ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

オペラのお値段。

オペラファンというほど熱心にオペラに行くわけでもなく。
クラッシクファンというほどコンサートに足しげく通うでもなく。
c0180339_1636321.jpg

しかし、ドイツに住み始めて年に数回はオペラ、ミュージカル、クラッシックコンサートなどに行くようになりました。
日本では年に1回か2回。劇団四季のミュージカルかコンサートに行くぐらいでしたね。(そういえば昔はコンサートといえばスティングやビリージョエル、そっち方面でしたっけ。)

ヨーロッパの冬にはエンターテイメントが良く似合う!

夕方にはすっかり暗くなっている街中。
しかし、オペラ座やコンサートホールの周りは街頭が明るい。
華やかに着飾った人たちが集まってきている。会場入り口のざわめきが外にも伝わってくる。

コートをクロークに預けて、席に着く。前後左右の人がどんな人か気になる。
同列の奥の席の人のためにいったん着席した席を立って前の通路を通してあげる。

オーケストラの弦楽器が音合わせをしている。

観客が大方席についた頃、ライトが暗くなり、

さあ、始まる!

音楽の世界でプロになるのはとても難しい。
その厳しい競争を勝ち抜いてプロになった人たちが集まっているのがオーケストラ。
オペラの場合豪華な舞台、衣装、歌手も必要。

それなりの金額になるのは当然といえば当然です。

で、日本にお住まいの方々は一体ヨーロッパのコンサートやオペラがおいくらなのか気になるところでしょう?
(なりませんか?なるよね?)

フィレンツェ交響楽団のオペラ「運命の力」のチケットは70ユーロ弱でした。
ベルリンドイツオペラ座での「タンホイザー」も70ユーロぐらい。
ベルリンフィルハーモニーのコンサートも大概60ユーロちょっとという感じかな?

一番高い席で通常90ユーロぐらいか。
私が買うのは上から2番目ぐらいの価格の席です。
日本のコンサートホールはほとんどの席が一番高い価格設定で2番目の価格の席って端と後ろに少しだけって言うことないです?その点、ヨーロッパは良心的です。2番目と3番目に高い席あたりが一番席数が多い。

安い席は多分20ユーロぐらいで天井桟敷があるのではないかと思います。

ロンドン、パリはもしかするともう少し高いかもしれませんが、イタリア、ドイツあたりの相場はこんなもんでしょう。

つまり、一応ちゃんと席についてコンサートを楽しむ場合、40ユーロ(2-3階席)から90ユーロぐらい払えば良いということでしょうか。

日本で海外から楽団を呼んで、コンサートを開くとなるとやはりチケットは1万円ぐらいすると思います。
オペラは舞台装置や衣装も持ってこないといけないから、2万円ぐらいするのかな?

それを思えば地元でコンサートやオペラに行くのはやはりお徳です。

一般庶民にとって年に数回であれば手が届かない楽しみではありません。
ドイツに住んでいる間はとりあえずこのヨーロッパ在住のアドバンテージを満喫できるだけしておこうと思うのであります。


ちなみにチケットはほとんどWEBで購入します。
リターンチケットなどをあてにする場合は、直接会場のチケットセンターに電話するのが早いです。
ドイツの場合はクレジットカードのナンバーを言えば電話だけで購入できます。

ここでは歌舞伎や能を鑑賞する事は出来ませんが、それは老後の楽しみに取っておこうかと。

お金の使い道には困らないんだけどねえ。
人気ブログランキングへ


[PR]
by Rottenmeier-ffm | 2010-09-29 17:24 | ドイツ生活 | Comments(11)
Commented by usatoru at 2010-09-29 19:59
こんにちは。先日フィレンツェ歌劇場の来日公演予約しましたけど。45,000でした~。たいがいそんな感じですよ、日本だと、、、、(^^;もっとも安い席もあるけれど、それでも15,000円くらいはするんじゃないかな。

ちなみにボストンにいた頃は小沢征爾指揮するボストン響をよく聴きに行きましたが、安い席だと5ドルなんてのもありました(笑) 来日公演ってことで希少性もあるけど、基本的には高いですよね日本のこの手に公演は。ったく!
Commented by JunJun at 2010-09-29 23:18 x
そうなんですよねー、現地のホールで聴くとお安いのですよ、基本的には。
ただしビッグネームになると、ヨーロッパ内でもそれなりに高くなるし、オペラのプレミア公演とか音楽祭は日本での公演とほとんど変らないですよ。
5月に聴きにいったWPHは、ウィーンとケルンとDUSで同じプログラムやってたのですが、ウィーン<ケルン<<DUSという値段差がありました。ケルンとDUSで何故にこんなに違うのか?う~ん、ケルンはWDRがカメラ入れてたからでしょうか。
来日するオケ・オペラも、人気度とか有名度でかなりお値段違いますね。
一流オペラは本当に高い!片手で足りるかどうかですもん。(足りる方が少ない?)でも、バーデン市立劇場は12000円でしたよ。これはかなり良心的です。
それに円高だからチケット安くなるのかと思ったら大間違い。円建てで契約するそうです。だから喜んでいるのは、ギャラをもらう人たち・・・
来月のWPHのチケット代(+遠征費)は、すごいことになってしまいました・・・本当に、ウィーンに住んでいる人たちがうらやましいです。
ちなみにWPHのチケットは1公演35000円也。BPOが来日したら、それより高くなります。
Commented by toramutti at 2010-09-30 00:25
ドイツの場合、州立劇場ですから、州政府が予算を削り始めているとは言え、相当、援助しています。だから、この値段なんだろうな、と思います。
Commented at 2010-09-30 03:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みき at 2010-09-30 05:45 x
ロンドンはROHでの公演でも、ROHなのか、ツアーものかによってお値段に開きがあります。
ROHだと、200ポンド弱(ストール)が相場、ツアーだと同じ場所での公演なのに7-80ポンドです。
ミュージカルが出しても60ポンドなのに比べると、かなり割高感があります。
でも着飾って、シャンペンを飲みながら他の観客を品定めしたりするのはオペラの楽しみの一つなので、単純にお値段では割り切れません。
Commented by Rottenmeier-ffm at 2010-09-30 06:24
usatoruさん、4万5千円ですってええ?あまかったな。2万円ぐらいはすると思っていたが。倍以上か。なんだか申し訳ないです。・・私は70ユーロで見てきますね。ボストンもリーズナブルだったんですね。日本でオペラを観るのは私には無理だ。ドイツに住んでいる間に気の済むまで見ておくつもりです。
Commented by Rottenmeier-ffm at 2010-09-30 06:28
JunJunさん、オーケストラも高いんですねえ。びっくり。BPHのジルベスターコンサート、(ラトル氏指揮)ちょうど全世界配信の放送分録画の日でメルケル首相も来ていた日でしたが、確か100ユーロしなくてど真ん中の席でしたよ。ということは、それってものすごく安かったってわけか。WPHのコンサートもそのうち行ってみたいと思います。
Commented by Rottenmeier-ffm at 2010-09-30 06:31
toramuttiさん、やっぱり、援助がされているんですよね。日本の価格を聞いた後なので、そのご意見には至極納得。
なんだか、音楽の素養の無い私が贅沢なオペラやコンサートに行くって言うのがだんだん申し訳なくなってきてしまったわ。
Commented by Rottenmeier-ffm at 2010-09-30 06:42
みきさん、ロンドンの方がやっぱり相場が高そうですね。確かにミュージカルに比べると高いな。ミュージカルだって結構公演にお金がかかりそうなもんですのに。確かにオペラはゴージャスな雰囲気が味わえますね。私も何を着ていこうか、今から考え始めております。
Commented by ロッコ at 2010-10-02 06:47 x
こんにちは!2回目(かな?)のコメントです。
私もヨーロッパ在住の最大の利点は芸術鑑賞が気軽に楽しめることだと思っています。私はオペラ・声楽は苦手なのですが(どうやら人間の声がダメみたいです…)、バレエと管弦楽が好きで、しょっちゅう行っています。
ところでロッテンマイヤーさんのように「ベルリンに、フィレンツェに」というのはとっても素敵ですが、地元フランクフルトでは何かご鑑賞されますか?ドイツのバレエ団だと例えばシュトゥットガルトなどが有名だと思いますが、フランクフルトにも良いバレエ団などはありますか?フランクフルトのバレエ・音楽情報も記事にして頂けたら嬉しいです!
Commented by Rottenmeier-ffm at 2010-10-02 20:25
ロッコさんコメントありがとうございます。地元フランクフルトにはモダンバレエ団、William Forsythe Frankfurtbalett があります。私も2度ほど足を運んだことがありますが、モダンすぎて・・・やっぱりバレエ鑑賞はクラッシックがきれいで楽しいです。モダンバレエ専門の小劇場もあったり、ある意味フランクフルトのモダンバレエは有名みたいですが、地元なのにいまいち触手が動きません。
Radio Sinfonie Ohcestr-Frankfurt フランクフルト放送交響楽団の国際的評価は詳しく知りませんが、ノイオーパーで聞いたことがあります。そういえば去年のクリスマス以来地元でコンサートに行っていないなあ。

最新のコメント

初めてコメントさせていた..
by ENI at 06:04
楽しい記事をありがとうご..
by ピノ at 07:34
kobayashiさん、..
by Rottenmeier-ffm at 18:04
pharyさん、さすがに..
by Rottenmeier-ffm at 18:02
ぽんさん、コメレス遅れて..
by Rottenmeier-ffm at 18:00
更新がないのはお忙しいか..
by phary at 18:13
まぁ~☆  帰国されてた..
by ぽん at 14:51
ぽんさんお久しぶり。(私..
by Rottenmeier-ffm at 07:05
今、物流倉庫の管理がロボ..
by ぽん at 14:24
kisaさん、そうですか..
by Rottenmeier-ffm at 19:53

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

日本の春2017
at 2017-03-22 11:31
大型物流倉庫の火事考察
at 2017-02-22 19:32
ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧