていないのか。

パーティーの準備はもう済ませている人の方が多いんでしょうか。

なんだかこっちも気が抜けてしまいました。
日本の年末のように、人混みの中、あちこちで店員さんの威勢のいい掛け声が聞こえ、必死で買い物をする、あのにぎやかさが懐かしい。

ま、明日4時起きだし、(朝7時30分のフライト) 荷物多いし まだお腹も痛い。
さっさとスーツケース締めちゃおうっと。



人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-22 23:38 | ドイツ生活 | Comments(6)

クリスマス休暇前。

休暇前、ドイツ人は急に良く働くようになる。

もう、必死でメールの返信を送って来る。

メールは全部返した状態で休暇に入りたい。と言う本音が見え見えです。
まあ、結構なことなんですけど。

おかげでPCの前に座りっぱなしのここ数日。
腰がやられ、どういう訳か、下痢Pになりました。

食べすぎか? と思いすぐ直るだろうと思っていたら、既に3日目に突入。
他の症状は無い物の、腸が風邪を引いたのではという疑いが。

最近それほど外に行かないのに一体どこで風邪を貰ったのか。

そういえば2年前も今頃時限爆弾を抱えたようなおなかの調子でドレスデン(しかも大雪)に行きましたなあ。
今回はデンマークっす。
日曜、朝一番のフライト。
明日の間にできるだけ治さないと。

いつもなんかギリギリのロッテンマイヤーです。
c0180339_0534991.jpg

朝6時のフランクフルト。むっちゃ寒そう。 昨晩雪が降ったようです。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-22 00:54 | ドイツ生活 | Comments(4)

丸くなったのか?

最近年をとったせいか、ふと気付くと自分が
「ああ、丸くなったなあ。」と思うことがある。
c0180339_4533540.jpg

「ああ、もう、太っただけとちゃうん」、と言う突っ込みがあっちこちから聞こえてくるようですが、

違います。

性格が丸くなった、と言うことです。

ドイツ人と仕事をすると、あちらがミスをしてもすぐに謝って来ることはほぼない。
100%あちらが間違っていても、特に電話で謝られることはないです。

処理が終わって、最後のメールで いやー悪かったね、みたいなニュアンスの事を書いてくることはあっても。

たぶんそういう非を認めない人達と仕事をし続けていたからなのか、最近、ミスを発見しても、それをミスとして指摘することは無くなりました。

現実の状況を説明し、それを打開するために、こうしてください。と言う指示を出します。

「一体なんてことをしてくれたの?!」と事をメールに書いても・・・おこっちまったことは仕方ない。
ええ、あきらめの境地でござります。

(どうせ、ドイツ人あやまんないし。)

もう、淡々と、相手がすべきことを書きつづり、現状からの脱却を図ります。

昔、若かりし頃、日本で仕事中失敗をするとそれこそ、鬼の首でも取ったように頭ごなしに怒る上司や、お客さんに度々遭遇、胃を痛くしながらしぶとく対処してきました。
それを思えば、なんてやさしいの、私。

ドイツ人は謝りませんが本当は心の中では「しまった。」と思ってはいます。

ですからそれこそ、理詰めで冷静にきっちり逃げ場なく攻めると、ドイツ人は泣きだしますね。
いや、泣かせたことは無いですけど、この10年の間にはいろいろありましたから。
「あー、半泣きだな。」みたいな状況に相手を追い込んでしまったこともあります。

今はこちらも省エネで、わざわざ相手を刺激することも無く、とにかくより良い結果に向かって「できることはやってよね。」と御親切に、逃げられないようにきっちり指示を出して任務遂行に励んでもらうことにしています。

ま、多少自分にストレスたまるかもしれませんが、怒りを爆発させてもそれはそれでストレスになるしー。
面倒くさいことはとっととケースクローズしちゃうのが一番。

ね、丸いでしょ。

(もしかしたら黒いかもしれませんが。)


人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-20 06:21 | ドイツ生活 | Comments(4)

クリスマスプレゼント

ようやくクリスマスカードを郵便局に出しに行きました。
ついでにドイツ人友人、その家族、イギリスの友人へのクリスマスプレゼント小包も出してきました。
この時期の郵便局はプレゼントを受け取る人、出す人で大変混雑します。クリスマスカードを出す人用の特設コーナーもありました。

さて、残るはデンマークの友人と家族全員のプレゼント。
c0180339_0292833.jpg

実際、かなりの人数分で、日本で購入してきたプレゼントをどう振り分けるか、結構難しい。
ドイツとイギリス分が既に郵送できたので少し数は減ったものの、

「以前似たようなものを贈っていなかったか。」

「家族の中で不公平感は無いか。」

まー気を使うことこの上ない。

特に以前何を誰に送ったかなんて、覚えてません。
振り分けて、梱包する作業は困難を極めます。
めったにこんなに頭を使わないので、ショートしそうです。

おまけにパーティーに顔を出したら、だんな側の親戚も来ていた、・・・とくりゃ、せめて子供には何かプレゼントを見繕う必要もあり、そういったイレギュラーに対処できるよう、少しプレゼントの数は余裕を持たせなければなりません。

これがなければ、クリスマスも結構楽しみなんですけどね。

やっぱ、この時期日本に帰るのが一番と言うことか。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-19 00:31 | ドイツ生活 | Comments(6)

マイブーム色

以前、黒のマニュキュアについて言及したことがありましたが、(ご参考にまで)最近、きれいな色のマニュキュアよりもどちらかと言うと、今まで「ありえない」と思われていた色のマニュキュアに魅力を感じます。

最近購入した2色。
c0180339_21245284.jpg

グレーとナイトブルー。
黒にせよ、グレーにせよ、無彩色や寒色系はマニュキュアの世界では外道と言っても良い色。
同じ強くても赤系の色ならば昔っからありました。

最近結構街中で黒やグレーの爪を見かけます。
どの人にも言えることですが、こういう個性の強い色を塗っている人達は押し並べて

「爪を短く切っている。」

ジェルネイル等で可愛く凝った爪の持ち主は伸ばしていることが多いですが、単色で目立つ色を塗っている人は爪をちょんちょんに切ってから塗っているようです。

確かに、長い真っ黒な爪はホラーだ。

私は爪が弱いので伸ばすのは苦手なのですが、そういった人には個性的な強い色の流行は願ったりかなったりかも。

ちなみにこういう強い色を塗るとすぐ爪先がすぐに欠けてみっともないと言う方もいらっしゃいましょう。
おっしゃる通り1日で先の方は、はがれたり欠けたりします。
しかし、先だけ色を補填すればもう一日ぐらい持ちます。

私はマニキュアは長く持たないとあきらめて開き直ることにしました。
強い色を塗るとひと塗りできれいに発色してくれます。つまり、乾くのも早い。失敗も少ない。
ですから、3日ぐらいでリムーバーで落としてしまいます。
また塗りなおせばよいのですから。ちなみに、落とすのも1度塗りだとそれほど大変でもない。
1週間持たせようとすると2度塗り、更にトップコートを塗る等の行程が必要になり、時間もかかるし面倒くさい。
爪が短いと意外と長持ちしたりもしますしね。

リムーバーが爪に良くないと言う方もいらっしゃるでしょう。
私は出掛ける時ぐらいしかマニュキュアをしないので毎日爪の先まで美しくないといけない方には、わたしとおなじような開き直ったマニュキュア使用法は無理かもしれません。

たまに、おしゃれしてみるか、と言うチャンスがあった時、マニュキュアで遊んでみるのも楽しいです。
両手を塗って乾くまで10分ほどのことですから。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-12-17 21:31 | ドイツ生活 | Comments(6)

最新のコメント

楽しい記事をありがとうご..
by ピノ at 07:34
kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧