ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

干物女。

やっほー!
ちゃんと自分のWLANにつなげています。
アンテナは5本立っています。(お隣から借りているのはさすがに3本だった。)

ドイツテレコムから新しく出されたパスワードなどのデータが郵便で無事到着。
再びテレコムに電話をしてインストラクションをもらいながらつなぐ作業に取り掛かる。

実際のケーブルがどうやら間違って差しこまれているみたいで、
「一旦この電話を切ってもう一度電話します。」
というとオペレーターの兄ちゃんが
「あー、じゃ次はたぶん僕じゃないと思うけど、ちゃんとどこまで進んだか記入しておくね。ケーブルつなぎ直したらまた電話して。」
「ま、とりあえず良い日を。グッドラック。」

・・・このグッドラックはどういう意味だったのか。

間違いを正してケーブルの差し込みをやり直したらつながったわよっ。あのお兄ちゃん絶対ケーブルのつなぎ方わからなくなったと思ってたわね。

ふんっ。おばちゃんは気合でつなぐんですのよ。

さて、気合ではどうにもならないプリンターは(確実に死んでます。)明日か明後日に到着するニューフェイスに期待するほかありません。
c0180339_22453137.jpg

手紙を地階にあるポストに取りに行くために部屋から出、階段を数階分降りたところで、見知らぬ日本人男性とばったり出くわしました。

「・・・新しく入居されましたか?」と一応アパート内一番古株としては聞いてみました。

「いや、友人宅に遊びに来ているんです。」
後ろのドアから、数度お目にかかったこともある日本人女性(つまりご近所さん)が出てこられてご挨拶。

お二人はお出かけのようで、女性はしっかりお化粧もしてワンピース姿。ハンドバッグ片手ににっこり。

私もにっこり微笑み返したものの、

髪は昨日洗いっぱなし。(3か月美容室に行っていない。)
ユXクロのTシャツ。ジーンズのハーフパンツ。
下に行くだけなのでつっかけをはき(冷え対策で靴下も)
・・・もちろん朝から顔を洗って歯を磨いただけ。すっぴん。

人に会うとは全く思っていなかった。(油断し過ぎか。)

うちのアパートは10部屋しかありません。ほとんどの人は平日仕事で留守。
部屋で仕事をしているのは私ぐらいです。
地階のポストに行くのも家の中を移動している感覚でおりました。

いや、これがドイツ人のご近所さんだったら全然問題ないんですけどね。
(ドイツ人はいつでもたいがい今日の私と似たような格好をしている。)

まあ、お出かけになったお二人はすでにすれ違った(2度)だけのおばちゃんのことなど気にしていないと確信しておりますが、

「いかん、干物女化しつつあるな。」
と、反省した次第。

そういえばさすがにつっかけと靴下は無いけど、まあ、この格好で近所をふらふらしているのは毎日のこと。

やっぱ、まずいか?
 



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-31 00:08 | ドイツ生活 | Comments(10)

呪い、なのか?

1週間ほど前、
プリンターのインク、マゼンダが切れているというサインがでて、インクを入れ替える。
そうするとその次、シアンが切れているというサイン。

・・・いやな予感。
シアンを入れ替える。

やっぱしか!

イエローもインク切れのサイン。 
c0180339_2129473.jpg

イエローはまだ結構入っているのにインク切れのサイン。
電源を切ってリセットすること何十回。

イエローも替えてみた。

今度は黒のインクが切れたと。

はい、壊れました。
プリンター、いっちゃいましたね。これはドイツに来てから3代目(3台目)じゃないかしら。
まだ2年ぐらいしか使っていないと思いますが、まあ、100ユーロもしなかったし。
先代、先々代のプリンターもほぼ同じ壊れ方をしましたね。

あきらめて同じインクが使える機種をネットで探して注文しました。

で、昨日はルーターがおかしくなったのか、ただ単に電話回線がいつものように少々不安定だったのが原因か、とにかく、、

ネットがつながらない羽目に・・・

昨日このどうしようもない怒りを誰かに訴えたくて、日本におります姉に電話。(いつもはスカイプだけど、ネットつながらないし。)

そうすると姉も職場でネットが急につながらなくなって、何とかしなくてはいけないという状況だった。

そして、この窮状は、これまた、プリンターの不具合から始まったらしい。

まず、カラープリンターの何かのサインが点灯したまま消えなくなった。(私と同じ。)
そしたら急にネットがつながらなくなった。

いえね、 プリンターとネットは全く別物ですし、故障が続いただけなんですけどね、姉は日本で、私はドイツで、ほとんど同じような目に合っているって、どういうこと?

それともなんかこの二つの不具合は相関関係があるんですか?

どなたかご存知の方、いらっしゃいません?

ただ単にデジタル世界と相性が合わない姉妹なのかもしれません。

そうでなければ・・・(↑タイトルに戻る。)




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-30 00:47 | ドイツ生活 | Comments(6)

お隣に借用せし物。

今日は祝日でドイツはお休み。
のんびり起きていつものようにPCその2を立ち上げる。

ネットにつなごうと思ったら

・・・?

WLANがつながらない。

ルーターとケーブルでつないでいるPCその1もつながらない!

ルーターのオンラインのランプがついていない。したがってインターネットのランプもついていない。
いつもは1-2度ルーターの電源を落としてつけ直すと直るのですが、今朝はそうはいかなかった。

1時間ほど格闘したのち、覚悟を決めて悪名高きTELECOMに電話。

どうやらルーターが初期化されちゃったみたいで、もう一度PCとつなぎ直さないといけないようなんです。
しかし、パスワードとやらが行方不明。2008年に発行されたパスワードはあるのですが、それとは違うみたい。

結局、
「全てのデーターを発行し直します。水曜日に手紙でそちらにデーターが到着しますので、それでつなぎ直してください。」

「ぅうええええっ?」(←びっくりしすぎて意味不明。)

「ええ?今日、仕事しないといけないんですけど!?」

「いやまあ、しょうがないっす。」
「一体何がいけなかったの?」
「いやーそれはわかんないっすね。」
としばらく押し問答。 パスワードぐらい今日出してよ。という願いもむなしく。

・・・途中で電話切られたし。

結局3回TELECOMに電話し、昼過ぎまでご飯も食べず、ひたすら時間を無駄にし、疲れ果てて、
「もういいや、水曜日まで待つ。」
すっかり投げやりになり、

「あーめんどくせー、もう仕事すんの。やーめた。」
とやさぐれておりました。

ネットがつなげないと、これほど絶望的になるとは思いもしませんでしたよ。

しばらくして、
「そうかメールは携帯で見れるか。」
と、気が付きメールのチェック。

それから、

そういえば隣の部屋のWLAN、つながるんだ。 と思い出した。
実はお隣の部屋は何度か入れ替えがありましたが、何人かの隣人にはうちのWLANのキーワードをお貸ししたことがあったのでした。

つまり、逆もありかと。早速お隣に電話して、キーナンバーをお借りしました。

ということで、実は今、お隣のWifiとつないで快適にネットをつないでおります。

全く問題なし。

水曜日まで、これでしのごう。

醤油や塩をお借りすることは無いですが、WLANをお借りしました。

まあ、なんと言うか時代ですな。
しかし、どんな時代でも隣人とは良いお付き合いをしておかねばならないと肝に銘じましたよ。

ルーターを買い直そうかと思う今日この頃。
c0180339_3365886.jpg

現在はPCその1、その2、携帯(メール用)。全部つながっております。(お隣のルーターに。)




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-29 03:42 | ドイツ生活 | Comments(8)

Geuro?ギューロ?

あー。
世の中またおかしなことになってきてます。
c0180339_17404756.jpg

ギリシャは世界中の人が認めているように破綻しています。

で、もうユーロ通貨圏に残る気力は無いこともみんな知っています。

でもヨーロッパの人達はそれを認めちゃうとちょっと困ったことになるようです。

それで、ドイチェバンクが「Geuro はどないだ?」と提案しているようです。

ギュ―ロはつまりギリシャの国内で通用する通貨で、Euroに交換できますが交換すると1ユーロは2ギュ―ロぐらいになるらしく、つまり、ほとんど国内でしか使えない。
ギリシャ国内で生産したものの輸出は半額できるけど、輸入物が全て2倍の価格になります。
つまり、たくさんいる(正直居過ぎる)ギリシャの公務員の人達への給料はギュ―ロになる。
かさばっている年金もギュ―ロで支払う。

つまり、ギリシャ人の年金生活者は、ギリシャ国内で一生のんびり生活している分には現状のまま。ということか。

しかし、先日のブログでも書きましたが、ギリシャでは多くの日用品をユーロ圏内からの輸入に頼っている。

ギュ―ロになったら、自給自足で生きるしかない感じですが。

パラレル通貨構想っていうのは前からあったらしく、実際南米のとある国ではUSドルが海外取引では正式に使われて、自国通貨はまあ、国内をくるくる回るだけのところもあるみたいです。

Geuroから発展してDeuro Feuro Seuro と全てのユーロ圏の国がパラレル通貨を持つことも考えられているらしく、(それって、ドイツ一人勝ちじゃん。) 

なんか、


昔ままごとで使った、

「日本子供銀行」みたい・・・。


って、思ったのは私だけでしょうか。





[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-27 17:45 | ドイツ生活 | Comments(2)

ショートにします。

いつの間にか帰国10日前になってました。
本当にあっという間です。

前回の帰国時3月5日に美容室に行ったっきり。6月6日に美容室に行く予定なので丸3ヶ月ぶりです。

さて、以前、「メグ・ライアン」でお願いします。
と言って、表参道の美容室の担当の方を固まらせてしまった私。(リンク貼りました。)

今度は

「ミシェル・ウィリアムズ」でお願いします。

ああ、担当の方はお困りになるでしょうな。どういじっても髪形はさておき、顔はどうにもならんし、体型もどうにもならん。
お嬢さん方、ええ、おばちゃんになるとね、何でも言えるようになるんですよ。
20代ではとても口にはできないような厚顔なことも平気で言えるようになります。
そして、相手を笑わせないだけの迫力、みたいなのも自然と身につきます。

だいじょうぶ。(何が?)


何故、ショートにしようと思い立ったのか。
それは久しぶりに買った洋服には、この髪型がぴったりだと思ったから。
c0180339_2281150.jpg

ええ、脳内補正のおかげでこのトップスを着た私は、なかなかいけてます。
(すみません、自分以外の人が見たら脳内補正がかからないのでちょっと残念なことになっていると思います。)

ちょっとオーバーサイズ(イタリアの42。通常私はイタリアサイズ38か40です。)だったのですが、その分長かったおかげか、おしりが隠れます。ミニスカートと組み合わせるかスパッツと組み合わせるか、と言うのが一番ぴったり来ます。細身のパンツとの組み合わせもOKでした。

今までの私の買う洋服はどちらかと言うと、着崩せたり、組み合わせによっていろいろ工夫して着られるものを買うのですが、今回のこの洋服は、完璧に出来上がっています。
洋服自体をいじってどうこうしないほうが良いみたいです。(まあ、細身のベルトでウエストをマークしたほうが良い場合もあるが。)

ミュウミュウの服は他に1着しか持っていません。私にしては珍しいことです。
(この年でミュウミュウは無い。とおっしゃる向きもあるやも知れませんが、気に入った服を着れるのは、独身で自営業の特権ですわ。ほほ・・・)

脳内補正しても
「ちょっとあかんか。」と言う自覚が少し。
二の腕、これ何とかなりませんかね。
この振袖付きの腕を出して歩くのは犯罪行為かもしれない。ともちょっと思う。

後10日ほど、二の腕引き締めの体操するかな。(←焼け石に水っ!)

c0180339_2372230.jpg





[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-26 02:47 | ドイツ生活 | Comments(14)

ぐるぐる。

いや~目は回っていないんですが、この暑さでやられました。

ちょっとひ弱すぎる気もしますが、この連日の30度越えに体温調節機能がついて行けていないようです。
体が冷えていても汗をかいたり、頭痛がしたり、午後からちょっとへばりました。
c0180339_2122464.jpg

19時過ぎ、全然日が高い。夜10時をすぎないと気温の上昇が止まらない。

今は自営業の気軽さ、体温を調節すべく(リセット?)17時からお風呂に入り、少し持ち直した感じです。
これからサボった分仕事します。

これは一種の夏バテなんでしょうか。周りの空気が暖かくなりすぎると、体温が従来あまり高くないだけに調子が悪いみたいです。

まあ、しかし、それはともかく
なんでしょう、このユーロ安っ!
100円切っちゃってますけど。

あんまり大騒ぎしていないような気もしますが、どうしてかしら。

日本の株も下がってしまって、なんだかいつの間にかえらいことになっている。

ユーロが日本円に対して120円から140円ぐらいの間が一番落ち着くと私は感じています。たしか、他の在外日本人の方達もそんなことをおっしゃってましたから、たぶん生活者としての実感がそうなんでしょう。
明らかに100円を切るのは異常です。

問題はこれがいつまで続くかなんですよね。

この気温の高さも異常なんですけど、常態から異常への変化の速さについて行けないのは

年のせいです。・・・はい。




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-25 02:13 | ドイツ生活 | Comments(14)

ユーロ安考察。

いつの間にか、ギリシャはユーロからはずれることになっているんですか?
c0180339_23515184.jpg

まあ、最初から無理があったような気がしないでもない。
しかし、離脱後のギリシャは一体どうなるんでしょう。
ドラクマに戻るのかな?ギリシャの会社と取引をするのは今よりもっと危ない感じになりそうな気がします。
産業分野は伸び悩むでしょう。

でも、ギリシャの稼ぎ頭「観光業」にとってはどうなんでしょう。
ドラクマがユーロに比べて安くなれば、観光客にとってはありがたいでしょうね。
ギリシャに住んでいる人にとっては、車とか、電気製品とか、自国で作っていない輸入物をドラクマで買うのがとても難しい時期が続くでしょう。
ギリシャに行った時一般のスーパーでドイツメーカーの歯磨きやお掃除モップが普通に売られていました。ギリシャ製の物は、無かった気がする。もしくは品質に差がありすぎるのか?
しかしこういう日用品さえ輸入に頼る国にとっては、通貨の価値が下がると日々の生活に困ることになりそうです。

農業国、産業国、であることはいつの時代も国として大切なことだとつくづく思いますね。

それにしても、ギリシャ離脱後はスペイン、そしてポルトガル、イタリア、と、結構問題の多い国が控えております。
そのあおりでユーロ安ということらしいのですが、

あと2週間で日本に一時帰国の身としては、悩むところです。
とりあえず、日本にある円貯金を使い果たして、できるだけユーロを使わずに済むようにしないと。
c0180339_23521954.jpg

ギリシャの離脱後の様子を見て、事に寄ったら来年あたり、ギリシャにバカンスもいいかな。なんて。
写真は2002年のギリシャ旅行から。ああ、もう10年たつのか。
 



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-24 00:02 | ドイツ生活 | Comments(0)

夏日。

あっつー。
5月の後半といえどもいきなり30度越え。

今午後20時35分ですけど、この明るさです。
c0180339_340219.jpg

洗濯ものを部屋干ししてもあっという間に乾きます。

それにしても昨日と気温差がたぶん15度ぐらいあります。
結構体にはきついですね。
寝苦しい夜になりそう。

今頃から2ヶ月間ぐらい、夜9時ごろまでぼんやりと明るい日が続きます。
明るいのはうれしいのですがいまだにこの明るさにはなれないですね。

でも、まあ、ヨーロッパに居るんだなあと実感することができます。
なんとなくバタバタと過ぎた一日。

今日は窓を開けて寝よう。




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-23 03:44 | ドイツ生活 | Comments(6)

日本人口考察

日本の人口が今後激減して行く可能性があり、少子化問題は国の重要な問題である。らしい。
c0180339_1195376.jpg

日本の人口は1億2千万強ですよね?
大きな問題はじじばばの割合が高く、子供が少なすぎると言うところにあると推察。

人口というのは増えている時が一番国として栄えている時なのでしょう。
緩やかに減らすことはできないんでしょうかね。

だいたい日本の国土は1億2千万人もの人口を養うことができるほど豊かなのか?

たしかに産業構造はグローバルになり、日本の企業は海外に進出し、海外で日本国内の人口を養う糧を得ることができる時代になりました。

四季があり、山に覆われ、水が豊富な日本の自然。
しかし一方、台風が来るわ、地震はあるわ、津波も来るわ、竜巻もあるんでしたね。
結構自然災害の多い土地柄と申せましょう。

ドイツの自然災害といえば一番怖いのは洪水でしょう。しかし長年灌漑に国費を費やしただけに近年は洪水の被害は少なく、あったとしても昔のように死者が出たりしません。
日本より気候は寒く、土地の地味はおそらく日本の方が富んでいる。それゆえにヨーロッパより野菜の種類が豊富だったりするのでしょう。

以前より不思議だったのですが、砂漠に住む民は、「なんでもっと住みやすいところに移住せんの?」と思っとりました。
食料を育てるのにも一苦労。わざわざ生きていくのが困難な場所に住まなくても…と思ったりします。

しかし、です。我が身を振り返って見るに、今や日本はまた大きな地震がやってくる可能性が高い、ものすごく危ない地域です。
おまけに人口密度は思いっきり高く、いざ地震が起こった時、死者の数の中に自分が入らないと自信を持って言えるかどうか?
今やドイツ人に「なんでそんなに危ない所住んでいるの?」と聞かれても答えに窮するような状況。

備えあれば憂いなし。
でも、備えないといけないんですよ。しかも、地震への備えってインフラお含めると果てしなくお金のかかることです。

備えずに済むドイツに住んでいると、ここの国はかなり安上がりに国民を養っていけるに違いないと思います。
事によると砂漠に住むほうが安全で今なら安上がりなのかもしれません。

さて、人口の問題に戻ります。
リンク 図録人口の長期推移

明治維新のころ3330万人ほどしかいなかった日本の人口は第二次世界大戦を経てもどこ吹く風で急激に伸び2008年辺りがピーク。
つまり1900年ごろから100年ほどで4倍近くまで増えた人口はこれから100年後には半分ぐらいまで減ると言うかつてみたことがないほどの急な増減を日本は経験することになります。

3011年には日本に15歳以下の人口がいなくなるという説を唱える人もいます。
2075年には日本の人口の42%が65歳以上。こうなると42%は確実に後20年ぐらいでいなくなるわけで、そうなると、急激に人口は減りますな。

しかし、現在1億2千万人いる人口が緩やかに増え続けて良いものかどうか。

人口を緩やかに減らす手立てを考えなくてはいけないのでしょう。今は少子化が行き過ぎているのかもしれませんね。人口の増減を操るのはまだまだ人知には余るものなのかもしれません。

65歳で引退という概念を70歳ぐらいまで引き上げることも考えた方がいいのかもしれません。
今の70歳って若いですものね。まだまだ元気。あらゆる意味で現役でいるべきです。

老人としてみなされるのは80過ぎてからでいいような気がするんですけど。
女性も40代ぐらいまで出産可能なのですから、人生計画モデルを10年ずつは後倒しにしてもいいのではないかと思います。

そうやって現役時代をできるだけ長引かせて国自体を少しでも長生きさせる。

昨年話題になったセカンドバージンというドラマは40代女性がまだまだ恋愛戦線現役とみなされている実情が明らかになりました。

そろそろ60代の恋愛ドラマが放映されるようになるんじゃないでしょうかね。

話がそれました。
私は日本の国土に1億2千万人はちょっと多くないか?と思っています。もう少し敷地に余裕がある方が、とくに都会は、良いと思います。
ドイツと同じで8千万人ぐらいの人口で横ばいになってくれたら・・・と漠然と思いますが、これはまた「神様の言うとおり。」っつうことでそううまくはいかんでしょうな。

交通網のインフラが全国津々浦々いきわたって、通信網も完備した国土に今の3分の2ほどの人口が適当にバラけて居住する。土地の値段も下がるでしょうし、家賃も下がる。お庭で家庭菜園をする人も増えるし、ソーラーシステムの電気でほとんど自給自足をする人も出てくる。

がつがつと外へ出て外貨を必死で稼ぐより、身の丈で平和にのんびり暮らす人の全人口に占める割合が半分ぐらいになると国の運営は楽にならないかしら、と思ったり。・・・あまいか。
c0180339_1201493.jpg
ヨーロッパではウサギは多産のシンボル





[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-22 01:22 | ドイツ生活 | Comments(0)

タティングレース3

タティングレース経過報告。
こんなんできました。
c0180339_6421448.jpg

ブレスレットはちょっと長過ぎた。私より手の大きな人に差し上げることにしたいと思います。
ピアスの方はそれほど時間がかからない割にはなかなか可愛いと自画自賛。
c0180339_6424014.jpg

取り組んでいる大作?はネックレス。
長く作って2重にできるようにしようともくろんでします。
これは難しくは無いのですがとってもめんどくさい。

使っているのは80番のレース糸。普通の糸より少し太いぐらい。つまり結構細い糸です。
目を作って
c0180339_643093.jpg

ひとつの輪を作り、糸の始末をします。これが面倒くさい。堅結びした後いちいち縫い針で出来上がった輪の目にジグザグに通してから余分な糸を切ります。
c0180339_64413.jpg

タティングレースの講習会では初心者向けに10番の糸を使ったのですが、このレース編みの繊細な感じを生かすのはやはり細い糸。
そして細い糸を使うの難しいです。
10番の糸でかなり練習してから細い糸に移行しました。
細い糸も使い始めはかなりてこずりましたが、ようやく慣れてきました。

購入したマニュアル本によると、絹糸なんかも使っていますから、かなり細い糸でもできるようですね。
細ければ細いほど難易度は上がり、進捗も遅くなるわけですが、その分明らかに繊細なものが出来上がります。
作業自体は慣れれば簡単です。左手の動きのコツを自分なりにつかむまでが結構大変ですが、それさえ何とかなれば後は根気。
c0180339_6442987.jpg

カラフルな糸を使って自分なりに小物を作って見るのは楽しいです。
糸は一玉3ユーロから4ユーロぐらい。それほど道具入りませんがカラフルな糸はどんどん欲しくなります。
趣味ってやっぱり結構高くつきますね。




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-05-21 06:47 | 趣味・手習い | Comments(0)

最新のコメント

初めてコメントさせていた..
by ENI at 06:04
楽しい記事をありがとうご..
by ピノ at 07:34
kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧