ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

第一次アニメ世代。

1960年代のアニメを覚えている人は第一次アニメ世代と言えると思います。
鉄腕アトムが国産アニメの第一号として製作、放映されたのが1963年から1968年にかけて。
鉄腕アトムカラー版(リメイクアトム)は1980年から1981年まで。私が一番良く覚えているのはこれです。
60年代のアトムは多分再放送で見ていたでしょう。

1963年に5歳から10歳ぐらいだった方は、初代アトムを良く覚えていらっしゃるはず。
つまり1950年半ばから1970年生まれぐらいが第一次アニメ世代と言えるのでは?
虫プロのアニメジャングル大帝やリボンの騎士をリアルタイムもしくは再放送で見て育った。

1950年半ば生まれ以降の日本人は、アニメを見ながら育ってきました。
よほどご両親に特別な教育方針があったご家庭の子供以外はほとんどがアニメの影響を受けながら、大人になってきました。

物心ついたときにはアニメを見ていた。

テレビのゴールデンタイム、夕方5時から8時までは子供の時間で、ほとんどアニメ番組でしたね。
なつかしー。

いつの間にかアニメは深夜番組になってしまいました。

DVDが普及して、テレビ番組ををオンタイムで見なくなった。
子供がゴールデンタイムの頃塾などに行っていて、テレビを実際には見ていない。

多分そのほかにもいろいろな要因があるのでしょうが、現在アニメ番組のターゲット世代はは子供ではなく大人のようですね。

おそらくガンダムブームとともに育った人たちはアニメ第二次世代です。
あの頃から、オタクといわれる人たちが出てき始めたような気がします。
アニメが10歳未満の子供のためだけに作られるのではなく、もう少し大人向けになってきた。

第三次世代は私の感覚では 「エヴァンゲリオン」 にはまったかどうか。オタクはまさにこの人たちのための言葉ですよね。
・・・第一次世代の私には、理解できかねました。

「萌え」が始まったのはいつごろなのでしょう。エヴァンゲリオン世代と萌え世代は重なるのでしょうか。
おそらく、「萌え世代」が第4世代かと。ツンデレだの、メイドだの、執事だの、つまり、今はこれか。

アニメ第一次世代は、親から「マンガなんて!いい加減にしなさい。」と言われながら育った人も多い。
大人がアニメを見ることにちょっと後ろめたい思いがあります。
それはきっと、世界中でそうなんでしょう。

でもねえ、ハリーポッターのストーリーと、例えば、千と千尋のストーリーを比べて、どちらのほうが文学的に優れているか、。。。どう思われます?
ハリーポッターレベルのストーリーなら、アニメのシリーズや日本のマンガのシリーズにいくらでもありそう。

ハリーポッターに世界中の老若男女が魅了されて、日本のアニメを見るのが恥ずかしいと言うのも納得が行かない。

ともあれ、アニメ第一次世代としては世界に羽ばたく日本のアニメを後押ししたいと思いはすれ、サブカルチャーを馬鹿にする気は毛頭ございません。

第四世代のアニメもちょっと先輩ぶりながら楽しめればと思うのです。
c0180339_2123449.jpg

すみません、明日もアニメネタ引っ張ります。
人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-30 19:46 | アニメ・マンガ考察 | Comments(11)

ドイツアニメ事情

魔法使いサリーちゃんやヒミツのアッコちゃんを見ながら育った私世代は、日本アニメ世代で初代に限りなく近いところにいると思います。
アトムのアニメもおそらく初代の白黒を見ています。カラーの方(2作目のアトム)は覚えています。

私の場合うっかり魔法使いにあこがれたばっかりに、普通のおばさんになってしまいましたが、(努力してもなれないものがある。)現在ご活躍中の科学者や特にロボット工学者の方たちの中にはアトムやその他のアニメに影響を受け、その道を目指したという方がいらっしゃるに違いない。

まだ頭が柔らかい頃にに見る番組にはことさら影響を受けると言うことです。

今時のティーンエイジャーと話す機会をもてただけでも、コスプレ大会訪問は面白かった。

彼らはテレビをほとんど見ていないんですよ。アニメはネットで見ている。

ドイツのテレビは映画もアニメも全てを吹き替えでやります。日本と同じです。
ドイツ人オタク少年少女達はそれがうっとおしいようです。
「ドイツ人声優がヘタ。セリフがおかしい。」
と言うのが理由。

ドイツTV番組のナルトでは「殺す」という言葉が使われないそうです。
忍者のバトル場面で「殺す」と言う言葉無しでは話が進みません。
実際ナルトの対戦相手はぼろぼろになっても死ぬことはめったになさそうですが。(というか、生き残ってるよね。でも悪役は殺してますよ。殺すから悪役なんだし。)
ドイツのTVでやるアニメは対象がおそらく10歳以下なのかと思います。
つまり、ディズニーと同じ。ミッキーと同じモラルでストーリーを考えるとナルトは別物になるでしょう。


ドイツアニメファンにとってベストは「日本語のオリジナルアニメにドイツ語の字幕」とのこと。

映画館で吹き替え版を見るか、字幕版を見るか。の選択に近いですね。
意味が分からなくても、日本の声優の演技を聞きたいということか。
(ハリウッド映画の場合も日本のアイドル俳優に吹き替えを担当したりされると、一気に見る気をなくすのと同じか?)

毎日日本語の放送を見ているティーンエイジャーたちがドイツ(だけでなく)にはわんさかいるんですね。
潜在的に日本語を習いたいと思っている子供が結構いるんですよ。

明日からパリのジャパンエキスポが始まります。
行って見たい気もするのですが、大変な人ごみらしいですね。

チャイナエキスポやメキシコエキスポなんてあるのかどうか知りませんが、EU圏でジャパンエキスポやニホンデー、ニッポンウィーク、みたいに人を沢山呼べる国が主催のイベントってあるかしら?

在ヨーロッパの方どうですか?

日本はアニメのおかげで、こういったイベントをすると若い世代もきてくれます。

主催側(つまり日本側)がどうやら、まだ侘び寂びや着物や盆踊りを意識しすぎているような気もしますが、
ティーンエイジャーがこぞって参加する公式イベントはなかなか無いと思います。

EU圏の日本ファンの若者達を大事に育てたいですね。

探すとあるもんです。なつかしー。
人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-29 18:13 | アニメ・マンガ考察 | Comments(14)

ドイツコスプレ事情2

お待たせしましたっ!(って誰も待ってないって?)

コスプレ写真大会!

正直、・・・これはきびしい・・。と言うのも多々ありますが、まあ、本人が楽しんでいるならそれでいいか。と言うことで、みなさん広い心でご覧ください。

私の一押し、 ルフィー。(中古漫画本を真剣に探す。)
c0180339_2052973.jpg


麦わら団、か?
c0180339_2062964.jpg


暁 三人衆
c0180339_2081485.jpg


ワンピースとなるとが混ざりましたか。
c0180339_2085895.jpg


黒執事。
c0180339_2094878.jpg


この衣装、手作りですよ。すごいです。マニアックです。(ゲームソフト咎狗の血でしたっけ。)
c0180339_20124611.jpg

c0180339_21171636.jpg

人気ブログランキングへ

[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-28 21:19 | アニメ・マンガ考察 | Comments(1)

ドイツコスプレ事情。

この週末2日間、マインツで Wie mai kai というコスプレ大会が開催されました。
私がこのコスプレ大会に行くきっかけになったのは、いろいろ要因がありましたが、知人が製作したチャリティーTシャツ(販売金額の1部が日本の震災復興に募金される)をイベントホールで販売しているので、最終日にそれを回収に行く役割を担っておりました。(←一応こっちの趣味は無いことを申告しておきます。)

フランクフルトからローカル電車で小一時間。マインツの駅傍の公民館でのイベント。
週末の2日間。入場料は結構しっかり取ります。(通し券12ユーロ。)2日間で1000人ぐらい来場者があるとのこと。

メイドカフェもありました。
c0180339_19391166.jpg

「いらっしゃいませ。」と声をかけてくれますが、あとは特に何もありません。

執事もいたのですが、あまりにも普通すぎて。本当に普通のウェイター風でした。

ステージではずっと何かが行われています。日本人の歌手(?)のステージもあったようです。太鼓のパフォーマンスもありました。
c0180339_19395384.jpg


ドイツ人コスプレイヤーはまだまだシャイで、とても真面目な印象を受けました。
c0180339_19401355.jpg

それでもカメラを向けると、ちゃんと話を中断してポーズをとってくれます。
c0180339_194119100.jpg

彼らのアニメの原点は「アルプスの少女ハイジ」だそうです。私達の世代の手塚治虫さん。現在は宮崎駿さんがアニメの神様なんですねえ。

コスチュームは手作りだったり、通販で購入したり、パリには日本のコスプレ専門店が2件あってそこに行って買ってきた、と言うお嬢様も。(↓黒い方。)
c0180339_19415625.jpg

やっぱり、日本人の女の子が無理やり金髪の鬘をかぶって、ちょっと無理やりなところが見えるぐらいのほうが、遊んでいる感じがして面白い気がします。

つくづく、アニメの主人公達は日本人が描いているのだと思います。西洋人っぽいキャラクターでも、西洋人がその格好をすると、うそくさい。

日本人が「うっそでーす!」と開き直って、コスプレイしているほうが本物っぽいです。

9月にカッセルで開催されるコスプレ大会はもっと大規模で3日間。8000人ぐらいの来場者予定だそうです。
この大会の中心世代は17歳から20歳ぐらいの若者達。
コスプレイヤーは13歳ぐらいから30歳ぐらいまで幅広いようです。

彼らが現在親日派であることは確実です。

そのまま大人になって、アニメだけではなく、日本のほかの文化にも興味を持ってくれるとうれしいなあと思います。

好きな国と戦争をしようとは思いませんものね。

最新迎撃ミサイルより、ずっと強力な防御兵器です。

コスプレ事情つづく。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-27 19:44 | アニメ・マンガ考察 | Comments(6)

洗濯中。

ただいま、90度で洗濯中。

90度で洗うのは洗濯機のためです。

どうやらドイツの水は石灰分が多く、洗濯機内部にあるお湯を沸かす部分に石灰が付着して洗濯機がお釈迦になるケースが多いらしいのです。
もちろん、水をやわらかくして、石灰の付着をできるだけ軽減する(どっち道つくのはつくと思う)薬品は使っています。(液体もしくは粉状の物が良く売っている。)

しかし、それでも時々最高温度にまで熱してやることで洗濯機庫内を掃除することができるということです。

まあ、洗濯機内にカビが生えたりしても90度で消毒してやれば、清潔に保つことができるかなとも思います。

私が90度で洗うものは、掃除用の雑巾、モップ、お風呂場の足拭き。

お風呂場の足拭きはマイクロファイバーのもしゃもしゃタイプです。
何年も前に中国の工場に作ってもらったサンプルなんです。
いつまでも、赤い染料がでます。

一緒に洗っているのは雑巾などですから別に赤く染まってもかまわないと思っておりますが、それにしてももう何回90度で洗っているのか。
毎回一緒に洗うものがより濃い赤に染まって行きます。

うーん。この赤い足拭き、製品化しなくてよかった。とつくづく思う今日この頃。
c0180339_18234322.jpg

手前の赤が全ての元凶で、かつての、ベージュの足拭き、黄色の布巾、雑巾、白のモップetc...

ちなみにお洗濯は通常60度までで行います。
60度で充分消毒効果もありますし、界面活性剤は60度で働いてくれます。

不必要に高い温度で電気代を余分に掛けることも、布を傷めることも避けたい。

白物は60度で、黒、色の濃いものは40度で洗うことにしています。

日本で使っていた洗濯機は水で洗うものだったので30分ほどで洗濯終了でしたが、こちらはお湯です。沸かす時間がかかるからか、小一時間はかかります。
90度だと1時間以上かかりますね。

乾燥機つきの賢い洗濯機が欲しいところです。
乾燥機だとタオルがふわふわに乾くんですよね。
石灰が多い水ですから、普通に乾かすとタオルがバリバリになります。

ま、贅沢を言ったらきりが無いか。
人気ブログランキングへ

[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-24 18:25 | ドイツ生活 | Comments(4)

祝日でした。

さきほど、
「ちょっくら、買い物にでも行ってくるか。」
と近所のスーパーに向かいました。
c0180339_22565488.jpg

閉まってました。

あれえ?棚卸しか何か?

めげずにその近所のパン屋へ。

閉まってました。

というか、みんなお店閉まっているし。

・・・もしかしたら、祝日?

すっかり忘れていました。

Fronleichnam 聖体祭 だそうで。

それが何のお祝いか、さっぱり分かりません。めでたいのかね。

でも、昼前に北ドイツの取引先、普通に電話に出て普通に話をしましたけど。
北の方はお休みではないのですか?

ドイツではたまに州によって祝日になったりならなかったりする日があるのでややこしい。

まあ、昨日雷が鳴ったり、ゲリラ豪雨みたいなのが降ったりして、一日籠っていましたから、散歩と思えばいいか。

晩御飯、どうしよう。


人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-23 22:58 | ドイツ生活 | Comments(8)

手作りメンマ。

きゅうりのQちゃんを手作りしてからと言うもの、「結構何でも手作りできるんだ」と調子に乗りつつある今日この頃。

日本では「買ってくるもの」と認識していて、手作りする、ということはハナから考えることが無かったものを作ってみると言うのも結構楽しい。

今回はメンマに挑戦。

たまたま寄ったXldi(ディスカウントスーパー)でアジアンキャンペーンをやっておりまして、アジアの食材、インスタント食品が並んでおりました。

たけのこの水煮瓶詰めを発見。
たけのこの水煮は缶でもあります。スーパーでよく探せば見つかります。

まず、中国からはるばるやってきたたけのこは瓶の中の水を捨ててお湯で煮ます。
(気休めですが、保存食独特の臭いを消すためと保存料漬けのはずなので念のため。)

お湯を捨てて今度はごま油を引いたフライパンにたけのこをうつします。

ごま油のいい香りがしてくるまでたけのこを炒めます。

少しお湯を入れて鶏がらスープ、砂糖、(あれば日本酒)を入れます。

少し汁気がなくなるまで炒め煮をして、醤油を入れます。
(私はこのとき唐辛子も入れた)

汁気がほとんどなくなるまで炒め続けます。

以上。

c0180339_19584082.jpg

簡単ですが、酒のつまみになりそうな感じです。
瓶詰めのたけのこが日本のメンマのようにぶ厚い物ではないところが残念ですが、それなりにおいしいです。

ドイツに住んでいると日本では簡単に手に入るものが入らない。勢い自分で工夫することになります。
それはそれで楽しいのです。

たまには桃Xのを食べたい気もしますが。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-22 20:00 | ドイツ生活 | Comments(4)

翻訳ソフト考察。

考えようによっちゃ、お茶目な翻訳ソフト。
特に日本語とヨーロッパ語との変換と言うのは難しいのでしょうね。

英語-日本語の翻訳は参考にもならないこともあると、昨日思いました。
(お笑いのネタにはなりそうだが。)

しかしながら、翻訳ソフトは結構ヨーロッパでは重宝されているようなんですよ。
たまたま私のデンマーク人の友人達がそうだっただけなのかしら。
彼らも遊び感覚で翻訳ソフトを利用しているだけのようですが、割と気軽に利用しているようです。

デンマーク人は総じて英語は上手ですし、ドイツ語もうまい。
にもかかわらず、翻訳ソフトは良く利用するらしい。

どれだけ語学が堪能でも、母国語で(それが少々お茶目な文章であったとしても)読めるほうが良いと言うことか。

ヨーロッパに土着するとやはりそれぞれの言語に対するそれぞれの民族の執着を感じます。

英語が世界の共通語って言うのはやっぱり違う。
英語は必要な時便利だから使うけど、母国語でいけるならほぼ100%の人が英語は使わないでしょう。

正直、英語が母国語の人が、
「話せてあたりまえ」的に英語で話しかけてくるとき、人によってはむかつくことがあります。
(いや、英語が話せて安心することもあるんですけどね。)

最近何処かで読んだ記事に(すみませんどこで読んだかすっかり忘れました。) ダ・ヴィンチコードや天使と悪魔で有名な「ダン・ブラウン」氏の書いた小説「パズル・パレス」に鋭い突っ込みを入れていました。

「暗号解析のエキスパートが中国語だと思い込んで解読できずにいた暗号が、2時間後(だったか?)に日本語の暗号だったと気付く。」

・・・この小説、私も読みました。確かに、ここに違和感を感じていましたが、突っ込み忘れてました。(大阪人にあるまじきっ。)

暗号エキスパートの人、うっかりすぎです。
日本語と中国語、ぜんぜん違いますから。
FBIだかCIAだか忘れましたけど、人材、足りていないようで。

しかし、先日ご近所さんとアイスクリームパーラーで和んでいる時、声をかけてきた変な親父も、「中国語も日本語も一緒だろう」と言うようなことをぬかしておりましたな。

まあ、パズルパレスは、大ヒットした2つの小説に比べるべく無い、駄作であったと私は思いました。(ですから1度読んでさっさと他の人にあげてしまいました。)

それにしても、日本語とヨーロッパ語間の使える翻訳ソフト、私が存命中に世に出回ることは不可能なんではないか、と思ってしまう今日この頃です。

待ち望んでおるのですがね。

人気ブログランキングへ

[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-21 18:51 | ドイツ生活 | Comments(6)

改宗せよ?

現在、仕事を気にかけつつ、ノルウェーの友人から今朝届いたメールに、気もそぞろなわたくし。
http://www.nrk.no/hurtigruten/
ここでベルゲンからノルウェー北を通りロシアまで行く5.5日間の船旅、実況中継中。

いや、さすがにこれに乗ろうとは今は考えておりませんが、(ロシアまで行っても困るし。)
一気に3週間後に迫ったノルウェー旅行への熱が高まろうと言うもの。

この実況中継、延々北海の島々がつづく海路をうつしだしているだけなのですが、なんか、和みます。
5日間これが続いて、しかも一人旅と言うのはつらいと思いますが、パートナーが居るなら素敵かもしれませんね。

ところでノルウェーに行くのにノルウェージアンクローネが一体いくらなのか、ネットで調べるべく、サイトにアクセスしてみました。http://coinmill.com/EUR_NOK.html

なかなか便利なサイトです。大体100NOKが13€ぐらいですか。

Enter the amount to be converted in the box to the left of the currency and press the "convert" button. Click on a currency to convert between that currency and all other currencies.

で、グーグルで日本語にサイトを翻訳することができるみたいなのでクリックしてみました。

通貨左側に箱で変えられるべき量を入れ、"改宗者" ボタンを押しなさい。その通貨とすべての他の通貨の間で変えるために通貨をつけなさい。

えっと。

日本語になっていないと言うか。 分からないんですけど。

素直に英語のページに戻った方がよろしいようで。

グーグルさん、もうすこしがんばりましょう。
c0180339_19244578.jpg

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-20 19:27 | ドイツ生活 | Comments(0)

Lock out

ヨーロッパ在住の方たち、もしくは留学生活を過ごされた方、おそらく、十中八九、一度は経験されたのではないでしょうか。
c0180339_1733721.jpg

悪夢のようなこの体験。
そしてこれを体験した後、もう自分がこの世に存在してはならないほどおろかに思え、もし数秒前にタイムスリップできるならば、1週間チョコレートを我慢しても良い。とまで思い込み、心の底から己のうっかりさを後悔する。

日本の住宅では少ないと思いますが、ヨーロッパの(少なくともドイツの)多くの住宅のドアはオートロック式です。
つまり、うっかり鍵を持たずに出ると、↑の様に己の未熟さを一生後悔するほどの憂き目に会います。

私も何度もやりました。(←学習能力が欠如。欠如している物は他にもあるけど。)

一人暮らしの場合、スペアキーを家族が持っていてくれているわけではないので締め出されてしまうことはわりと頻繁に起こります。
私のアパートは地上階の薬局にスペアキーが保管されておりますので、薬局があいていれば泣きつくことができます。

困るのは、休日や夜です。

昨晩(土曜日)22時過ぎ、お風呂に入っているとチャイムが鳴りました。
うちのアパートのお隣さんは最近引っ越してこられた日本人女性です。

なんとなく、出たほうが良い気がしてタオルを巻いた格好でドアをはさんで答えてみました。

・・・やっちまいましたね。
土曜日の22時過ぎ。 Lock out

とりあえず、鍵はドアの内側の鍵穴に刺さっているわけでなく、(もし刺さっていたらもう開けようがないので鍵を壊さねばならない。)バタンとうっかりしめてしまっただけのようです。
期限切れのクレジットカードや、工具一式をとりあえずお貸しして、私は風呂に戻り、手早く体を洗って出てきました。

やっぱり素人では難しいですね。

大家さんに電話するのも22時半では。(大家さんは車で30分離れた所にお住い。)

しょうがない、PCで近所の鍵屋を検索し、電話しました。

30分ほどで来てくれました。

そして、さすがプロ。これまたカードのような物で、あっさり3分ほどであけてしまいました。

で、260€。

お隣さん、お気の毒です。

しかし、私もここまで支払ったことはありませんが、鍵屋の世話になったことはあります。
200€近く払った記憶、あります。

夜中の11時に急の呼び出しで来てくれたわけですから、高くても仕方ないとは思います。

注意一秒怪我一生。
と言うほどのことではないにしても、運が悪かったとしか言いようが無いことは、世の中にはそれこそ山ほどあります。

これで済んだのだから、と思うほか無いです。

一事が万事。
気を引き締めて。他人事ではありません。私も最近うっかりが多発しているから。 
c0180339_17341445.jpg

学習能力が欠如していることだし。

人気ブログランキングへ

[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-06-19 17:37 | ドイツ生活 | Comments(4)

最新のコメント

いきなりコメントすみませ..
by ゆうな at 11:08
いきなりコメントすみませ..
by ゆうな at 11:08
初めてコメントさせていた..
by ENI at 06:04
楽しい記事をありがとうご..
by ピノ at 07:34
kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧