「ほっ」と。キャンペーン


ドイツと日本、往復しながら考えた。さて、どっち向かって歩いて行こうか。


by Rottenmeier-ffm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ワーゲンフェルト デザインセンターブレーメン

ブレーメンには20年近い付き合いのある工場があり、何度も通っている街です。とはいえ、工場で仕事の後は日帰り出張がほとんど。そのままICE(新幹線)に乗ってとんぼ返り(往復9時間かかります。)―だったのでブレーメンの音楽隊で有名な街中を散策する機会はなかなかありませんでした。今回久しぶりにブレーメンに一泊したので翌半日を観光に使いました。お目当ては私の場合美術館です。
ブレーメンの美術館は規模がそこそこ大きいそうですが、今回はその向かいのデザインセンター、Wilhelm Wagenfeld Haus ヴィルヘルム・ワーゲンフエルト記念館に行ってきました。
c0180339_21335899.jpg
ワーゲンフェルトはブレーメン出身の産業デザイナー。バウハウスを代表するデザイナーの一人です。ワーゲンフェルトは1900年生まれ。90歳で亡くなるまで現在も様々なブランドで製造され続けている製品のデザインを残しました。
今回の美術館の催しのテーマは ”Stapeln. Ein Prinzip der Moderne.” スタックする。(重ねる)モダンデザインの原則。とでも訳しましょうか。バウハウス以降の数々のデザインアイコンとも言える製品が並びます。  
c0180339_21350483.jpg
重ねることがテーマですので家庭用品から家具までいろいろなデザイナーによる製品が丁寧に整然と展示されていました。ちなみにWMFやZwiesel、テーブルウェアやキッチン用品メーカーでワーゲンフェルトデザインの製品は今も購入可能です。(お値段は結構しますが。)
c0180339_21343543.jpg
c0180339_21352539.jpg
1955年にデザインされたサラダサーバー。
ドイツプラスティック製造会社、Johannes Buchsteiner Plasticwerk から発売されたようです。このブッフシュタイナーという製造会社はプラスティック製品が一般に普及する時代の先駆け的存在だったと推察します。現在もランチボックスのようなものを作り続けています。
c0180339_21355112.jpg
この美術館でお土産としてサラダサーバーを4セット購入しました。プラスティックですから価格も安いもんです。しかし、美術館でワーゲンフェルトの一連の偉大な功績を見た後では、このサラダサーバーはひときわ輝いて見えます。
素材はPPです。一見乳白色のガラスのように見えます。PPでこんな色が出るとは知りませんでした。
実際手に取ると軽いし、100円ショップで売っていても違和感は無いと思います。なんと言ってもシュリンクパック包装でステッカーが貼ってあるだけと言う残念な外装。
しかし、もしこれがカッコイイパッケージでワーゲンフェルトオリジナルデザイン、と説明されていればもっと高く売れるのに。と思います。いや、あの、ワーゲンフェルトデザイン、ですよ!きちんとしかるべき外装で店舗で販売すべきです。
製造メーカーのブッフシュタイナーのホームページでも、ドイツアマゾンでもこのサラダサーバーを見つけることはできませんでした。あの美術館以外何処で売っているのでしょう。
このメーカー、商売の仕方間違っているんじゃないでしょうか。どうにもプラスティック素材の製品は安かろう悪かろうと見られがちです。
しかし、この乳白色のPP素材がいつか使い続けて行くうちに少し黄ばんできたとしても、それはそれで少しヴィンテージっぽくなって良いのではないかと思います。美しい、機能的な製品が的確な素材で作られている場合、それがプラスティックであってもきちんとした価格で販売するべきだと思います。
ヨーロッパの豊かさと言うのは、普段の生活に見られる文化の蓄積こそが、それであると感じます。
ちゃんとした物を使ってちゃんとした物を食べて、日々それなりに快適に過ごしていければ言うことはありません。
All's right with the world!


人気ブログランキングへ
[PR]
# by Rottenmeier-ffm | 2017-02-06 23:00 | デザイン | Comments(0)

あっという間に

昨晩3週間の日本滞在を経て、フランクフルトに戻りました。年末ぎりぎりに風邪が悪化したのでお正月三ケ日はのんびり過ごしました。
福袋買い出し(渋谷の東急に食料品)
ハリーポッターの最新映画 3日間出掛けた先はこんなもんです。
4日から働いてました。と言う訳で、3週間わりと効率よく動いていました。
大阪に戻るまでの余裕はありませんでしたが、仕事はそれなりに成果がありました。
(宿題が増えただけと言う見方もある。)

3月3日フランクフルト発羽田・4月6日羽田発フランクフルト1カ月以上日本に滞在予定のフライト予約済み。
今年は4月半ばになるイースターホリデーまでの予定は大体決まってきました。
毎年のことですが、気がついたら4月、と言うことに今年もなりそうな予感です。
昨晩空港からの帰宅時は雪は降っていませんでしたし、気温もマイナスではなかったので特に気づきませんでしたが、朝起きたら、こんなことになっていました。
c0180339_20310301.jpg
ムッチャ寒そうです。12月まではヨーロッパも暖かかったのですが、今寒波がきているとか。東京も暖かかったので今シーズン初めて冬の日と言った感じです。
c0180339_20334622.jpg
なんか樹氷みたいになってるんですけど。




[PR]
# by Rottenmeier-ffm | 2017-01-10 20:37 | ドイツ生活 | Comments(6)

明けましておめでとうございました。

c0180339_10421384.jpg

2017年新年が明けて6日も過ぎてしまいました!
今年もよろしくお願いします。
12月20日から日本にいるロッテンマイヤーです。
うかうかする間にあっという間に3週間の日本滞在も終わってしまうという有様。

今年のお正月はのんびりと友人宅を訪ねたり、映画を見に行って過ごし、4日から仕事をしています。

日本に帰国してから年末は時差ぼけの後風邪を引きおまけに仕事も結構忙しく、慌ただしい日々でした。
久しぶりに風邪を引きましたが、回復にこれほどかかるとは!年は取りたくないものです。

とはいえ、年も明け、時間はどんどん過ぎていきます。

2017年皆様にとって良い年になりますように!





[PR]
# by Rottenmeier-ffm | 2017-01-06 10:43 | 日本生活 | Comments(2)

クリスマスマーケット2016

c0180339_06574630.jpg
10年以上フランクフルトに住んでいて、未だに毎年クリスマスマーケットに行っている人って意外と少ないんじゃないかと思います。
ドイツ人に言わせるとあんな混雑しているところ、子供の頃は行ったけど・・・。見たいな返事が返ってきます。
気持ちはわかる。
私もほぼ初詣に行くような感じで一応年中行事として見に行っているだけです。
c0180339_06575179.jpg
買うのはクリスマス限定のチョコブリッツェルだけ。(しかしこれだけは買う。)
c0180339_06574142.jpg
混雑しているのでスリの被害も多いと聞きます。警官も結構出ていました。
マーケットに出ているお店が少なくなったような気がするのですが、気のせいかな。
c0180339_06574315.jpg
おそらく一年中で一番混む土曜日の午後。4時にはもう暗いのでクリスマス電飾がきれいです。
c0180339_06573803.jpg
とはいえ、この程度の混雑で最高の混雑と言うのも大阪育ちの私には物足りないくらいです。
心斎橋筋なんて、毎週日曜日こんな感じでしたよ。

人気ブログランキングへ


[PR]
# by Rottenmeier-ffm | 2016-12-11 07:10 | ドイツ生活 | Comments(2)

人類の進化に影響?

最近どこかで読んだニュース。
骨盤が小さくて産道が細い女性が増えた結果、帝王切開で子供を産むケースが増えた。
本来なら死産になっていた可能性がある、大きな赤ちゃんが無事生まれる。

もちろん喜ばしいことですが、この結果、人類の進化として狭い産道や骨盤が小さくても生まれることができるよう赤ちゃんが小さくなる可能性が減ったのではないか、と言うようなことが書いてありました。
なるほど、こんなことが人類の進化に影響しているかもしれないのか。
子供を産んだことが無い私ですが、私も骨盤が小さい方なのでもしかしたら帝王切開組だったかもしれません。
ともあれ、人類の数は更新を続け、どんどん増えて行く。ダン・ブラウンさんも心配していますがこのまま増え続けて行ってはまずいことになりそうな感じです。
宇宙人が地球を探索に来て、レポートをあげると「昆虫の星」と言うタイトルになるかもしれない。
どうやら地球上の昆虫の種類、数は人類をはるかに凌駕しているそうですね。
多様性と言うのは生き残りには不可欠な要素と聞いております。
地球の環境が激変した場合生き残るのはやっぱり昆虫なのかしら。

うろ覚えですが人間は130歳ぐらいが寿命の限界とか。80歳90歳まで生きることが当然のようになってきた今日この頃。100年前なら隠居の年齢である私もまだまだ現役で働かねばなりません。
こんなことをぼんやり考えているのは、先行きが見えないからか。
社会のシステムがどうにもぎくしゃくしていて、変革しているのか、崩壊しているのか。自分が持っている概念とか、判断基準とか、モラルとか、--例えば民主主義が正義、人類みな平等であるべき、みたいな・・・そんなものが本当に「そうなのか?」と、答えが出ないことを考えてみたり。
なんせ、同じように考えていない人がどうやら地球上には大勢いて、そういう人が増えている現実を目の当たりにしていると、何が正解か自信が無くなってくる。
c0180339_15144451.jpg
めずらしく早起きしたら外はまだ暗い。冬の夜は長くて、ぼんやりするには最適です。
人気ブログランキングへ
[PR]
# by Rottenmeier-ffm | 2016-12-09 15:21 | Comments(0)

最新のコメント

コバヤシさん、そういえば..
by Rottenmeier-ffm at 01:02
明けましておめでとうござ..
by コバヤシ at 16:47
ぽんさん、こちらは空気が..
by Rottenmeier-ffm at 03:03
ご近所さん、遅ればせなが..
by Rottenmeier-ffm at 02:29
おかえりなさいませ~~☆..
by ぽん at 14:39
お帰りなさいまし!本年も..
by ご近所 at 08:28
ぽんさーん!明けましてお..
by Rottenmeier-ffm at 16:21
まぁ~☆ 帰国なさってた..
by ぽん at 15:46
heraldさん 明けま..
by Rottenmeier-ffm at 10:53
はじめまして!ドイツ・マ..
by herALd at 05:02

お気に入りブログ

ベルリン中央駅
石のコトバ
海の向こうに憧れて
ママりん時々ヴュルツブルク

外部リンクブログ

ブログジャンル

海外生活
絵日記・イラスト

カテゴリ

ビジネス私見
EUビジネス事情
メッセリポート
ドイツ生活
日本生活
ヘタリア的エピソード
デザイン
旅情報
家庭用品・雑貨
アニメ・マンガ考察
趣味・手習い

最新の記事

ワーゲンフェルト デザインセ..
at 2017-02-06 23:00
あっという間に
at 2017-01-10 20:37
明けましておめでとうございま..
at 2017-01-06 10:43
クリスマスマーケット2016
at 2016-12-11 07:10
人類の進化に影響?
at 2016-12-09 15:21

ライフログ


グーグル・アマゾン化する社会 (光文社新書)


クラウド化する世界


Angels & Demons (Robert Langdon)


ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA) (BIRZ EXTRA)


バッテリー (角川文庫)


ローマから日本が見える (集英社文庫)


言葉を育てる―米原万里対談集 (ちくま文庫)


ジーン・バトラーのアイリッシュ・ダンス・エクササイズ [DVD]

記事ランキング

検索

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
画家の個性が凝集されたプ..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
哀しくも抒情性に貫かれた..
from dezire_photo &..
イタリア一人旅 Ⅰ
from dezire_photo &..
地中海を望むアンダルシア..
from dezire_photo &..
帰ってきた大統領と民衆
from 雪村総也の不安
ウェッジウッド 経営破綻
from 誰もが気になるマル秘情報

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

ブログパーツ

タグ

(2)

ファン

画像一覧