ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

スーパーのチラシ

毎週土曜日、大量のスーパーのチラシが郵便受けに入ります。
たぶん郵便配達の人が郵便物と一緒に配っていると思うのですが、もしかしたらチラシを配る専門会社があるのかもしれません。

一人暮らしですので、「トマトがあっちのスーパーに行けば20セント安い。」というような読み込みはしませんが、
一応、全部に目を通します。(流通業界に身を置くものとして、現在の物価情報を手に入れるのに最適。)

今回、改めて気が付いたのが Rewe という全国チェーンのスーパーマーケットが ヘッセン州特集を組んでいたことです。(つまり、大阪のダイエーが「大阪府産特集」を組んだみたいな感じか?)
c0180339_16322939.jpg

近頃ドイツのスーパーでは野菜、果物な生鮮食料品に関して、最低でもドイツ産、イタリア産、などの原産国が表示されています。中には「この地域の農家から」という表示もあり、新鮮さをアピールしています。

しかし、ヨーグルト、ソーセージ、パンなど通常大きなメーカーがドイツ全国内に向けて流通させている商品に関してわざわざヘッセン州の企業を集めて特集というのが珍しいと思いました。

確かに企業も、遠い町に運ぶにはガソリンも余分に必要ですし、いろいろリスクも増えます。工場のそばのところでしっかり売れてくれることが大事でしょう。
住人も地元の企業が儲かってくれることに依存は無いでしょうし。

全国展開のスーパーが「地元で作ったもの、採れたもの」をアピールするということは、スーパーの経営方針が

中央集権型で安いPB(プライベートレーベル)をバンバン作ってドイツ国内どこに行っても同じものが売っているという状況から、
地方分権型、各地域独自のマーケティング、マーチャンダイジングが尊重されるような感じになってきているのかしら。

・・・と、思ったりしています。

ドイツの不況は深刻です。

明らかに道端で物乞いをする人は増えているし、お店に入ってもお客さんがいません。

スーパーも生き残りをかけて必死です。

人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-30 18:55 | ドイツ生活 | Comments(0)

アタックNo.1

最近びっくりしたこと。

久しぶりにドイツ大手電気やチェーン店に行きました。
そしてものすごく久しぶりにCD,DVDコーナーをうろついてみました。

土曜日のお昼にもかかわらずこのお店がものすごくすいていたので、ドイツの不景気感を改めて身にしみて感じました。(このチェーン店、大丈夫なんでしょうか。)

さて、何にびっくりかというとDVDのコーナーでこんなの見つけました。

c0180339_18433230.jpg

するする描けたのは、昔まねして描いていたことを手が覚えていたんでしょうか。

私は、どんぴしゃこの世代です。
竜巻落としをビーチボールで再現しようと汗みどろになった幼年時代。
ポニーテールはもちろんまねしました。
ちょっとしょっぱい思い出です。

ドイツ語の題名は

Mila Superstar
・・・・イタリア臭い名前なんですけど。

私の予測では、

まずイタリアでアタックNo1がブームになった。(今、イタリアの女子バレーが強いのはきっとこのせい。)
  ↓
そしてドイツにもイタリア経由で輸入された。
(あくまでも根拠の無い仮説。)

それにしても確かBOX入り5-6枚セットのDVDで出ていましたね。

・・・ハイジだけじゃなかったんだ。

DVDコーナーには ドラゴンボールはもちろんのこと、翼クロニクル、エヴァンゲリオン、ガンダムをはじめ、私が知らないアニメDVDがいっぱい並んでいました。

正直、ディズニーを圧倒しています。(種類多様さで。)

全部テレビで放映していると思えないのに、売れているんですかね。
・・・売れているんでしょうね。


人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-29 18:53 | ドイツ生活 | Comments(4)

クロウタドリ

昨日のブログの鳥の名前判明しました。
クロウタドリ
なかなかかわいい名前です。
ドイツでは
Amsel または Schwalzdrossel(黒ツグミ)

英語(イギリス)では一般的に
Black Bird (ただしアメリカでBlack Bird は違う鳥をさすらしい。)
みきさん情報多謝!

全くWikipediaは素晴らしい。何でも載っているねえ。
ちなみに昨日の絵はうろ覚えのまま描いたので、雌の絵に多少間違いがありました。
こんな感じですか? (良く見ると目の回り、黄色のアイライナーがはいっていました。)

c0180339_047949.jpg
それでも地味。
c0180339_0492122.jpg
なかなかいい声で鳴きます。(鳴くのはたぶんオスのほう。)
10年以上ドイツに住んでいて初めてあの鳥の正体がわかりました。
つぐみの種類だというぼんやりしたカンはあたっていました。

長年の謎があっさり判明。
ちょっとうれしい。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-28 00:55 | ドイツ生活 | Comments(2)

赤い鳥小鳥

赤い鳥小鳥 なぜなぜ赤い
赤い実を食べた

白い鳥小鳥 なぜなぜ白い
白い実を食べた

青い鳥小鳥 なぜなぜ青い
青い実を食べた

詩/北原白秋

この歌は皆様ご存知でしょう。
ほんわかするやさしい童謡ですよね。

私はこの歌を聴くたびに、
ある現実を思い出します。

こんな(↓)鳥がドイツにはたくさんおります。日本では見かけないのですが、なぜか住宅街、郊外を問わず、すずめやカラスを抜いて、ダントツに見る機会の多い鳥です。(ハトを除けば。)
名前をご存知の方いらっしゃいます?

c0180339_012668.jpgオスは鮮やかなオレンジのくちばしとアイライナーを持ち、真っ黒。

c0180339_034621.jpgメスはうだつのあがらない感じのグレー一色です。



c0180339_06763.jpgさて、なぜ 「赤い鳥小鳥」 が冒頭に出てきたかというと、
彼らはそれこそ そこらへん におります。


その足跡が時々街路樹の下などに止めた車の屋根やフロントガラスに残っております。





c0180339_065194.jpgその、彼らが落として行ったものが、彼らの本日のお食事の内容に如実に反映されております。
「こいつ、赤い実、食べたな。」

「今日は、白い実か。」


・・・・いえ、美しい童謡のイメージを損なうつもりは全く無いのですが、

彼らの落し物をフロントガラスに見るたびに、私の頭の中であの歌が響くのです。

c0180339_012791.jpgまあそのおかげで、多少彼らの落し物を穏やかに受け止めることができるのですけれど・・・








人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-27 00:16 | ドイツ生活 | Comments(2)

マイケルジャクソンさん

ネットでマイケル・ジャクソンさん急死の報を読み、びっくりしました。

わたしがMTVを見ていた頃スリラーが爆発的に売れた時期で、短い音楽ビデオなのに映画一本分ぐらい楽しいエンターテイメントだと感動しました。(ついでにヤン・アルコビッチのパロディー版も好きでした。)

80年代ってもう30年近く昔の話になるんですよね。
改めて感慨深い。

ダイアナ英国王妃、グレース・ケリーモナコ王妃、プレスリー そしてマイケル。
時代のアイコンといわれる人たちはどうして早死にしてしまうんでしょうね。

POPの帝王のご冥福をお祈りします。

人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-26 18:54 | ドイツ生活 | Comments(0)

ベリー、ベリー、 Berry

イチゴは本来夏が旬の果物と聞いたことがあります。
ベリーは今が旬なのでしょうか。 市場では各種ベリー類とさくらんぼ、桃類あたりが八百屋さんの店先をにぎわしています。さすがに白アスパラガスは鳴りを潜めました。
c0180339_23351020.jpg

イチゴのジャムは今年は4月に作ったのですが、今回旬で安くなった
Himbeere(ラズベリー)  Blaubeere(ブルーベリー) Erdbeere(イチゴ) 
3種類ミックスジャムに挑戦します。
(いや、洗って砂糖で煮て、途中でレモン汁を入れるぐらいなんですけど。)

ラズベリー250g (2ユーロで購入)
ブルーベリー 200g (2.5ユーロで購入)
イチゴ 500g (3ユーロで購入)

合計7.5ユーロ分のベリーを投入します。
プラス、砂糖代、その他もろもろを考えるとスーパーで瓶入りジャムを買った方が安いのは自明の理です。
しかし、甘過ぎず、果物100%のジャム(とコンポートの間ぐらいか?)はそれなりにおいしいです。

できました。
c0180339_2336319.jpg


ラズベリーのすっぱさがいい感じです。
これをヨーグルトにかけて食べる。(いい感じ)

なんでウィークデーの昼間にこんなことをやっているかというと、大クレーム発生中で なおかつ、現時点で私にできることはなく、他力本願で何とか軟着陸をしてほしいと祈っている状況だからです。

現実逃避。

(好物を食べまくる。買い物をしまくる。料理をする。・・・このあたりがストレス下にある私が取る現実逃避行動。先週から全部やってます。)

さて、ビンにつめるか。

こんなものも買いました。これも旬。ドイツ産チェリー
c0180339_23423672.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-25 00:02 | ドイツ生活 | Comments(4)

独善的各国イメージ3

更に、更に
昨日に引き続き、膨れ上がった夢想にお付き合いください。

わたしがもし、車の製造会社の経営者だったら。

デザイン  イタリア人 ドイツ人
車のデザインはやっぱりイタリアがいいな。でも内装のデザインはドイツ人のほうがいいかもしれない。
イタリアデザインは使い勝手とか機能より見栄えが優先なので、運転しにくいとまずいから。
ドイツデザインの車の内装は、機能的で美しそう。計器とか座りやすい椅子とかのデザインは得意よね。

ちなみにCI(コーポレートアイデンティティー)デザインは絶対デンマークかスウェーデン人でお願いします。SAS並みの仕事をやってもらいたいところだ。

設計、技術開発   日本人
細かいところまできっちりとやってくれるイメージ。
少々無理なことも、技術で何とかしてやり遂げてくれそうな感じ。

製造     ドイツ人
工場でがんがん組み立ててくれて、きっちりかっちり仕上げてくれるのはドイツ人マイスター達かと。
でかいから力持ちだし。

販売、宣伝広告 アメリカ人
アメリカ人は全世界的規模マーケティング、どうやったら効率的に広告宣伝活動を行えるのか考えるのが得意そう。・・・というか、お祭りとか企画して盛り上げるのはうまいよね~。

資材調達 オランダ人
オランダ人はどうやら自他共に認めるけち節約家ときいております。
おまけに交渉がうまいので世界各国から選りすぐりの材料を、一番リーズナブルに買ってきてくれそうな気がする。

経営者付き秘書 イギリス人
執事と同じ理由で。経営者ならきっとパーティーや、式典に参加しなければならないことも多いはず。完璧に振舞えるよう、サポートしてもらわねば。

財務 スイス人
スイス人 イコール銀行家のイメージから。間違いなくきっちりやってくれそうです。

さて、ここでフランス人が採用されていないことに気づきました。普通ならデザイン部門で採用というところなのでしょうが。

イタリアンデザイン、スカンジナビアンデザイン、ドイツデザイン、オランダデザイン、というとそれぞれに代表的なイメージがわきます。もちろんデザイナーそれぞれが個性的であるのですが、それでもなんとなく、共通するにおいがあるというか・・・・。

私自身勉強不足なのか、世界で遍く広がっている ”フランスといえば洗練されたデザイン” というイメージが具体的に 浮かばないのです。

フレンチデザインといわれると、
たとえば スタルク もっとさかのぼれば、ル・コルビジェのイメージはわくのですが、それは全然共通項が無いし、同じスタイルにくくれません。
国民性もラテンですがイタリアほどお気楽そうでもないし、ドイツほどカチカチでもない。イメージがわきにくいです。

ああ、そうか、フランスといえばサルトルとボーヴォワール。(←短絡的。)
哲学的に思考してもらって新しく製造する車のコンセプトを考えてもらえばいいのか。

ほんじゃ
商品企画(コンセプト)  フランス人


ってことで。
どうです?

こんな会社すぐつぶれるかしら?

会社の所在地ですか?
工場はさておき、本社は
ベルリンで。(またかっ!)
c0180339_2337539.jpg

パウル・レーベ ドイツ連邦議員会館 
この建物は本当に美しいと思います。ここ、本社ってことで。

自宅(首相官邸)から近いし。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-24 00:50 | ヘタリア的エピソード | Comments(2)

独善的各国イメージ2

ヘタリア的各国イメージは昨日ご紹介させていただきましたが、私の独善的各国イメージを膨らまして、夢想して見ました。

私がもし大金持ちで大邸宅に住んでいたら。

コック イタリア人と日本人
毎日食べるなら、フレンチよりイタリアンを選びたい。そしてやっぱり日本食は週に2-3回食べておかないと。
そして、お客様をおもてなしする場合基本は西洋料理としても時々は日本料理でおもてなしもゲストにとっては新鮮でよろしかろう。
ということでコックはイタリア人と日本人。

執事  イギリス人(50歳以上の男性に限る)
執事はやはり、映画や小説のイメージが強いか、どうしてもイギリス人。
慇懃無礼そうだけど、マナーに関しては詳しそうなので安心。(というか、現存するヨーロッパのマナーってイギリス発祥のものが多くないか?)
英語を話すというのもポイント。儀礼的な挨拶状など、美しい英語文で適当に出しておいてくれないと困るから。

メイド フィリピン人
イタリア、イギリスで聞いた話によるとメイドさんで評判が良いのはダントツでフィリピン人。
誠実できちんと仕事をしてくれるからというのが理由。
あまりカチカチではない、ちょっとゆるーいイメージがくつろげる家には不可欠。
ドイツ人のメイドさんは逆に絶対 やだ。

技師(ハウスマイスター) ドイツ人
これは一般的なイメージをいただいてます。私が知るところではイメージはそこそこ正しいかと。
電気や水道施設の修理、ドアや柵の補修など、ハウスマイスターの仕事は結構たくさんありそうですが、地道に確実にやってくれそう。


庭師  イギリス人
庭師はちょっと迷いましたが、自然大好きの国民性がつとに有名なイギリス人で決定。
草花に愛情をかけてくれそう。


ボディーガード ロシア人
ボディーガードは逆に一番襲われたら怖いのはどこの国の人? とまず考え、それに対抗できるのはやっぱりそこの国の人と思って選んでみました。

ちなみにその邸宅の建築家はドイツ人。大工さんもドイツ人。
インテリアデザインは デンマーク人

その邸宅はどこにあるべきかというと、 ベルリン です。(今一番住みたいところ)

邸宅のイメージは ドイツ首相官邸 ですか。
c0180339_22433396.jpg


アンゲラ、一日だけでいいから住居を取替えっこしません?

人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-23 00:02 | ヘタリア的エピソード | Comments(0)

独善的、各国のイメージ

♪この世の地獄とは~
コックがイギリス人
警官はドイツ人
技師はフランス人
銀行家がイタリア人
恋人がスイス人

♪この世の天国とは~
コックはフランス人~
警官はイギリス人
技師はドイツ人
銀行家はスイス人
そして恋人はイタリア人~

・・・というような内容の歌をヘタリアでローマじいちゃんが歌います。
c0180339_2041618.gif

ま、この手の小話はいろいろあるわけで以前私もブログに書いたことがありましたが、(典型的気質とやら/タイタニック小話)

上記の歌は、納得しますね。
ヨーロッパでも一般的に流布している説ではないでしょうか。

天国バージョンで
「嫁は日本人。」
というありがたい説もヨーロッパでは時々耳にしましたが、

この場合の日本人女性というのは、いわゆる

おとなしく、文句も言わず、ひたすら夫に従順にかしづく、

何十年か前に絶滅した品種のイメージを
日ごろ強い女性に虐げられているヨーロッパ人男性が心のよりどころとして
いじましくも必死で保ち続けているからではないか、と思われます。

繰り返そう。

男性にとってこの上なく都合の良い、日本人女性とやらは

とっくに絶滅しました。


最近ネット新聞で得た知識によると専業主婦希望の20代女性が増えているとか。
ちょっとびっくり。

いや、我々の世代は
「自立した女がかっこいい。」

とあらゆる女性誌が取り上げてたもんですから、単純な私はうかうかとそのブームに乗って、気が付いたら

とても立派に自立してしまっていました。・・・
 (かっこいいかどうかは別の次元)

それでも後悔は全くしていないので、むしろ専業主婦希望の後輩達に

「それでいいのか?」 と問いたい。

どうやら楽な人生を送りたいので専業主婦希望ということらしいのだが、長い間生きていれば大小の差はあるがとにかく波は襲ってくる。
楽~な人生って無いと思うぞ。きっとそれは退屈だろうし。


たぶん専業主婦になったって、いろんな意味で波は襲ってくるはず。
専業主婦が楽で安全というのはきっと違うぞ。(経験が無いから詳しくはわからないが。)


平均寿命が90歳に近い昨今、どうやったら退屈せずに長い人生を全うすることができるのか。
私にとっては人生最大の課題のひとつ。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-21 20:55 | ヘタリア的エピソード | Comments(0)

かわいいにもほどがある。

オランダの片田舎に住んでいるお友達から、生まれたばかりのひよこの写真が届きました。
友達によると、5月ごろ雌鳥は今まで生みっぱなしだった卵をどういうわけか突然温め始めるそうです。
そして数週間後、ぴよぴよとひよこの声が聞こえてくるようになるらしいです。

ああ、それにしてもひよこってかわいいですよね。

お気に入りはくろくていちばんちっこいやつです。
まあ、見てやっておくんなさい。
c0180339_23213143.jpg

c0180339_23214994.jpg

c0180339_23224536.jpg

c0180339_23233345.jpg

c0180339_23245013.jpg

c0180339_23243179.jpg

c0180339_2324772.jpg


なごみませんか? なごみますよね。

くろくて一番ちっこいやつはどうしても出遅れていつも一番後ろをとことこついていくらしいです。

いえね、仕事でものすごくトラぶってましてね、なんだか、こういうので和みたかったんです。
c0180339_23491870.jpg

人気ブログランキングへ
[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2009-06-19 23:50 | ドイツ生活 | Comments(2)

最新のコメント

楽しい記事をありがとうご..
by ピノ at 07:34
kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53
コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧