ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

これからの流通業2

卸売業についてかなりきっつい見通しを書きました.
私があと何年生きられるかわかりませんが、何十年か後に「ああ、2010年代が大きな転換期だったなあ。」と言っているのではないかと思うのです。
c0180339_17525855.jpg

皆さんは何かがものすごい勢いで変わってきている、と感じることはありませんか?

私自身はたぶん保守的な人間なので、変革の最先端を走ることはできません。
かなりいろいろのことが下々に降りてきてから、「なるほどねえ。」と思うぐらいです。
その私が「えらいことなんとちゃうん。」と思うのですから、きっともうえらいことはずっと昔に始まっていたんでしょう。

さて、昨日チャネルキャプテンについて触れました。
現在は大型チェーンストア(というか、日本の場合コンビニを含みます。)が製造及び流通業のビジネスにおける主役です。

しかし早晩には「消費者」にとって代わられると言うのが私の予測です。(っつうか最近読んだ何冊かの本の影響大。この件について以前少しふれたことがあるのでリンクしておきます。

さて、いよいよ消費者の時代。
これはIT化がなければ実現しなかった。

IT化によって
製造業者―消費者 が直につながることができるようになったのです。

こうなると流通業の内二業者
卸売業と販売業がすっ飛ばされることになります。

消費者にとっては中間マージンを払う必要がなくなり、良いものが安く手に入るようになる。
とってもお得。

しかし卸売業者と販売業者はたまった物ではありません。存在価値がなくなってしまうのか?!

卸売業者の見通しについては一昨日書きましたが(これからの流通業1)、今日は小売販売業について書きます。

大型小売店、スーパーやディスカウントチェーンストア及びコンビニはちょっと例外とさせていただきます。
一般の小売店について私が思うに、

小売販売業の存在価値は「変化する」と思います。

今までのように「欲しい物を探して遠方からお客様が足を運んでくださる。」事を期待するのは難しくなる。
ネットで部屋に居ながらにして欲しい物はクリックひとつで購入可能。
勝ち目は無いとみます。

ただし、お店に足を運んで雰囲気を楽しみ、実際に商品を手にして、ためしてみることができるのはリアル店舗でしかできないことです。
そこにはエンターテイメント性が強く現れます。
つまり、これからリアル店舗は「より便利に」ではなく、「より楽しく」、を目指すべきです。

ライバルは「ディズニーランド」

もしかしたら百貨店の始まり、例えばパリのラファイエットやプランタン、ベルリンのKDWができたころ、きっと訪れる人はエキスポ(博覧会)のように思ったのではないでしょうか。
いろいろなものがあって華やかな、特別な場所。
店舗の大小はあっても、リアル店舗にはそういったわくわくドキドキ感が無いとわざわざお客さんが足を運ぶ理由がない。

パリの洋服、雑貨のセレクトショップ「コレット」や洋服・ハウスウエア・インテリアの「メルシー」なんかでは結構お客さんや関係業者(プレス関係を含む)を招いたパーティーをよく行います。
お店をひとつの社交場として使うと言うのは日本には無かった文化です。
今でこそ東京のいくつかのお店ではそんな試みも見られますが、これ、おしゃれな物でなくても何かの機会にいろんな人が集まる場所や機会を提供することに、リアル店舗をどんどん活用したらいいんじゃないかと思いますね。

そうやってお店のネットワークを作っていく。リアル店舗でしかできないことを探して実行して行かないと気が付いたらもう手遅れ、ということだってあり得ます。

いずれにせよ、一般小売店は生き残りをかけて行動すべき時。
私は小売店というのは店主次第だと思うのです。
店主の意志が感じられる商品セレクト。それに魅力を感じる人がその小売店のお客様になる。
これからお店がエンターテイメント性を高めるとしたら、店主自身の魅力が物を言うようになるでしょう。
「店主とおしゃべりをするのが楽しくてお店に行く。」「店主のお勧めの物が買いたい。」
店主は奥に引っ込んで帳簿をつけていてはだめです。何故自分がこのお店を作ったのか、この商品を選んだのか、責任を持って全ての顧客に説明しなければ。

お客さんに「来て良かった」と思ってもらえるよう、できる努力は全てする。

お店の主人の役割は芸能人と同じ、人気商売です。

最後はやっぱり人と人のつながりですから。

店主は目指そう人気アイドル!
ライバルはAKBとディズニーランドだ!


…極端すぎましたかね。まあ、心意気ってところで。
えっと、まだ続くと思います。

お誕生日メッセージありがとうございました!





[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-28 17:41 | ビジネス私見 | Comments(2)

誕生日です。

朝から車検で車を預けている整備屋さんに呼び出され、帰りにあちこち寄り道して小さな買い物をして少し歩いてきました。
c0180339_20323277.jpg

朝方曇っていたのですがいつの間にかきれいに晴れて、暖かい気持ちの良い日になりました。

久しぶりのデパートの食料品売り場でちょっといつもと違う食料品を購入。

スーパーよりお高いですが、さすがにデパートの地下食には国外からの輸入食品が豊富。

昨年、ノルウェー旅行に行った時友人に教えてもらった、キャビア(偽物ですが)の食べ方。
サワークリームと玉ねぎのみじん切りを合わせる。
c0180339_20325747.jpg

うまし。

これに必要なのが実は薄いKnäckebrotなんです。
薄い乾パンというか、まあクラッカーみたいな、ものです。
ドイツ、北欧辺りでよく食べられると思います。
ドイツ製の物は総じて分厚いのです。さすがにデパートには薄そうな物がありました。
良く見たらやはりノルウェー産、しかも友人の住んでいるベルゲンの会社の物でした。
c0180339_20332059.jpg

友人から電話が来たり、メールでお祝いをいただいたり、ありがとうございます。

明日、友人とディナーに出かけてお祝いをすることになっています。

まあ、なんとなく昨日が今日に。 でもひとつ年を取りました。




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-27 20:38 | ドイツ生活 | Comments(14)

これからの流通業1

製造業と消費者の間にある一連のサービス全てをひっくるめて
流通業 と言います。(と私は理解しています。)
c0180339_23435248.jpg

つまり、「物やサービスを、必要としている人に届ける。」ということが流通業であり、

卸売業
運送業
販売業

主にこの3業種の集合体総称と思って大きな間違いは無いと思います。

製造業―卸売業―販売業 とつなぐのが運送業で流通業の中ではあちこちに顔を出し、必要不可欠な業種です。運送業はちょっと特殊なので後でまとめて思うところを書いてみたいと思います。

さて、製造業―卸売業―販売業 この一連の流れの中でチャネルキャプテンが時代とともに存在すると言うことを以前書いたことがあります。(ご参考にまで。リンク

今のところチャネルキャプテンは大型チェーンストアであることは間違いないです。

つまり、チェーンストアのバイヤーが「こんな物作っても売れない。」といったものは製造業者は作らないし、チェーンストア自体が企画するプライベートレーベルの製品等は完全に大型チェーンストア主導の製品です。
ユニXロや無印X品等は売り場と販売計画があっての製造企画。販売側の意見が一番強い。

売れる物を作る。
というスタンスが今の物作りであり、それをいかに素早くロスを少なく流通させるか、というのが現在の流通業の目指すゴールです。

さて、江戸時代にはチャネルキャプテンの座をほしいままにしていた卸売業ですが、ここ数百年、何とか存在価値を見出して来たと言う感じで、近年、ここ20年ぐらいか、その価値がいよいよ危うくなってきました。

大型チェーンストアが製造業と直結し始めたからです。

輸入卸業、という役割は確かにまだ必要です。大型チェーンストアが直接海外メーカーから直接輸入すると言うパターンはまだ多くはありません。
リスクは他社にというのがチャネルキャプテン様の鉄則。

しかしながら、輸入過程だけをアウトソーシングすることも可能です。(運送業にはフォワーダーという輸出入のプロがいる。)今後この運送業がサービスの枠を広げることによって、輸入卸売業という業種の地位も大変危ういとみて良いでしょう。

実際のところ、私の仕事はここに一番近いのです。だから余計に危機感があります。
あえてはっきり言うならば卸売業は先行きは細くなる一方です。すぐに無くなる業種ではないです。なんと言っても数百年存在した業種です。
しかしながらこれから卸売業が再びチャネルキャプテンの座に着き、流通業の主導権を握ることはありません。
新しくビジネスを始めるとしたら、私は卸売業を選ぶことはしません。

卸売業は現状に甘んじていてはおそらく10年以内には、存続できるかどうかの岐路に立つこともあるのではないかと思います。
しかし、販売業よりも商品知識をたくさん持っているのですから、
1.卸売業から企画製造、に近づく
2.もしくは反対側の小売販売に近づく
3.奥の手が可能なら、商社の役割に近づく(お金をたくさんもっている場合に限る。)
この3パターンの逃げ道が今なら考えられます。

1.現在工場を持っていなくても製造側に立つことは可能です。製造は適切な工場に依頼すれば良し。商品知識の広い卸売業なら売れる商品を企画することができます。

2.最近のデパートは不動産業のようになっていますが、あえて小売販売店を卸売業がデパート内もしくはモール等にに持つことも可能です。(つまり卸売業のお客さん、百貨店の中にお店を持つ。)そこで消費者と直接つながることができれば、強いです。ネット通販等も同時に展開すれば、デパートに家賃を払わないで利幅の大きな商売ができます。(まあ、デパートはいい顔をしないでしょうが。)

3.商社の役割は金融業に近いと私は思うのですが、資金が潤沢に無いとこれは無理でしょう。

製造と販売の中間に居る卸売業。どちらかに近づいていく心づもりをした方が先々のことを考えると、安全ではないかと思うのです。

卸売業の先行き見通しが衰退の傾向にあると言う理由は「大型小売店が製造業者に直結した」ということだけではありません。

ビジネスのIT化が進むにつれて、倉庫、運送、商品企画、販売企画のそれぞれにちょっとずつ加わってマージンをとっていた「とても便利な」中間卸売業の必要性が無くなりつつあります。
つまり、情報が簡単に取れるようになったので、便利屋さんがやってくれていたことを自分でもできるようになってきた。という事実があります。

私はこちらの理由の方がより深刻ではないかと考えています。

続きます。

体調も復活し始めたのでちょっと書き始めてみました。相変わらずどこに着地するのかわかりませんが。
皆さんのご意見、お待ちしております。





[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-27 08:58 | ビジネス私見 | Comments(2)

ちょっと休憩。

これからの製造業1から5まで、長い駄文にお付き合いくださってありがとうございました。
なんとなく頭に引っかかっていることが最近つながって見えることがあって、考えをまとめてみたくてついブログにアップしてしまいました。
c0180339_642452.jpg

皆さんもそれぞれ何らかのプロフェッショナルでいらっしゃる場合が多いと思われますが、あんまり自分のテリトリーを俯瞰から眺めてみることってないですよね。
えらそうなことを書いてしまったかとも思いましたが、書いてみることで頭の中がすっきりしました。
そして、書くことができたのは、たぶんこんなつぶやきでもどなたかが読んでくださる可能性があったからです。
もし、昨日までの記事に目を留めていただけたのなら、ぜひいただいたコメントにも目を通していただきたい。
私だけが読んだのではもったいない、大変読み応えのあるコメントを頂き、長文を載せた甲斐もあったと心から思います。

今度は「これからの流通業」、という一文を書きたいと思い、書き始めたのですが、実は一昨日の夜からおなかを壊し、昨日、本日とどういうわけか本調子でないのです。今日は珍しく頭痛がひどくて。何が原因かさっぱりわからないのですが。

季節の変わり目、動物たちは毛が抜け変わったり、夏の準備に入ります。姿に変化が現れるぐらいホルモンが活発に働くのでしょう。
人間もきっと季節の変わり目にはいろいろと変調をきたしても仕方ありますまい。


皆様も体調にはお気をつけて。

本当にドイツの4月は晴れたと思ったら、急に雨が降り出し、また晴れたと思ったら今度は天気雨。めまぐるしく変わります。体調もそんな感じな今日この頃。






[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-26 18:20 | ドイツ生活 | Comments(2)

これからの製造業5

実はこのシリーズ?、結構一気に書いています。
長すぎると読んでいただくのが大変だと思い、分けてアップしているんです。これで終了です。(安心した?)
c0180339_4523059.jpg

結論ありきで書き始めたのではないので、(思いつきで書き始めた。)自分でも何が書きたいのか分からなくなってきた。――整理します。

☆まず、私は日本の製造業の将来を不安に感じている。
 技術大国日本でしかできない物の数が減ってきていることに危機感を持っている。
☆私が良く知っている家庭業品業界の現状を分析。
 アジアで大量に製造、販売する「格安製品」に引っ張られて、普通の良品が売れなくなってしまっている。
☆消費者に欲しいと思ってもらえる製品ってどんなの?
 ナンバー1の優等生製品ではなく、オンリーワンの愛される製品ではないか。

こんなところですか?(まだお読みで無い方、すみません1から4まで↓目を通していただけますか?)

限られた人数にでも深く愛される製品
つまりマスマーケットを最初から狙うのではなく、ニッチなマーケットで確実に売れる製品作り。
――これが日本の製造業の世界戦略です。と、私は思います。!


マニアックなにおいのする、ニッチなマーケットをターゲットとする製品。
知る人ぞ知る。
作る人のこだわり、使う人のこだわりがそれぞれ強烈で、それがうまく合致すれば売れます。

価格で競争する必要の無い、日本でしか作れない物。日本ブランドをうまく生かせる物。
こうなってくるとすでにいくつかの製品が皆さんの頭に浮かぶのではないでしょうか。

愛される製品を愛してくれる人にどう届けるか。
欲しい人に届かなければ「愛される製品」にはなり得ないのです。

違う側面からみると、ターゲットを変えれば「愛される製品」になる、「まだ愛されていない製品」もあるのかもしれませんね。

さて、このようなニッチなマーケットをターゲットにした製品をどこで売ればいいのか?
お客さんに届かなければどんなに良い製品でも絵にかいた餅です。

・・・ネットを介しての販売が味方になってくれるのではないかと思います。
マニアックな消費者は、オキアミ大のサイズの情報をネットの大海から救いあげることができる人々です。

どうしたら情報網に効率よく引っ掛かることができるのか、これは今までの流通販売のセオリーが全く通じない世界です。誰にとっても等しく未知の世界なのではないかと私は思っています。

何千年と続いて来た流通経路が変わろうとしています。

生産者―(仲介業)-販売店―消費者

この流れが ネットの場合

生産者―消費者 になり得ます。

現状は
生産者―ネット仲介者―消費者 ですけど。

何十億人という購買層の中に例えば一万人だけのマニアックなマーケットがある。
商店でその一万人向けに販売できるかというと、効率が悪すぎて無理です。
だって、その一万人は世界中に散らばってどこにいるのかわからないのですもの。

日本の製造業の特徴は、高い技術を持っていること。
その最先端の技術で、マニアックなものを作り、世界中散らばるマニア一人一人に直接販売する。

仲介業者が少なければ少ないほど値段が高いものは売りやすい。末端価格が抑えられるからです。

マニアの要求、質問には技術者でなければ答えられないかもしれない。ネットならそれも可能です。

そして世界地図の端っこ(少なくともヨーロッパで売っている世界地図では)の日本という地理的ディスアドヴァンテージもネットを介した販売ならばかなりリスクを軽減できる。

「格安製品」の販売は現在の流通経路に任せればよいのです。「格安製品」と競争する必要は無いのです。

ハイスペック過ぎて、一般消費者には使いこなせないほどの製品でもそれが欲しくて探している人がきっと世界中には結構な人数がいたりするもんです。
日本の技術でしか作り得ない物を欲しい人に直接届ける方法がある。

新しいネットというソリューションに確信を持てず、経験の無い流通経路であるだけにちょっと皆さん疑心暗鬼になって、二の足を踏んでいるというのが現状ではないでしょうか。

私もネット通販にかなり根強い不信感を抱いていた方ですが、ここ数年はずっと飛行機チケットを始め結構な高額商品もネットで購入しています。
若い世代はもっとネットを通じての商取引に対するハードルは低いでしょう。

日本の製品をヨーロッパ、又は世界に向けて販売する場合、ネットという流通経路をメインに据えることに躊躇できる時間の余裕はあまりないような気がします。

そして、ネット販売戦略にはメリットはあるけれど、リスクが小さいと言う、点も強調しておきたいと思います。

日本の製造業は真面目で努力家です。努力する方向を
「欠点の無い万人向けの優等生な製品」を作る方に向けるのではなく、
「じゃじゃ馬で使いこなすのが難しいほど」の先端技術を開発し、
マニアックな消費者に
「僕以外の人にはこの日本製品を使いこなすのは難しいいだろうねえ。」と優越感に浸ってもらえるように、前向きに日々精進してみてはいかがでしょう。…愛される製品を目指して。

がんばれニッポン。まだまだいけるぞ。

たぶんこれで一連のシリーズ、終了。読んでくださった方、ありがとうございます。おちがこんなもんで、がっかりなさいませんでしたでしょうか。
感想、お待ちしています。


次は流通についての考えをまとめようと思います。(あれ、結局まだ続くの?)




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-25 17:08 | ビジネス私見 | Comments(16)

これからの製造業4

彼女の魅力は僕にしかわからない。
君にはわからないだろうねえ。

(ああすみません、別におかしくなったわけではないです。すみませんまだの方は1-3↓をお読みください。)
c0180339_20265868.jpg

さて、性悪女小悪魔的な魅力を携えた新製品はどうやったらできるのか?

日本の工業製品は、日本人女性に良く似ています。(おお、これは新説か?!)
海外進出をしている日本の工業製品を、国際結婚をした日本人女性にたとえます。

1.控え目、存在をあまり主張はしない。(少なくともヨーロッパ人女子に比べれば)
2.子育てに熱心、家事全般、優秀(機能的)
3.学歴もあり、文化的に洗練されている。
4.近所づきあい並びに義理の親兄弟にもそれなりに気を使う。(使い勝手が良い。)
5.ぜいたく品をねだったりしないし、お金がかからない。(メンテナンスの必要もない)
6.浮気をすることはほとんどない。(故障しない)

一般的なドイツ人夫婦の専業主婦といえば、
1.主張はし放題だな。
2.子育てに熱心、家事全般、優秀・・・それなりに。でも料理のセンスは普通遺伝子が抜け落ちているから、無い。
3.学歴もあり、文化的に洗練されている。それなりに。
4.うーん、これはもちろん個人差はあるけど、それなりかな。
5.ホリデーに連れて行かなければ、離婚するぐらいの勢いはあると思うぞ。結構お金かかるはず。
6.これ、日本に比べれば結構あり。(故障だってけっこうするもんです。)

さて、小悪魔的主婦といえば
1.主張しまくり。
2.家事は「お手伝いさんにさせて。」もしくは、「夫も家事に参加すべき」と言いながらほとんど夫にさせる。
3.自分磨きには熱心。
4.外面(そとづら)は良し。(却って周りの方が気を使う。)
5.ぜいたく品をねだるのも上手。お金がかかる。これは必数項目。つうかデフォルト?
6.ご主人は決して目を離してはいけません。節操は無いです。スリル満点か。 

愛する家族のためには、完璧な母、妻であろうと努力する日本人国際結婚妻は日本製品に良く似ています。
良くできています。最初手に入れにくいのは確かだけれど、一旦手に入れたらそうそう逃げ出すことも無いので安心できます。
しかし、長い人生、最初の2-3年スィートな時期を過ごした後、日常生活が淡々と続き、お互いが家族として絆を深め、可愛い日本人嫁は「有能なパートナー」へと変身します。

さて、近年国際結婚をされた日本人女性で、離婚されたお話をちょいちょい耳にするうちに、ひとつ悟ったことがあります。
有能で文句をつけがたいパートナーに、ご主人側は満足していなかった。
いつまでも浮気の心配をしなくてはいけない、「女」を捨てていない妻の方が男性を縛り付けておける可能性がどうやら高いみたいです。
自分勝手で、頼りない、そんな欠点だらけのやつが、「可愛い」「愛着がある」のだそうだ。

日本の製品作りは
欠点をなくし、質を極限まで高める。機能的に、より優れたものに。できる限り自助努力によりコストを抑える。
がんばって、努力して、製品を生み出す。
完璧な製品を目指して。

正しい。
文句のつけようがない。

しかし、できた製品に、ハラハラドキドキしたり、「この良さは僕にしかわかるまい。」という顧客のM気質をくすぐるような魅力、は、…無いな。

さて、優等生がどうやったら小悪魔的魅力に対抗することができるのか。

いや、本題に戻って、
どうやったら魅力ある、愛される製品を作ることができるのだろう。

(ああ、横道にそれちゃった。続きます。すんません。)
それから念のため、国際結婚でとっても幸せなカップルもたくさん知っています。ドイツ人ご主人が賢明で日本人妻のよさを理解していらっしゃる場合と、日本人奥様がやっぱり可愛い方、愛され方をご存知の方の場合はもう、盤石で幸せな結婚生活を送っていらっしゃいます。




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-24 21:17 | ビジネス私見 | Comments(9)

これからの製造業3

なんだかとってもえらそうなことを書いている気がして、こっぱずかしいのですが、とにかく今は書くことで頭の整理をしております。もうしばらくお付き合いください。

さて、ユニークで愛される製品というのは一体どんなものか。

ipad や iphone、アップルの快進撃は続きます。いつまでか、は私ごときが予測することはできませんが。
欠点さえも可愛い奴らだそうです。

Macファンは存在してもWindowsファンは、まあ、存在しにくいですな。私はWindows派なので良く分かりませんが、Macユーザーであることにスノビッシュな思いを抱いている人は多いようです。(たぶんM気質だな。)

他に私が思い着く例を適当にあげます。

リXワのアルミ製スーツケース。
これはリXワの他のスーツケースに比べて重い、そしてアルミ素材のため傷やへこみが付きやすいという致命的な欠点があります。
価格も半端なく高い。しかし、なんか、かっこいい。
そして、このスーツケースは傷だらけでぼこぼこの方がよりかっこいいのです。
もし、日本でアルミ製のスーツケースを作ったら、「より軽く、傷も付かない、へこみもしない」という高品質で優等生な物が出来上がってきそうです。(たぶん売れまい。)
しかし、リXワのスーツケースはぼこぼこになるからいいのです。海外旅行に頻繁に行っている証拠になるからなのか、傷も旅行の思い出につながるからなのか、よくわかりませんが。
傷やへこみが使用者の個性につながり、使用者にとってオンリーワンの持ち物に時間とともに育っていくのです。
c0180339_20384995.jpg

このスーツケースほどではないにしても、革や帆布製の鞄や財布は長い時間使い込んで手になじんだ物を修理しながら使い続ける人も多いですね。
包丁やその他の調理器具なんかも砥いだり手入れをしていくうちに、擦り減ったりして形が変わって行ってしまう物、それでもそれが自分の手になじむ。

自分に合うように育てていける製品。というのは愛されている製品だと思います。

それから製品そのものに物語がある物。
バウハウス時代の高名なデザイナーの椅子。スカンジナビア家具にも60年70年代のデザインをそのまま製造し続けている物があります。椅子に「ティディー」「スワン」「エッグ」などの愛称がついていて、何十年もの間作り続けられる。
使用者に愛され、代々受け継がれていく。幸せな製品であることよ。

製品そのものの物語、には、製造過程が独特であるとか、素材が特別であるとか、「独特、特別」など他の製品と差別化するに当たり、形にしては見えないけれど、製品の価値に含まれてしかるべきものがある。
「伝統」もこのうちかな。
消費者に製造側の思いを理解してもらう術が必要になります。
でも、背景にある製造側の深い思いが消費者に理解されれば製品にも愛着がわきます。

ブランドイメージが良い物、は購入者はとても満足して大事に使います。

愛される、という点ではマニアックな物というのは究極なものか。これは本当に好きな人にしかわからない価値観で判断されるので製造側が意図してビジネスに持って行くのはとても難しいかもしれません。(むしろ消費者側が勝手に物語を作る場合が多いですよね。)

しかし、マニアックなにおいをさせるのはこれからの製品開発には必要な要素でしょう。
マニアックであるためには、排他的でなければならない。
多くの人に愛されるために排他的であるというのは矛盾ですが、ナンバーワンになって「広く万人に愛される」のではなく「限られた人に深く愛される」オンリーワンを目指すとなると、一見ネガティブなスパイスが必要になってくるような気がする。

アップル製品やマック製品には多少このマニアックなにおいがあるような気がします。
排他的というか、「この不便なところも可愛いんだよね。」そして「君にはわかんないだろうけど。」という深いところにある選民的な思い。(これだけ売れているのにまだそのにおいをさせることができる販売戦略が凄すぎる。)

これらの消費者の排他的もしくは選民的思考をくすぐる製品は、もちろん格安製品ではありません。

むしろ価格が高い方が良い場合もあります。(程度問題ですが。)

つまり、「男性がたくさん貢いだ女性に執着する。」と言う定義に非常に近い。
「無理して買った、どうしても欲しい物。」を愛さずにおれましょうか。

さて、性悪な貢がせ上手。我儘でも見栄えが良くて連れて歩きたい、自慢したい恋人新製品をどうやったら作ることができるのか

これは結構難しい。

続く。(えっ続くの?すみません。もうしばらく、もうしばらくの辛抱です。お付き合いください。)



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-23 20:44 | ビジネス私見 | Comments(6)

これからの製造業2

すみません、昨日の続きになります。
ご興味の無い方、スルーしてください。たぶんすぐにいつものお気楽ブログに戻りますから。
(別に悪いもん食べたわけではないんで。)
c0180339_2014634.jpg

昨日、980円と8000円のステンレス鍋の例をとりましたが、どうなんでしょう、980円の鍋をアジアで生産して、市場にデビューさせたのは

もしかしたら日本の製造業?
980円の鍋というのはあくまでも象徴的な例です。
つまり、使用するのには事足りる程度の製品を大量に製造することで、市場に破格に安い価格で提供するビジネス方法。


アジアの安い労働力をフル活用、同時に製品の質をそれなりに向上させ、「たとえ格安でも消費者にお金を支払わせる製品」を作ることに成功し、格安日用品開発したのは、100円ショップの繁栄を堪能した日本なのでは?

ほかの国ではアジアの工場をあれだけ上手に使いこなせなかったのではないか。

第二次大戦後日本は「安くて質が良い」物を輸出して成長してきました。
敗戦国日本はしばらくの間労働力は欧米に比べれば格安でしたもの。

高度経済成長期後の日本は安くて、を除いて「質が良い、機能が優れている」物を作ることに方向転換。
バブルがはじけて、デフレスパイラルに陥った日本は海外に工場を移し「安くて売れる物」を作ることにまた方向転換。しかしこれは国内消費に特化して企画販売されてきた。

ヨーロッパで日本のメーカーがアジア工場で作った格安日用品が売られているのは見たことがありません。
製品の料金より運送コストの方がはるかに高いでしょうし、マージンを極限まで切りつめて出している格安商品をあえて海外で営業するメリットは無かった。

ヨーロッパで格安日用品はそれなりに販売されていますが、日本ほど製品の種類は無い。
ドイツの格安日用品の企画は主に、ディスカウントチェーンショップ主導で企画され、(間にエージェントが数々入るとしても)アジアで製造、一気にディスカウントショップで販売。(つまり定番商品ってあんまり無いです。)

日本の家庭用品製造業は、この格安製品製造販売にずいぶん引きずられてしまったような気がします。特に1980年代から2000年代辺りまでの20年間ぐらい。この間、海外向け商品開発に真面目に取り組む日本の家庭用品製造業ってたぶん少なかったでしょうね。

日本の誇る電気製品が現在最大の危機に瀕しているのは、今まで「日本の技術がなかったら作れなかった物」が今はアジア各国でもっと安く作ることが可能になったからでしょう。

技術大国で作らなくても事が足りるようになってしまった。

日本の電化製品業界の危機のずっと前に日本の家庭用品業界の危機は来ていました。
技術的には家庭用品を作る方が電化製品を作るより簡単なので、アジア各国は家庭用品あたりから工業化を始めましたものね。(もしかしたら↑の20年間と時期が重なっているかも?)

日本の技術で無ければできない物、という物がどんどん無くなってきている。

日本より格段に安い価格でそれなりの製品を作れる国がたくさん出てきた昨今、――まあ、しかしこれはたぶん自分の首を自分で絞めてしまった結果なのかもしれません。 技術が広がっていくのは止められない。

さて、日本の製造業、特に家庭用品製造業はこれからどこを向いて歩いていけばよいのか。

私見です。(ああ、今まで長々書いてきたのも、まぎれもなく私見ですな。)
c0180339_20144113.jpg

スマップの歌じゃないですけど、これからはたぶんナンバーワンを目指して
「安くて質が良い誰もが認める完璧な製品」を作るのではなく、

オンリーワン
を目指して、「ユニークで愛される製品」を作ることが大切なのではないかと思うのです。

日本の製造業界は真面目過ぎる。

自分が頑張って良い製品をできる限り安く作ることしか考えてこなかった。
自分さえがんばれば、我慢すればもっと質が良くなる、安くなる、と必死の努力をしてきた。

そして、ロジスティックスに関しては「我々が頑張っているのだから、君達もがんばって安く運んで。」
と、場当たり的にしか考えてこなかった。
企画、原料調達から製造、販売、運搬。ひとつの製品が生まれて、お客様に届くまで全体を見て絵を描く人がいなかった。(少なくとも家庭用品業界でサプライチェーンマネジメントを実行できている会社はあまりないかと。)
現在はお客様が使用した後、どうやって製品の死を迎えさせるのか、(つまり廃棄方法)まで考える必要が出てきていますね。(環境問題)

消費者が手にする瞬間までの全てが、サービスや時間も含めて、製品価値に含まれる。これに関してはまた別途書きます。


いろんな意味で「ユニークで愛されるオンリーワン作りに成功しているのは、
アップル、かな。

アップルの製品にはいろいろ欠点があってもそれさえも「可愛気」として消費者に受け入れられているように見受けられます。

さて、欠点さえも愛嬌や可愛気として受け止めてもらえる、「愛される製品」とはどんな製品なのか。

ちょっと考えてみます。





[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-23 00:01 | ビジネス私見 | Comments(0)

これからの製造業1

ヨーロッパと日本間のビジネスに携わるようになって、早20年余、
(え、まじっ? えっと。。計算してみる。・・・合ってるわ。)

まず最初に思ったのが、ヨーロッパの家庭用品業界のメーカーって、思ったより小規模なんだな。という印象を持ちました。

もちろん20年前と今では大きく事情も変わります。
c0180339_1735810.jpg

ヨーロッパの製造メーカーは1990年代あたりからどんどん東欧、そしてアジアに工場を移し、自社工場で作ることをあきらめ始めました。

大幅な人員削減もあり、それでも生き残った企業が現在に至る。

ですから、最近は製造工場(Manufacture) といえども、機械や設備を持っているかどうか(持っていてもそれが稼動しているかどうか)は問われません。
c0180339_17352675.jpg

どちらかと言うと 「企画・デザイン」 「ロジスティックス」 としての役割が大きい。

たとえば、
製品を企画、デザインし、アジアの工場に発注。
  ↓
生産管理を行う。
  ↓
ロジスティックス全般管理を行う。
  ↓
販売管理を行う。

このあたりがヨーロッパの中小製造業のメインの仕事になっていると思われます。

そしてヨーロッパに結構存在するのが零細製造業。
つまり、
「デザイナーが企画、デザインし、自分で工場を見つけ製造委託をして製品を作る。」
そして倉庫にストックして販売する。

こんな風に何もかも自分たちでやっちゃう小さなデザイン会社がたくさんありました。
今も健在で、どんどん大きくなっている会社もあります。
しかし、いつの間にか消えている会社も多いですね。さすがに。
こういった会社が作る面白いものがあるから、ヨーロッパの製品は評価されてきたのに。

製造業でたぶん一番難しいのは、「コスト」計算。

販売価格が最終いくらになるのか、それを考慮して原価を出さなければなりません。
そして、残念ながら現在の流通経路に乗った販売方法だと、製造原価から出した最終販売価格はとんでもなく高くなることが多いのです。

なぜか。それから、――何に比べて高いのか?

アジアの工場で製造を委託すると、素材にもよりますが、いわゆるリーズナブルな価格を出すためには、初回ロットは数万個から数十万個のオーダーが必要になります。

今時、新製品で数万個確実に売れる製品なんて早々出てくるもんじゃ有りません。
そうすると
ヨーロッパ域内にある工場で数千個の初回ロットで作るという現実的な選択を考える。

しかし、アジアの工場の10万個一気に作る場合の一個あたりの価格と 近所の工場で数千個作る場合の一個当たりの価格で差が大きすぎるんです。

下手をすると原価、ここの部分で5-10倍の価格の差が出てきます。

工場出し価格が10倍違うと、販売価格ではもっと差がつく可能性があります。
つまり小売価格が一方は10ユーロ。もう一方は最低でも100ユーロかもしくはもっと、--ぐらいの差になってくるんですよ。(普通の値段のつけ方をすると。)

こうなると製品のカテゴリー自体が変わってきてしまう。
売るお店も、客層も。 

・・・もともとの製品企画は同じであっても、です。

面白いアイデアがあってもそれを製品にするのが30年前より格段にむずかしくなっていると思います。

これは、製造工場の技術が問題なのではなく、消費者の方が問題だと思います。

アジアで大量に作られた安い製品が基準価格になってしまっている現状。

例えばステンレスのお鍋。 680円の物も12000円の物もあります。
どちらかというと680円や980円の方が普通の価格と思っていませんか?

私もそう思います。

しかし、ヨーロッパの工場でオリジナルのお鍋を2000個作ってもらったら、特別な技術が必要では無くてもたぶん小売価格を6000―8000円ぐらいに想定しないと誰も儲からない。
小売価格が980円のステンレスのお鍋を作ろうと思ったら数十万個一気に発注できる資金力と同時に売り先が必要なのです。

おそらく戦前辺りでは、日用生活品は生活費に比べてそれなりの価格だったと思います。
だからちゃんと長い間使った。作る方も長く使ってもらえる物をきちんと手間暇かけて作った。
その価格が、今ならステンレスのお鍋8000円に相当するのではないかと思います。

土台、980円のステンレスのお鍋はかなりあちこち無理しながら作られたものなのです。
ただ、いろいろな人が無理をして努力して作り上げた価格は物の価値から比べて確かに安い。良いものなのです。
だから売れる。
そしてみんな980円を基準に8000円の鍋が高いと思う。

製造現場を見ていると、どれだけオートメーション化されていたとしても、所詮家庭用品の工場なんかは人出が必要です。それなりに手がかかっている。
やっぱり本来はある程度の価格になる物なのです。

しかしながら980円の鍋と8000円の鍋と10倍近い機能の差があるかというと、「無い」、です。
歴然とした違いを見つけることは出来ても基本の機能は変わらない。
10倍近い価格の差の理由をどうやって納得させるのか。

これは買い側も作る側も双方に必要な理由です。
ブランド力や宣伝広告に頼っても、埋め切れない価格の差。

やっぱり日用品、家庭用品っておそらくここ数百年で現在が一番安いのではないかしら。
陶磁器が王侯貴族しか持てなかった数百年前の例を引くまでも無く、

原料や技術がこれほど安くなってしまったのは果たして良かったのか?

人々の意識改革が必要なのかもしれません。

でなければ製造業が発展できない。
物を作り出す喜びが評価されない時代は不幸です。
経済効果重視の文明の行き詰まりの現れなのか。

すみません。興味の無い人にはわからん内容のことを書いてしまいました。頭を整理するのに文章にするといいかしら、と思いまして。
しかし、まだいろいろ思うことはあるんですよ。






[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-22 01:46 | ビジネス私見 | Comments(4)

バースデーブルー。

実はバースデーまで後1週間というカウントダウンの時期に来ております。

毎年誕生日にはデンマークやドイツの友人から電話があったり、プレゼントが届いたり。日本の友人からメールが届いたりします。

ありがたいことです。やっぱりうれしいもんです。覚えておいてもらえるのは。

しかし、デンマークやドイツ人の友人からの電話で必ず

「パーティーはしているの?どうやってお祝いしているの?」
と聞かれるのが毎回結構プレッシャー。
c0180339_1856475.jpg

・・・できれば何もせずにすごしたいのですが。

今年は、フランクフルト在住の友人がディナーに出かけようと声をかけてくれています。
まあ、毎年そんな感じでバースデーをやり過ごしているのですが。
正直、この年になるとそれほどうれしいものでなし。
お出かけしたり、パーティーをしたりするきっかけとしての記念日、というのが・・面倒くさい。(あ~あ。)

私があまり友人の誕生日を覚えておいて何かをするタイプではないのです。
必要とされれば何をおいても飛んでいく心づもりとフットワークはありますが。

しかしまあ、せっかく春に産んでくれた両親に感謝して、一人ぶらっと旅に出てみるのもいいかなあ。何てことも考えている今日この頃。

もし、自分に一日何をしても良い誕生日をプレゼントすると、

今年は家で、友人たちのお祝いの電話を受け、のんびりDVDをみたり、散歩ついでに近所でケーキを買ったり、読みたい本を読んだり(ビジネス書ではなく)、久しぶりに絵を描いたりしながら過ごしたい。

「誕生日には何か特別なお祝いをしなくてはならない。」

これって、とってもヨーロッパ的なプレッシャーだと思いません?

社交というものはお互いに能動的でなければ活性化しません。
つまり、怠け者ではいけないわけです。
私はよくデンマークの友人の家族(一族)の記念碑的なイベントに呼ばれますが、

結婚式(していない)、子供の誕生にかかわるイベント(もちろんなし)、葬式(まだしていない)

ことほど左様にイベント性のない、平坦な人生を歩んでおります。

そうか、このままで行くと自分が主役になるイベントはきっと自分の葬式だけだな。
でも、お葬式しなくていいです、という遺言を残すつもりなんですけど。

うーん・・・(さすがに考え込む)
還暦を迎えるとき、仕事がうまく行っていれば、今までお世話になった人や友人を集めてドイツかデンマークあたりでパーティーでもするか。
それが、創業何周年記念なのか、還暦なのか、何かの発表なのかは別として。
いわゆる私が主役のパーティーとやらを立案、企画。高くつきそうなのお金がたまったらね。っつうことで。

えっと、そんでもって、今年はとりあえず、なんとなくやり過ごせればなっと・・・。

 




[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2012-04-21 00:46 | ドイツ生活 | Comments(4)

最新のコメント

更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02
明けましておめでとうござ..
by コバヤシ at 16:47
ぽんさん、こちらは空気が..
by Rottenmeier-ffm at 03:03
ご近所さん、遅ればせなが..
by Rottenmeier-ffm at 02:29
おかえりなさいませ~~☆..
by ぽん at 14:39

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧