ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

オランダ人で行こう!

みなさんコメントありがとうございます。

ご主人が女性と外食していても、どこの誰なのか、はっきりしておれば疑ったり心配したりすることは無い。

ああ、良かった。
配偶者の方の気分を害していないか、というのはずっと懸念しておったのです。

ちなみに、「奥様が倹約夕食を食べている時に、ご主人がうまい物食ってる。」
これは確かに引っかかりますね。

私の場合、なんですが
男性と飲みに行くのは仕事がらみが多い。
少なくとも仕事を通して知り合った人が90%です。
始めは仕事がらみであっても今は仕事ではなく友人としてお会いしている人も居ます。

相手の男性が会社の経費で飲食代を請求できる時は、ご馳走になります。

しかし、あくまでも友人として付き合ってくれた場合は、自分の分は自分で払っています。

・・・で、これは現在までヨーロッパ人、日本人の男性に対して共通のガイドラインです。
プライベートにおごってもらうとどうしても、対等でないような気がして。

大概、「今日は僕が・・・」といわれますが、支払いが終わった直後に大体半分ぐらいの金額をササッと渡します。(カードで一括で支払う人が多いので。)
渡したお金は受け取る人のほうが多いですね。
中には渡した金額の半分くらいををまたこっちに返してくる場合もありますが。(←それはありがたく受け取る。)

独身女性の場合、こういった考え方をしている人は多いのではないかと思います。
特にアラフォー以上になったら 「ごちそうさまあ。」にっこり。 でおぢさんが鼻の下を伸ばしてくれる訳でもないので。(←20代なら許されると思うよ。収入も少ないんだし。)

裏を返せば、
「Go Dutch. 割り勘にする。」というのは私にとっては、
「借りは作りたくない。」 という意思表示でもあります。

ちなみに具体例を挙げると
アメリカ人の場合。パリ行きは仕事の出張でしたので、ご馳走になりました。
ICEのおぢさんとの場合。きっちし半分払っています。

つまりね、ICEのおぢさんには「常に借りは作らない、お友達モード全開」でお付き合いしてきたわけですよ。
誤解される態度は取ったことはなかったはず。
ですから、

「実はうそついてました。結婚してました。すみません。」
と白状されたときには、

「えええ?そんなつもりで最初から私にコンタクトしてきたんかいな。」

(うすうすは感じていたものの)まあ、正直びっくりしましたよ。

というところで、ここに突っ込んでもらえたのはカギコメJさんだけでしたね。


さて、ICEのおぢさんの好感度はいかに?!

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-30 20:53 | ドイツ生活 | Comments(10)

負け犬の独り言。

独身を長い間続けておりますと、独身ならではの人付き合いの知恵っつうものが培われてきます。

男性であれ、女性であれ、独身であれ、既婚であれ、
みんなとほぼ平等に付き合う術です。

付き合いというとやっぱりお食事やお酒をご一緒することから始まりますよね。
c0180339_127195.jpg
Dinner for two

女性の場合はさほど難しいことはありません。
主婦のお友達は会える時間帯が限られることが多いので、その点に気を使ってあげれば問題はない。

独身男性の場合は、変にお互い期待しない、させないことが一番。

既婚男性の場合は、こっちは全く必要以上の仲になることは期待していませんから、あちらの家族の話題を取り上げたり、奥さんとも仲良くなれるようにしたり、良き友人というポジションを素早く確保して、その路線がぶれないように気をつける。

主婦の皆様にとって、ご主人と私が食事に出かけても、心配は必要なし。
愚痴だって聞いてあげて、仕事についての話も聞いてあげているので、きっとご機嫌で帰ってこられると思いますよ。

ところで、既婚者の皆様にとっては独身の女性(または男性)と自分の夫(または妻)が夜食事に出かけることは気になったりむかついたりすることなんですか?お聞きしたいところです。

妻帯者との場合、それが日本での付き合いなら私は、奥さんやお子さん向けのお土産を買って帰ったりして、それなりに気を使います。

「人畜無害ですよー。」とアピール。全方位型外交が基本。

しかし、そうやってこちらが気を使ってあげているのに、妻帯者ご当人が粉をかけてくる場合があります。(独身だと嘘をつく輩もおりますのでね。)

そういう場合、速攻で引きます。
しかし、引いたぐらいではびくともしない厚顔無恥な妻帯者も存在します。

現在そのような既婚者若干2名と対決中。

「出口はこっちでーす。」と促しても出ていかないので、
そろそろ蹴りだそうかと思う今日この頃。



何から追い出すって?もちろん私の人生からですよ。


若干2名について突っ込みたい方はコメントでお願いします。
人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-30 01:30 | ドイツ生活 | Comments(16)

うっかりとしまった。

今日は出張してきました。大事なミーティングがありました。昨日から準備にてんぱっておりました。
午前中に家を出たのですが、出かける準備中ついうっかり出ないでおきたかった電話に出ちゃいました。

「ハロー。 どう元気にしている?」

・・・暫く誰かわからなくて、(名乗れよ。 怒)

あ、やばい、あのアメリカ人か。

「あらま、お久し振り、そちらも元気ですか?」(←必死で取り繕う。えっと名前なんだっけ。)

「君にあえなくて淋しかったよ。」(かなり直訳ですが、I missed you.です。)

「あー。。。わたしもですよ。」 (me too.←私の中ではこれは対になっている返事。)

「ほんと?How sweet of you. うれしいことを言ってくれるね。僕も逢いたいよ。」

え? いや儀礼上の me too ですって、深い意味ないですって。

「来週会えるかな?」 (←たたみかけられた。)

「ごめん、今出かける用意をしていて・・・。」 (何とか逃げ道を探そうと・・・。)

「じゃあ来週、電話をするからお会いしましょう。じゃあ、良い一日を!Bye!」

「あなたもね。」(どっと疲れる。)

なぜ?私は彼と来週会うことになったのか、
未だに釈然としません。

うまく断ろうと思っていたのに。
アメリカ人ってやっぱり話しの持って行き方が強引ですよね。



しまった。

あちらのペースに乗せられてしまった。


ちなみに「しまった。」という言葉は
局部麻酔で手術をしている外科医が、手術中絶対口に出してはいけない言葉なんだそうです。


それにしても、脇が甘いロッテンマイヤーであった。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-29 01:20 | ドイツ生活 | Comments(6)

至福の時間。

暗くて寒いドイツの冬。
そんな毎日の中で一番楽しみにしている時間というのは、

バスタイム。

バスタブも大家さんが新しくしてくれたので快適です。
日本のお風呂と違ってお湯が冷めてきたら沸かしなおすことが出来ないのがつらいところです。
熱いお湯を足すことで何とかクリアしています。(つまり始めは少な目のお湯から始める)

ほぼ毎日冬はお風呂に入っていますが、
バスタイムフルコースの時は1時間以上かかります。

まず、頭をシャワーでぬらして、このオイルで頭皮マッサージ。
本当は1週間に一度ぐらいマッサージをしたほうが良いのでしょうが、私はせいぜい2週間に一度ぐらいか。
マッサージの後暫くの間、髪が元気になる気がします。
c0180339_17542661.jpg


その間にバスタブにお湯を張ります。

髪をシャワーキャップで包んで、顔を洗い、パックをします。
c0180339_17544160.jpg

安いパックですが、こんな物でも結構保湿には役立っています。お値段以上は働いてくれる。

バスタブにつかりながら、友人からの差し入れ、雑誌を読みふけります。
c0180339_17563016.jpg

そして合間にしょうがすりおろしをたっぷり入れたゆず茶なんぞを飲みます。
お風呂の間に暖かいお茶を飲むと、発汗を促してくれるのでよーく温まった気がします。
c0180339_17564812.jpg

あ~ ごくらく ごくらく。

オイルをぬった髪は、後で普通にシャンプーします。

お風呂から上がったらフィレンツェで買ってきたローズウォーターを体にも顔にもバシャバシャっと。
後で普通のボディーローションも塗りますがこのローズウォーターは結構しっとりしますね。
c0180339_17571961.jpg


たまにこれで顔と首周りを洗います。
c0180339_1834433.jpg

緑茶パウダーです。(賞味期限、数年切れてます)
お湯で割るとお茶になる、あれです。
沢山いただいたことがあったのですが、それほど緑茶ばっかり飲むわけではないし、賞味期限は切れるし、どうしようかな、と思っていたところ、母から緑茶パウダーで肌を洗うとすべすべになると知らされ、実践。

緑茶パウダーを手のひらにとって少し水を加えると粘土のような状態になります。それを顔に塗ってマッサージ、そのあと水で洗い流します。
ちょっとしたピーリング効果というか、つるつるになりますよ。

高い化粧品を使っても、安い化粧品を使っても、大して差を感じられないという、お金のかからない体質に生まれついているようです。

皆さんはどうやってバスタイムを楽しんでいらっしゃるのでしょう。
人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-27 18:13 | ドイツ生活 | Comments(12)

横殴りの霙。

現在フランクフルトは霙が降っております。
c0180339_20421231.jpg

雪ではないので気温がそれほど低くないということなのでしょう。
しかしながら、

「外には間違っても出たくない。」

と思うには充分なコンディションであります。

ここ数日家に籠って何をしているかというと、
コンピューターの前でネットサーフィンをしながら、

考え込んでいます。

新しいプロジェクトに夢中なんですが、いろいろ次々思い浮かぶ可能性について調べて見るのが楽しくて。

一人で仕事をしていると、考えている時間が勢い長くなります。
考えないと次にすすめませんから。

会社に勤めている時、考える時間もなく次から次へと様々な業務に忙殺されておりました。
それも悪くはなかった。
なんだか達成感があったし。

こうやって籠って次ぎの可能性に対して考える時間を持てることは贅沢なことです。
それから、この時間を無駄に思ってしまう人は、きっと一人で仕事をすることは出来ないんじゃないか、と思います。

とある友人に言われたのですが、
起業家に必要な条件のひとつは

「不安定な状態ででいることに耐えられる。」

らしいです。

つまり、直接利益につながらないことをしている時間を持つことを恐がらない。

私もつい近年まで、考え込む時間はもったいないと思っていました。
しかし、私以外考えてくれる人はいないので、新しいプロジェクトが動く前というのはじっと考え込む時期が必要になってきます。

自分で起業して事業を起こした方達はどうやって、仕事のスケジュールを組んでいらっしゃるのかお聞きしたいなあ。

朝起きてから、寝るまで、ずっと考え込んでいるのは結構疲れます。

他人から見たら、
「なにしてんの?」
と思われると思うんですけどね。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-25 20:45 | ドイツ生活 | Comments(6)

牛と牛乳と冷たい手2

《おち編》
すみません。くだらないおちです。 
ほんと、すみません。
c0180339_23112428.jpg

牛と牛乳とつめたい手 本文はこちら

Hat der Bauer kalte Hände,
flieht die Kuh raus ins Gelände.  

「農婦(夫)の手が冷たいと牛はゲレンデ(放牧地?)に逃げてしまう。」

おぢさんとの会話の途中で出てきた言い回し。
こういう慣用句みたいな物は正直、ハードル高すぎて、ドイツ語万年初級の私には無理です。
ついていけません。

とりあえず表面的な意味はわかった。

しかし、おぢさんがこの慣用句をなぜ持ち出したのかは、さっぱりわからなかった。

本日の電話の最後にこの句がまた出てきたので、

「それ!表面的な意味は理解したけど、裏の意味がわからん。どういう意味で使っているの?」

「いや、意味はそのままです。つまり冷たい手は動物に嫌われる。」

「ああ、そこ?つまり、私は手が冷たいからきっと動物にはものすごく嫌われるね。」



「大丈夫僕の手はいつも暖かいから。」


・・・おちはそこでしたか。

いやーそうきたか。

って、ワレワレハイツノマニソンナニシタシクナッタノデアルカ?


ぜんぜん笑えないし、脱力しました。

ほんとすみません。
人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-24 23:14 | ドイツ生活 | Comments(14)

貨物。

本日日本から1カートン荷物が届きました。
c0180339_224909.jpg

これはEMS航空貨物です。
1週間もしないで到着。

つい3日ほど前に届いた貨物。(↓)
これはSAL便で届きました。
c0180339_22495032.jpg

SAL便は途中まで航空貨物でその後(多分シベリアあたり)からトラック。つまり船便よりは早いけど航空便よりはかなり遅い。
4週間ぐらいで到着しました。

普通船便で日本から送ると2ヶ月から3ヶ月かかるといわれます。

日本から物を送る場合、郵便局から送れるものであるならば、(大きさや重量に制限あり。)それが一番安いです。

やはり、国際クーリエ(運送会社)に頼むとやっぱり値段は跳ね上がります。
ビジネスで大量にもしくは頻繁に利用するのであれば、運送会社に相談せねばなりますまい。
しかし、2-3カートンを送らなくてはならないという場合は郵便局がお徳です。

そして、郵便局で送り状を書く場合、
もちろん正直にお書きになるべきです。 が、

あんまり価格の高い内容を書いてしまうと、物によっては税金がかかったりします。

DVDやCDなどは特にお気をつけになってください。

ぶっちゃけ、なくなって保険で帰ってくるか、といわれると手続きがものすごく煩雑で、なくなったも分全額が戻ってくるわけでもない。
つまり、できるだけ記入される価格は数千円程度に抑えられた方が良いのではないかと思われます。

航空貨物は貨物ナンバーによってネットでトレースできるようになっています。
が、あまり当てになりません。

「荷物は日本からドイツに到着しています。ドイツポストにあります。」
という状態があまりに長く続くため、何度も電話して問い合わせたら、税関で止まっていました。
c0180339_22491738.jpg
(税関を通ったという証明シール)

そこからいろいろ大変な目に合ったことが数回。

こういうことは一度こじれると時間がかかったり費用や手間がかかります。

なるべく目立たないよう梱包されて、送り状もシンプルに書き込んでおくこと。

そして後は


無事の到着を祈りましょう。(←最後はやっぱり神頼みかいっ。)


人知を尽くして天命を待つ。ってか。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-22 22:57 | ドイツ生活 | Comments(10)

牛と牛乳と冷たい手。

頓珍漢
というのは鍛冶屋の 「トン・チン・カン」という音を取っているそうです。
音がかみ合わないということから来ているのだとか。

私がドイツ語での電話を受けるのはほとんどが仕事がらみです。
その場合は何について話しているのかクリアですし、お互い必要なことしかほとんどしゃべりません。

電話会社に文句を言ったり、市役所に何かを問い合わせたりする場合も自分が言いたいことがわかっているので問題はないです。

ドイツ人の友人と話す場合も、家族のことやお互いの趣味のこと、大体内容がわかっているので何とか会話になります。

困るのはそれほど個人的に知り合って時間が経っていない、趣味や仕事など共通の話題がない人と電話で話す場合。(しかもドイツ語)
それも頻繁に、ということになるともう話題も尽きます。(つまりICEのおっちゃんのこと)

イギリス人と違い天気の話で10分ももちませんし、相手は容赦なく普通にドイツ語で言いたいことを言うわけですから、勢いそれを受けて返すことになります。(みきさんに天気の話題でどうやって会話を持たせるかご教授いただかんと。)

昨日いつものとおり昼ごろICEのおじさんから電話がありました。
会話の途中でいきなり、(私にとってはかなり突然だった。)

Kalte Haende (冷たい手)

Kuh (牛)

Bauer (農家)

という単語が電話越しに聞こえてまいりました。

「な、なんですとぉ?」

あまりにも突然のことなので、文章として頭の中でつながりませんでした。

私の、想像力の域を超えておった訳ですな。

おじさんが、私の戸惑いを聞いて説明を試みました。

「Kuh  ってミルクの出る、動物。」

・・・いや、それぐらいは知ってる。

それと冷たい手との関係は一体何?
そもそも何の話でそれがでてきた?

もうね、その、たとえ話や、慣用句を使ったウィットにとんだ会話、とかを私に期待するのはやめて欲しいんですけど。(関西弁でなら無制限で可能ですけどね。)

ハードル高すぎ。

仕方ないから、「確かに私は冷え性なので手は冷たい。  何か?」

そこから男性と女性の体温の差とドイツ人と日本人の体感温度の違いについての話になりました。


で、一体 「牛と冷たい手と牛乳と農家」 はどういう関係だったのでしょう。

どうやら

Hat der Bauer kalte Hände,
flieht die Kuh raus ins Gelände.  
(ネットの威力に脱帽。上記の単語を入れたらこの文章が出てきた。)

「農婦(夫)の手が冷たいと牛はゲレンデ(放牧地?)に逃げてしまう。」
(ミルクを絞る時のことを言っているのか?)

という言い回しがドイツにはあるそうです。(これって、おもろいんか?)

ま、これがわかったところで、おっちゃんが結局何を言いたかったのか、未だにさっぱりわからないんですけどね。

ほんまにかみ合ってませんでしょ?

こんな頓珍漢な電話での会話を繰り返している今日この頃です。

連想ゲームは得意なはずなんだけど。


c0180339_21393610.jpg

かんぺいさんマラソン世界一周ゴール!おめでとう!
人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-21 21:43 | ドイツ生活 | Comments(14)

なると金時

友人が日本から持ってきてくれた
なると金時

焼き芋にしていただきました。
美味。
c0180339_2224348.jpg

アルミホイルに包んで160度設定のオーブンで90分。
時間をかければおいしく出来上がる。

ドイツでもスイートポテトと名づけられたサツマイモもどきを見かけます。
しかし、これはこんな風に甘くないしねっとりもしていない。

サツマイモの形をしたジャガイモ風の芋。という感じです。

ドイツで日本に比べてお安く買える、しかもおいしい野菜というのは

ズッキーニ(なぜか一年中ある)
コールラビ(日本ではほぼ見かけない)
マッシュルーム(これ以外のきのこはそれなりに高い。)

サラダ菜に数種日本では見かけないものがあります。
ホワイトアスパラガスはドイツのほうが安くておいしいものの筆頭かもしれませんね。

しかし、こんなもんか。

日本のスーパーにはこの時期、せりも水菜も、小松菜も青梗菜もとにかくいろいろありますよね。

日本ではなかなか食することが出来ないお野菜を、ドイツではとりあえず食べておこうと思います。

・・・思いますが、なると金時はうまかった。(はじめに戻る。)
c0180339_22242865.jpg

塩バターとの相性は抜群。
人気ブログランキングへ



[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-20 22:26 | ドイツ生活 | Comments(10)

行きつけの店。

家から歩いて10分ほど、商店が続くストリートに私の行きつけの店があります。

ここです。
c0180339_1451417.jpg

それほどおおきくない本屋です。

ここは美術書、デザイン関連の書物が多く、中にはディスカウントしてある物があるので時々寄っては、
c0180339_1453368.jpg

・・・つい無駄遣いを。

ドイツ語の美術書をそんなに読むはずないじゃないですか。
眺めて満足するだけなんですけど。
つい、手が出てしまうんですよね。

ここは絵本や料理本も沢山あるので暇つぶしにもってこいです。
立ち読みしているところにはたきをかけに来る親父もいないし。

フランクフルトで一番大きな本屋さんはここです。
地下1階、から3階まであります。
地下にはカフェもあり、購入前でも本の試し読みが出来ます。
c0180339_146311.jpg

ここでもなんだか、つい散財するんですよね。

書籍はネットでいくらでも簡単に購入できるし、その方が安い場合もある。

でも、本屋さんってつい寄ってしまうんですよね。

それが日本であろうと、ドイツであろうと、読めない言語の本しか売っていない本屋であろうと。
電子書籍の時代が来ても、紙の本に対する愛着はなかなか消えそうにありません。
c0180339_20201244.jpg

あの本屋でつい買ってしまった、積読専用の本たち。
かわいいという理由だけで買ったくまのぷーさん(ドイツ語版)
人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2011-01-19 23:32 | ドイツ生活 | Comments(6)

最新のコメント

更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02
明けましておめでとうござ..
by コバヤシ at 16:47
ぽんさん、こちらは空気が..
by Rottenmeier-ffm at 03:03
ご近所さん、遅ればせなが..
by Rottenmeier-ffm at 02:29
おかえりなさいませ~~☆..
by ぽん at 14:39

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧